ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


木原紡


ヨミ: キハラツムグ
掲示板をミル!
12カキコ!

木原紡とは、 凪のあすからの登場人物で、大師で暮らす中学生であり陸のイケメンである。
CV:石川界人 


概要


とある事情で親元を離れ、漁業産業とする辺の村・大師(おしおおし)で漁師である祖木原勇と2人暮らし。14歳で美中学に通っている。勇は海人なので紡はクオーターである(1/4だけ海人の血を引いている)。

口数が少なく感情をあまり表に出さない。だが相手の感情をを把握するがずば抜けており、相談すれば親身になって受け止めてくれて正しい答えが返ってきてスッキリするので、ウミウシとも称される。電話した相手が泣いていると事情を察知して出張ウミウシなるほど。非常に信頼されており、仲間から相談相手にされたりいろんな不満をぶつけられる。ストレス溜まりそう
 加えて異常な程に空気を読んで登場し、要にそのタイミングの良さを感心される事も。これが陸のイケメンたる所以である。ちさきには「察しが良すぎる人はモテないよ」と釘を刺されたりもする。

非常にが好きで海底の村・鹿生の事をよく知っている。 ただ、人付き合いが苦手なようで友達がいる描写は特になく、どこかズレているのか自分の気持ちを口に出して表現しようとすると常人には解り難く、厨二病ポエマーっぽく見えてしまう。

 祖の勇の漁を手伝っており、漁船の操縦を1人でこなす事も可(々の世界では小船舶操縦士免許の取得は満16歳以上である為、違法である。良い子は真似しないでね凪あす世界法律ならセーフであると思われる)。事も祖と2人で行っているので、と互なくらい料理が上手い。これもイケメンの要因の1つ。

まなかとは祖の漁を手伝っていた際に釣り上げると言う運命の出会いを果たし、彼女に好意を抱かれている。彼女に思いを寄せているからは最初は敵対されていたが、紡のイケメンに徐々に態度を軟化させていく。その路の行方は・・

以降ネタバレ注意


おふねひきの際に大波で揺れた船から落ちた所をちさき、そして要に助けられる。5年の歳を地上に残され木原で暮らす事になったちさきと過ごす。紡は地上の寒冷化と氷に覆われ閉ざされたの現を解明し解決策を見出す為に大学に進学し、海洋学の研究を行う事になる。担当教授三橋教授については、「布団くらい自分で敷かせる」や怒りの味噌汁ドン等、敬意を払っているようには見えない。紡が敬意を払うのはうろこ様くらいなもの。

 に逃げ込んだちさきを追ってに飛び込み苦しくなった所で某尻尾のある宇宙人の如く覚醒し、エナ持ちになる。中で息が出来る陸両用イケメン進化敗北した要の方は息してない!

1話でまなかに憑りついたぎょめんそうを気に入っていたが、うろこ様を捜すのにH本で釣ろうと提案していた事で逆鱗に触れ(?)、念願のぎょめんそうをゲットする。 餌をやり可がった結果、離れる際にお礼の為か鹿生への案内をしてくれた。紡×実在した。

 おふねひきの直前にまなかに本心を打ち明けられており、ここで紡はまなかがを好きである事を確信する。紡がまなかの事を「向井戸」と名字で呼ぶのは、まなかがを好きであり、もまなかに好意を抱いている事を察して距離を取る為と思われる。

常に冷静で、研究により鹿生への潮流を解明、うろこ様をH本で釣る事の提案、再度おふねひきを行う事で海神様の心を癒すなど、様々な提案が片っ端から功を奏しており軍師級の判断の高さが伺える(おふねひきは下手をすれば戦犯になりかねなかったが)。エナを得たりと、作中で美と並んでチート級の役割を果たす。もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな

 最後は両親が覚めたにも関わらず木原で暮らすちさき全復活した勇と暮らしつつ、大学に戻る。全に夫婦  


 


関連動画



■1380865505[ニコ動]


関連商品


木原紡に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


木原紡に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/04/12 13:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ