ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


木古内駅


ヨミ: キコナイエキ
掲示板をミル!
3カキコ!
き こ な い
木古内
Kikonai
おくつがるいまべつ
Okutugaru-Imabetsu
しんはこだてほくと
ShinHakodateHokuto
き こ な い
木古内
前駅表示 Kikonai [画像を見る]
しりうち
Siriuchi
さつかり
Satsukari

木古内駅とは、北海道上磯木古内町字本町にあるJR北海道道南いさりび鉄道である。


概要


木古内駅
きこない - Kikonai
基本情報
所在 北海道上磯木古内町字本町531-2
所属事業者 北海道旅客鉄道
道南いさりび鉄道
所属路線 北海道新幹線
海峡線
道南いさりび鉄道線
駅番号 sh01
構造 高架(新幹線)
地上(在来線)
ホーム 2面3線(新幹線)
3面5線(在来線)
人員 --
開業年 1930年10月25日
備考
駅テンプレート

北海道新幹線道南いさりび鉄道線(旧江差線)・海峡線(貨物列車のみ)が発着するで、海峡線北海道側起点。ついでに内で最南端の有人本州から北海道に上陸後最初の新幹線であり、木古内駅から知内信号場方面へ行くと程なく新幹線海峡線の合流地点を見ることが出来る。 新幹線舎は2015年7月24日完成
かつては松前線も発着していたが1988年止されている。江差線江差方面についても2014年止された。

ホームは、新幹線が2面3線(内1線は上り通過線)、在来線島式ホーム2面4線と単式ホーム1面1線を有している。海峡線貨物列車のみとなっているため現在は1〜3番線ホームに立ち入ることはできない。以前は1番線は青森方面の特急ホーム。2番線が函館方面の特急ホーム。3番線は貨物列車などの待避線となっていた。4・5番線からは道南いさりび鉄道線列車が発着している。ホーム幅は非常に狭いため注意が必要となる。

なお、北海道新幹線開業以前は札上にある電案内は、「上磯・函館方面」と「青森・盛大阪方面/湯ノ岱・上ノ・江差方面」となっていた。

舎を有しており、みどりの窓口も併設されている。

かつては特急含め多くの列車が当に停まっていたが、寝台特急急行のみ通過していた。また、本州から来た列車北海道で最初に列車が停するでもあった。
新幹線開業以前は当から青森県蟹田駅までは普通列車が運転されていなかったため、特例として特急列車自由席特急なしで乗できた。現在この特例は新幹線には適応されていないものの、青春18きっぷユーザーオプション券を別途購入すれば奥津軽いまべつ駅〜木古内駅間で1回だけ新幹線に乗できるようになった。

前には「前飯店 急行」と言う食堂がある。通称、急行食堂。この名前はこの食堂が開店した時には木古内駅は普通列車しか止まっておらず、将来急行列車が木古内駅に停することを祈って名付けられたもの。開店してから長らくは夫婦で営業しており、様々なメニューが存在していたが、ご人が亡くなってからはメニューは「名代やきそば(大盛・並)」のみとなっている。なお、このやきそば弁当にすることもできる。
なお、この店は前の再開発の整備で取り壊されることになり、店高齢化していることから、2010年時点では閉店することを考えていた[外部]ようだが、2013年時点では移転して営業を続ける[外部]そうである。7月31日営業終了、10月2日木古内警察署前に移転開業。

2016年1月13日には前に道の駅「みそぎの郷 きこない」がオープン

北口と建設中の 跨線から 中のスーパー白鳥

ホーム



北海道新幹線


ホーム 路線 行先
11 北海道新幹線 東京方面
12 新函館北斗方面

津軽海峡線・江差線


ホーム 路線 行先 備考
1 海峡線 青森方面 客扱いなし
2 函館方面
3
4 道南いさりび鉄道線
5

隣接駅



北海道新幹線


隣の 隣の
奥津軽いまべつ駅 木古内駅 新函館北斗駅

奥津軽いまべつ駅との距離日本一


海峡線


隣の
奥津軽いまべつ駅 木古内駅

2014年3月までは竜飛海底駅吉岡海底駅知内駅が存在していた。


道南いさりび鉄道線


隣の
木古内駅

江差線(廃線区間)


隣の
渡島鶴岡駅 木古内駅

関連項目



最終更新日: 18/05/10 22:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ