ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


木場勇治


ヨミ: キバユウジ
掲示板をミル!
296カキコ!

木場勇治(きば ゆうじ)とは、特撮ドラマ仮面ライダー555』の登場人物。
その正体は「ホースオルフェノク」である。
劇中では「仮面ライダーファイズ」や「仮面ライダーカイザ」に変身し、劇場版では「仮面ライダーオーガ」に変身した。

演:政行 / 小川太郎バトライド・ウォー


俺の概要をちゃんと書いてくれるって、俺は信じてます。


仮面ライダー555』における、もう一人の主人公とも言える青年21歳。

交通事故に遭い、2年間睡状態に陥った後に死亡した事により、ホースオルフェノク覚醒した。
睡状態に陥っている際に財産を伯父に奪われた上、人は従兄弟寝取られてしまう。
この事で逆上し、オルフェノク従兄弟のみならず人まで殺してしまう。

オルフェノク覚醒した事により、人間ではなくなった事、従兄弟人を殺した罪悪感に苦悩していたが、同じオルフェノクでありながら人間と敵対することを望まない長田結花海堂直也と出会った事により、人類とオルフェノクとの共存を理想としていく。

仮面ライダーファイズ / 乾巧とは当初、お互いの素性を知らずに何度も戦い合う関係であったが、次第に打ち解け親友のような関係になっていく。
一時期、草加雅人に騙され巧と敵同士になってしまうが、彼のとある秘密を知り和解した。

しかし人間オルフェノクを利用している事実を知り、その人間達に結が殺されたと思い込んだ事で、再び人類に絶望真犯人ラッキークローバー影山冴子)。更にオルフェノクの死の運命」が提示された事により人間との対立は決定的なものとなる。

オルフェノクの王を復活させて人類を滅亡させようとするが、巧との一騎打ちにて敗北
巧に諭された事をきっかけに、迷いながらもオルフェノクの王=アークオルフェノクとの最終決戦に挑む。


ファイトスタイル


巧がある出来事で戦意喪失ファイズ変身出来なくなった時は巧からファイズギアを譲り受け、ファイズ変身して戦っていた事もある。終盤は草加雅人からベルトを奪い取り、仮面ライダーカイザとして戦った。

ファイズ変身中の木場は、ラフファイト中心の巧とは対照的な正統派ヒーロースタイル
クリムゾンスマッシュの際も巧のようにウ○コ座りはせず、地上で足を向けてファイズポインターからポイティングマーカーを射出後、ライダーキックに移る。カイザ時ではカイザブレイガンを逆手持ちにせず、ホースオルフェノクの魔剣の如く順手に構える。
ホースオルフェノクやオーガになった際には、怒りに身を任せたような攻撃的なファイトスタイルになる。


人物像


人の良さそうな外見の通り、基本的には温厚かつ物静かな性格で面倒見もよく、いかにもな「良い人」ではあるが、自分自身と自分が仲間と認識した相手を傷つけられるのを嫌い、敵と認識した相手を何のもなく攻撃する等、独善的な側面も見られる。

「良い人」であり続けようとするが故に攻撃標を定められず、自分が傷つけられるのを嫌うが為に罪を背負うこともできず、 もが幸せになれる世界を望んでいながら、必ずその中に自分自身を含めてしまうので自己犠牲には至れない。悪く言えば「自覚な偽善者」であるが、同時に人間臭い人物であるとも言える。

オルフェノク人間の対立が高まる中、徐々に負の側面が表面化。
「良い人」である事をやめた彼にはもはや罪の意識というものはなく、ただ死の運命から逃れるために王の復活を望み、人間やかつての仲間を何のもなく葬り去る、情け容赦のない性格に変貌した。

自分が他人を傷つける存在になるのを恐れ、かを守るためにかを倒すという罪を背負い、自己犠牲の覚悟で戦い続けた乾巧とは正反対の性格であり、終盤での対立は必然だったと言える。


小説版


井上敏樹による小説版『仮面ライダーファイズ正伝 異形の々』及びその再販版『小説 仮面ライダーファイズ』では設定や展開が異なる。

高名な建築設計技師の息子で、世界一高く美しい建物を造るのを夢見てと同じ建築技師を志す将来有望な学生だったが、その才を妬んだ友人に刺殺され、オルフェノク覚醒
オルフェノクの本に突き動かされるがまま友人を殺し、両親の前から姿を消す。

その後はTV版と同様に結海堂直也と出合い、人類とオルフェノクとの共存を理想とし、人間を襲うオルフェノクと戦い続けていた。表層的な人の良さも相変わらずで、巧はそんな木場を「偽善者」呼ばわりしてしまうが、木場が抱える悩みを察すると「少なくとも草加雅人よりはずっとマシ」と思い直した。

人間の気持ちを忘れないため、自身が人間である事を確認するために、人間である園田真理と付き合い続け、次第に本心から彼女するようになる。
しかし自身がオルフェノクである事を知られるのを恐れるがあまり一向に仲を進展させられず、なし崩し的に破局。
一時は希望を失いかけるも、オルフェノクである結人間との間に子供を身篭った事を知って希望を取り戻し、真理との復縁を望むが、草加雅人の策略により正体をばらされて真理に拒絶されてしまい、さらに結が殺された事により全に希望を失い、オルフェノクの本に身を委ねてしまう。


ホースオルフェノク


木場勇治のの姿である特性を持つオルフェノク。格闘態では身長210cm、体重137kg。
魔剣な武器となり、人をオルフェノク覚醒使徒再生)させる際にも用いられる。
下半身を変化させる事でケンタウロスの様な「疾走態」になり、高速で移動する事が可。この時は体長365cm、体重510kgという巨体となる。
TV版終盤では感情の高ぶりにより「情態」に変化した。なお、劇場版では初めから情態で登場する。

そして映画では、情態と疾走態を掛け合わせた姿の情疾走態も登場する。この状態では最高時速820km/mを誇るフライングアタッカーを使用する仮面ライダーサイガに追いつくほどの速度で走行できる


仮面ライダーオーガ((Ω))


木場勇治が劇場版にて帝王のベルトの一つ「地のベルト」を装着、携帯電話の「オーガフォン」に変身コード「000」を入することで変身するライダー仮面ライダー000とも。
仮面ライダーファイズの4倍以上ものフォトンブラッド流動量を誇り、そのためのベルト以上にオルフェノクを選ぶギアとなっている(の低いオルフェノクでは変身できずに化してしまう)。
そのフォトンブラッドが流れるフォトンストリームは「オメガストリーム」と呼ばれる特別なものになっており、色にいている。また、他のライダーとはべ物にならないほどに各部のパーツが高く、ファイズ ブラスターフォームを除けば最強といえる。
反面、武装は極端に少なく、専用のビークルも存在しない。も、最低限の装備で最高の性を発揮できるため必要ないとも言える。 

作中では仮面ライダーファイズに対し圧倒的優位に戦いを進めるも、ファイズブラスターによりファイズブラスターフォームに変身すると形勢が逆転。オーガストラッシュを強化クリムゾンスマッシュで破られる。
その後、真理エラスモテリウムオルフェノクから守るべく再度オーガストラッシュを使用。エラスモテリウムオルフェノクの攻撃に致命傷を負いながらもファイズフォトンバスターの手助けをした。
エラスモテリウムオルフェノク撃破後、巧と真理に看取られながら死亡した。


武装



「仮面ライダーディケイド」での仮面ライダーオーガ 


演:坂本恵介

ネガ世界」を支配する「ダークライダー」の一人として登場。光夏海の友人・坂田健児に化けていた。
仮面ライダーディケイド コンプリートフォームにより他のダークライダーと共に撃破されている。 


関連動画だって!?それは本当かい!?



■sm7544367[ニコ動]


約束して・・・俺の、俺の関連商品を・・・君が・・・


■azB0002YM3LS
■azB0002YM5AW
■azB000CS4INK
■azB005CYZUS6
■azB006Q67Q40
■azB009S6N9QY
■azB00YHPN9S4

■azB001KEOM0O
■azB001J36IS0
■azB0002YM59S
■azB000EPF7GS
■azB015D2ZD6U
■azB0000E6YTK


俺はどんな関連項目を付ければ良いか、まだ解らない。だから君が編集してくれ



最終更新日: 17/01/13 11:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ