ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


木村一基


ヨミ: キムラカズキ
掲示板をミル!
116カキコ!

木村一基きむかずき)とは、将棋の強いおじさん将棋棋士である。1973年6月23日生まれ。千葉県街道出身。佐瀬勇次名誉九段門下。棋士番号222

子に高野智史(高は正式にははしごだか)。


棋歴


1985年12月に小学6年生で6級で奨励会入会。三段リーグを突破するのに13期(6年半)かかり、プロ入り(四段昇段)が23歳のとき(1997年)と遅咲きの棋士であるが、プロ入り後の活躍は覚ましく、1998年に新人賞、1999年勝率一位賞、2001年勝率一位賞、最多勝利賞、最多対局賞を受賞。特に2001年の「勝率8割越えと60勝以上を同時達成」という記録は、歴代でも木村羽生善治1988年度)、藤井聡太2017年度)しか成し遂げていない。2002年の新人王戦で優勝2007年A級順位戦に昇級し八段に昇段する。2010年度の朝日将棋オープン戦で全棋士参加棋戦優勝

タイトル戦には2005年竜王戦を初め6度挑戦したが、いずれも敗れていた。特に2009年王位戦(対深浦康市)では、第3局まで3連勝してタイトル獲得に王手をかけたものの、そこからまさかの4連敗を喫し、初のタイトル獲得を逃してしまった。タイトル獲得しでのタイトル戦登場6回は森下卓と並んで史上最多タイタイトル戦番勝負10勝はタイトル獲得のない棋士の中では史上最多だった。また、「勝てば初タイトル」となる対局での8連敗も史上最多だった。

2018年度の順位戦B級1組で8勝4敗の成績で、9期ぶりにA級順位戦に復帰した。

2019年王位戦、7度タイトル戦に挑戦。3勝3敗のカド番までもつれ込んだ末の2019年9月26日第7局、110手までで豊島将之王位を破り、悲願の初タイトルを獲得。
46歳3ヵでの初タイトルは、有吉道夫37歳6ヵを上回る最年長初タイトルである。
プロ入りから22年、「勝てばタイトル」の対局は実に9度。座右の銘「折不撓」を体現した間であった。


棋風・人物


居飛車党の棋士であり、相手の攻め駒を攻め返すその強な受けの棋から“千駄ヶの受け師”の異名をもつ(なお、この名前の元ネタは『ハチワンダイバー』)。またり強く、諦めない棋であり、「負けと知りつつ、を覆うような手をして頑ることは結構辛く、抵抗がある。でも、その気持ちをなくしてしまったら、きっと坂を転げ落ちるかのように、転落していくんだろう」(将棋世界2007年5月号)の言葉にその特徴が表れている。

解説者としても定評があり、懇切丁寧で解りやすく、ボケ毒舌・ぼやき・自嘲を交えた軽妙でサービス旺盛な解説は将棋ファンから広く支持されている。ニコニコ動画では“解説名人称号を(タグで)与えられることも多く、ニコ生将棋公式番組にも何度も登場している。一方で雑談メールコーナーでは聞き手や共演の棋士をいじり倒す攻めの棋。また、昔から玉頭の守りの薄さネタにされることも多く、そのたびにはげましのフォローコメントが流れる。

さんは日本将棋連盟の職員である。「事はしない、いっさいしない」「気が向いて何かしようものならそれが当たり前になっていまい、しなかった場合、不機嫌にさせてしまう、だから事は一切しない」など、亭関白的な発言をしているが、実際は家族思いの良いパパのようだ。初タイトルを獲得した対局後、記者から「家族への思い」を質問されると頭をおさえながら20ほど言葉に詰まり、「……帰ってから伝えたいと思います」と答えた姿は全おじおじファン泣いた名場面である。


成績



昇段履歴



タイトル戦登場履歴


タイトル戦登場回数:7回、タイトル獲得数:1期


一般棋戦優勝履歴


優勝回数:2回


将棋大賞受賞履歴



叡王戦戦績



関連動画



■sm8846709[ニコ動]

■sm14946011[ニコ動]
■sm25357059[ニコ動]
■sm25346938[ニコ動]


関連商品


■az4140162309
■az4839947422
■az4839945462
■az483994220X
■az4405065799
■az4140161329


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/09/28 11:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ