ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


木村昇吾


ヨミ: キムラショウゴ
掲示板をミル!
18カキコ!

木村昇吾きむら しょうご、1980年4月16日-)とは、大阪府出身の元プロ野球選手クリケット選手である。


概要


OB
木村昇吾
基本情報
日本
出身地 大阪府大阪市
生年 1980年4月16日
身長
体重
182cm
77kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 内野手外野手
プロ入り 2002年ドラフト11位
引退 2017年
経歴
プロ野球選手テンプレート

小学校から野球を始める。

学園高等学校では3年甲子園大会に出場したが、2回戦で敗れた。

愛知学院大学では遊撃手ベストナインを5回受賞した。通算85試合に出場し、打率.318、5本塁打70打点

2002年ドラフト11位横浜ベイスターズに入団。背番号は66。ちなみに、この年のベイスターズ21世紀初の2ケタ名で、木村武山真吾と共に初の2ケタ名での入団である。


横浜時代


2003年(1年)は21試合に出場したが、25打数4安打と結果は残せなかった。

その後はに守備固めとして細々と出場を重ねた。


広島時代


2007年オフ小山田保裕との交換トレードで、岸本秀樹と共に広島東洋カープへ移籍する。移籍後の2008年に三塁の守備固めとして試合出場数が初めて90越え。打率も.229と自身最高の成績を残した。


2009年ブラウンシフト外野手として二回参加した。なお、木村外野手を守ったことは数えるほどしかなく、ブラウンシフトでは三遊間にポジショニングをとっている。


2010年は東出の故障もあり8月中旬からセカンドレギュラーを獲得。課題だった打撃でも打率3割をマークするなど自己最高の成績を残した。


2011年梵英心の故障で7月からショートレギュラーとなり、に2番を打った。自己最多の106試合に出場、349打席に立った。


2012年、若手の台頭から出場試合数は減り、71試合に出場したがスタメンはわずか3試合に留まった。


2013年8月からショートレギュラーを獲得し、2010年を上回る打率.325マークしてCS進出に貢献。


2014年7月まではショートと併用。8月からは田中広輔ショートに定着したため、サードでの出場が多かった。2011年に次ぐ101試合に出場。


2015年は前半戦はサードの準レギュラーだったが、後半戦からスタメン出場の機会が減。オフ海外FA権を行使する。しかし、35歳という年齢もあってか他球団からは全くオファーがなく、広島は原則としてFA宣言残留を認めないため、FA宣言したまま所属球団なしというセルフ戦危機に陥る。

結局、年末になって埼玉西武ライオンズがようやく手を挙げ、FA選手としては史上初の入団テストを経て2016年から西武に所属することとなった。背番号は0。ファンの間では補償が必要なBランクだったから移籍先が決まらなかったのでは?という疑念もあったが、実際はCランクだったため、広島からは補償をめられることはなかった。


西武時代


2016年は開幕を二軍で迎えたが、4月23日に一軍に昇格。守備固め要員での出場がだったが、6月22日に右膝前十字靭帯を断裂し、以降の出場はなく戦力外通告を受ける。12球団合同トラアウトもランニングすらままならなかったので受けることができなかったが、11月18日西武育成選手契約を結んだ。背番号は121


2017年6月8日に支配下選手に昇格した。背番号は元の0に戻る。しかしわずか3試合の出場に留まり、オフに再び戦力外通告を受け、現役を引退した。


引退後


2018年になんとクリケット選手に転向。
NPBでのプレーを経てクリケット選手へと転向を果たしたのは木村が初である現在は本場であるインドプロリーグでのプレーし、オーストラリアスリランカでの武者修行に挑んでいる。


プレースタイル・人物


横浜55年会に加入している。
ちなみに、自身のブログ写真投稿数が多いことで有名で、こいせんなどに貼られる写真の出所は彼のブログだったりする事がけっこうある。

内野ならどこでも守れるユーティリティープレイヤー

応援歌

球団 レス No プレイヤー
広島 応援歌のピコカキコ一覧#556 10151
西武 応援歌のピコカキコ一覧#1393 14140

成績



年度別打撃成績


年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2003年 横浜 21 26 25 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 1 9 0 .160 .192
2004年 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000
2006年 15 17 15 1 2 0 0 0 0 1 1 0 1 0 4 0 .133 .188
2007年 10 6 5 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1 1 .200 .333
2008年 広島 94 55 48 15 11 0 0 0 1 6 4 0 2 1 13 0 .229 .275
2009年 69 15 13 15 3 0 0 0 1 4 1 0 0 1 7 0 .231 .286
2010年 70 164 136 22 44 10 5 1 11 6 16 0 10 2 33 1 .324 .378
2011年 106 349 293 30 76 6 1 0 17 3 37 1 14 4 53 6 .259 .301
2012年 71 55 46 10 7 2 0 0 2 1 4 0 3 2 7 4 .154 .235
2013年 62 133 114 15 37 1 0 1 12 3 7 0 12 0 18 2 .325 .389
2014年 101 253 238 25 62 6 3 1 13 4 7 1 4 3 57 3 .261 .280
2015年 72 109 93 14 25 4 2 0 8 2 8 3 5 0 22 1 .269 .297
2016年 西武 38 108 95 7 21 2 1 0 5 3 5 2 6 0 22 2 .221 .262
2017年 3 7 6 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 .167 .286
NPB:14年 733 1298 1128 156 294 32 12 3 69 34 90 7 58 15 248 21 .261 .304

関連動画


■nm4268505[ニコ動]

関連コミュニティ

■co2532


関連項目


外部リンク


最終更新日: 19/10/09 05:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ