ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


木花咲耶姫


ヨミ: コノハナサクヤビメ
掲示板をミル!
40カキコ!

木花咲耶姫(コノハナサクヤビメ)とは、日本神話における女神である。


概要


古事記では木佐久毘売(コノハナサクヤビメ)、日本書紀では木開耶コノハナサクヤビメ)と呼ばれる。
ただし、日本書紀では本名は鹿カヤツヒメ)とされている。
概ね「コノハナサクヤ」、「コノハナサクヤヒメ」でも通じる。

「(の)木のが咲く」ように美しい女神とされる。


神話における木花咲耶姫


瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の元にイワナガヒメと共にがされるが、イワナガヒメは大変醜かったため追い返され、木花咲耶姫だけが妻となった。

彼女らのであるオオヤマツミ

イワナガヒメを妻にすればニニギの命は岩のように永遠のものになり、
木花咲耶姫を妻にすればが咲くように繁栄するだろう」

と考えていた中、片方だけ追い返されたため

「木花咲耶姫だけと結婚したので、ニニギの命はのようにくなるだろう」

と苦言を呈した。

そして木花咲耶姫は一夜にして子を身籠もり、それが余りいためニニギは神の子ではないかと疑う。
その疑いをらすため、火を放った産屋で3柱の子を産んだとされる。


火の神としての信仰


火の中での出産から火のとして富士山られる。
しかし、富士山本宮浅間大社では、「として、富士山の噴火を鎮めるためにられた」とされている。

火のとして全の浅間神社安産・子育てや造のとしてもいくつかの神社で信仰を集めている。


木花咲耶姫をモチーフとした創作作品


のように美しい」ということからか、商業同人問わず様々な媒体で登場している。


関連動画



■sm3113259[ニコ動]


関連商品


■azB0029Y8VTW
■az4758011605
■az4880593397


関連項目



最終更新日: 15/09/27 17:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ