ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


未来警察ウラシマン


ヨミ: ミライケイサツウラシマン
掲示板をミル!
64カキコ!

未来警察ウラシマンとは1983年フジテレビ系列で放映された竜の子プロダクション制作によるSF活劇アニメである。全50話。
コミカライズ版は週刊チャンピオンに連載され全4巻で発売。
当初は日曜午後6時からの放映だったが、タイムボカンシリーズと交代で途中から土曜6時30分からに時間帯移動した。

ニコニコ動画においては2012年9月25日からタツノコ劇場で毎週2話づつ配信中。しかし、2015年4月30日をもって動画の配信は終了してしまった。


概要


未来警察ウラシマンとは、1980年代から西暦2050年大都会ネオトキオにタイムスリップした記憶喪失青年浦島」が、彼を保護したシティーポリスメカ分署の一員となり、巨大犯罪結社ネクライムと戦うというSF活劇である。
80年代タツノコプロを代表するアニメとしてとかく有名で、ニコニコ動画においても長らくタツノコ劇場での配信が待望されていた。

開始当初は未来刑事物といった内容であったが、途中からは主人公タイムスリップによって覚めた超能力によるサイキックバトル的内容が色濃くなると同時に、敵役にしてライバルとも言うべき若きネクライムの幹部ルードヴィッヒを中心としたネクライム内部の抗争劇が物語メインとなっていった。

本作で有名なのは、局の側の要望で、本来のシナリオであった「浦島=若き日のネクライ総統フューラー」という根幹設定が没となった事であり、後述する漫画版では、本来のシナリオのままに、浦島フューラーといった設定に基づいた最終話となっている。そしてアニメの方も、その元々の設定を生かして、そこからさらに一捻りした物語が中盤以降に展開された。

ちなみにそのコミカライズ版ではあるが、あまりの不人気に担当漫画家が途中で更迭され、後半である単行本第3巻収録分からは、別の漫画家が担当して内容もシリアスな劇画から、コミカルHな漫画となったのではあるが、この後半部分の作者が、後に「お元気クリニック」でブレイクしたはるかだったりする。

CX系列の番組編成変更に伴う日曜から土曜への移動前の本作は、1969年の「ハクション大魔王」からの「日曜18:00タツノコ」最後の作品であり、当時の日曜午後六時以降は、

18:00タツノコ~18:30サザエさん~19:00東映19:30 世界名作劇場20:00家族対抗歌合戦~21:00花王名人劇場

 というのが、TV一家庭に一台という時代背景もあって、子供のいる庭のお茶の間の定番ともいうべきラインナップであり、このタツノコ作品はその皮切りとなっていた。


あらすじ


ある突然1983年から2050年タイムスリップした一人の青年
記憶を失った彼は未来都市ネオトキオを守る機動メカ分署マグナポリス38に保護され、
ウラシマ・リュウと名付けられる。そのままメカ分署の刑事となったリュウは、仲間刑事たちと
共にに暗躍する犯罪帝国クライムに立ち向かう。

――「未来警察ウラシマン」公式チャンネルより

けどねっ!


登場人物



機動警察メカ分署


浦島 (CV小林通孝)
本作主人公1980年代からタイムスリップしてきた青年
タイムスリップの影超能力覚めている。

クロード水沢 (CV神谷明
相方であるイケメン刑事。でもやや2.5枚的。

ソフィア・ニーナローズ (CV横沢啓子
ブリッ子な元修女の婦警メカ分署の紅一点

権藤透 (CV大平透
メカ分署の責任者で主人公達の上


犯罪帝国ネクライム


アドルフ・フォン・ルードヴィッヒ (CV塩沢兼人
犯罪帝国クライムの若きカリスマでネクライム極東支部の責任者。後に総統フューラーを冷凍睡眠の上で宇宙に追放し、組織内抗争の末に新組織「クリスタルナイツ・ネクライム」として再統合してのけた。

ミレーヌ・サベリーエワ (CV北浜晴子
ルードヴィッヒの心である妙齢の美女。実はフューラールードヴィッヒに付けた監視役であったが、故にフューラーを裏切り、ルードヴィッヒに付くことで彼をネクライ総統の座へと押し上げた。

ジタンダ・フンダ (CV田中真弓
ルードヴィッヒの執事兼運転手。コミカル担当の褐色の肌の少年で、後にネクライムの3代総統を名乗ることに・・・。

スティンガーウルフ (CV玄田哲章
クライムの実働戦闘部隊「スティンガー隊」のリーダー
残りのメンバー紅一点スティンガーキャットCV:雪子)、巨スティンガーベアー(CV:島香裕)、Hは滅びてたまるかなスティンガーシャークCV:二又一成)、一人だけ影が薄い諜報役のスティンガーホークCV:立原・小進)である。
全員おそろいのを着ているが、途中からコスチュームが一新された。

総統フューラー (CV丸山詠二
一代で犯罪帝国クライムを築き上げた大物犯罪者サブタイトル画面の背景に描かれているシルエットの人物でもある。結構お茶
タイムスリップを予言しており、浦島を常々気にかけ仲間に迎えようとしている。
なぜかと同じ場所に傷を持つ男。


関連動画



■1345786269[ニコ動]

■sm23827853[ニコ動]

■sm15759145[ニコ動]


関連静画


■im4214161(静画)
■im2899016(静画)
■im2796395(静画)


関連立体



関連商品


■azB007XMUU76
■azB0000AVT31

■dw13199


関連項目



最終更新日: 16/10/01 14:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ