ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: ホン
掲示板をミル!
8カキコ!

とは、情報を伝達するために文字などを、などに印刷または書き記して、一方をじてまとめたもののことである。


概要


[画像を見る]

情報などにまとめたものは、本のほか、書物、書籍、図書、冊子などとも呼ばれるが、意味合いが微妙に異なる。本といった場合には、新聞や雑誌などの定期刊行物は含まず、パンレットカレンダーなどの小冊子も含めない。

また本といった場合には、文学作品をすことが多い。辞書、楽譜写真集、漫画などは、あまり本には含めない。


本の構造


本を構成する一枚一枚のシートページという。一番外側のシートと呼ばれ、保護のため厚手で頑健な素材が使われることが多い。表の外側を包むシートカバーという。


歴史


人類は、文明の発達とともに文字などを用いて情報を伝達するようになった。文をまとまって記したものが本の始まりである。が発明される以前は、粘土やなめし革、簡、布などが用いられた。古代の本としては、メソポタミア文明の粘土文書やエジプト文明のパピルスによる本が有名である。

印刷が発明される以前、本は筆写されて作られていたため、非常に高価なものであり、本を所有するのは限られた層であった。

その後、中国で7世紀頃に木版印刷が発明され、さらに11世紀に活版印刷が発明される。同じく中国で発明されたを印刷媒体とし、本を大量に素く生産することが可になった。これにより本は広く流通するようになり、西洋においては宗教革命に影を与えた。

2000年代には、情報通信技術の発展により電子媒体の「本」が流通するようになった。


本のその他の意味



漢字として


Unicode
U+672C
JIS X 0213
1-43-60
部首
木部
画数
5画
読み(常用)
ホン
訓読み(常用)
もと
意味
木の根、茎、書物、本物、本来、始まり、根、根拠とする、自分の、模範、な、もともと、もとより、という意味がある。また(と通じて)くそ、という意味がある。
説文解字・巻六〕に「木下を本とふ」とある。一方、は「木上を末とふ」とあって対応関係にある。
字形
事。の下部に太丸を加えてを表す。〔説文〕に「木にひ、一其の下に在り」とある。
音訓
読みはホン(音、音)、訓読みは、もと。名のりに、なり・はじめ、がある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校1年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
本を符とする漢字には、ボンの新字体とは別の字)などがある。
本意・本懐・本願・本気・本拠・本業・本・本誌・本質・本性・本色・本職・本心・本籍・本然・本・本尊・本体・本地・本当・本文・本分・本編・本末・本命・本望・本来・本流・本領

異体字

Unicode
U+21B3E
部首
木部
画数
13画
Unicode
U+3BBA
部首
木部
画数
14画
𡴡
Unicode
U+21D21
部首
屮部
画数
12画

関連動画



■sm13057794[ニコ動]

■sm9012884[ニコ動]


関連静画


■im3329315(静画)
■im4117977(静画)


関連商品


■az4061592998
■az1402742126

■az4022508337
■az4904206096


関連項目



最終更新日: 19/03/30 16:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ