ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


本多雄一


ヨミ: ホンダユウイチ
掲示板をミル!
19カキコ!

\闘志~たぎらせ~戦う戦士~/ \本多

本多雄一(ほんだ ゆういち1984年11月19日-)とは、福岡県大野出身の元プロ野球選手二塁手)である。2019年から福岡ソフトバンクホークスコーチを務める。


概要


福岡ソフトバンクホークス #80
一軍内野守備走塁コーチ
本多雄一
基本情報
日本
出身地 福岡県大野
生年 1984年11月19日
身長
体重
174cm
72kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 二塁手
プロ入り 2005年大学生・社会人ドラフト5巡
引退 2018年
経歴
選手歴 コーチ
際大会
代表チーム 日本日本
WBC 2013年
プロ野球選手テンプレート

中学校時代は大野ガッツ高校鹿児島実業高校に所属しており、杉内俊哉は両方の先輩にあたる。高校卒業後、社会人野球三菱重工名古屋プレーしていた。

2005年大学生社会人ドラフト5巡福岡ソフトバンクホークスに入団。背番号は46。

ソフトバンク時代

2006年(1年)は折で開幕一軍を逃すが8月に復帰し、そのまま本間満から二塁のレギュラーを奪い下位打線でスタメンに定着。


2007年には大村直之の故障で上位を打つようになり、2008年からは川崎宗則との1、2番コンビが定着。2007年リーグ2位34盗塁2009年も3位の43盗塁と快足を飛ばして盗塁を量産。しかし1番としては三振が多く、また積極的に打ちにいくため四死球が少なく出塁率が低いのが難点だった。


2010年からは川崎が1番、本多が2番に入るようになり、2番として打ちを止めたのが功を奏したのか打撃も上向く。盗塁は失敗も多いが果敢に積み重ね、最終的に初の全試合出場で打率3割は逃したが、59盗塁で悲願の盗塁王を獲得(片岡易之と分け合う)。また50犠打チーム新記録)も記録し、プロ野球史上初の「50盗塁50犠打という記録を残す。でも相変わらず三振は多め、四死球は少なめ。


2011年パ・リーグ記録にあと1と迫る開幕から19試合連続安打を放つなど高打率を維持し、内川聖一と共に上位打線チームを牽引。内川の離脱後は首位打者争いにも顔を出し、念願のオールスター初出場も果たした。その後も調子を落とすことなく活躍を続け、初めての全試合フルイニング出場を果たし、打率.305で初の3割も達成。自己最多の60盗塁で2年連続の盗塁王(初の単独)を獲得、昨年を上回る53犠打で2年連続「50盗塁50犠打」と、自身初づくしの大活躍でリーグ優勝日本一に大きく貢献。念願のゴールデングラブ賞も獲得した。


2012年からは移籍した川崎に代わって選手会長に就任。台湾とのチャリティーマッチでは日本代表にも選ばれた。この年は1番に回ったものの、首痛で2010年から続いていたフルイニング出場と2009年からの連続試合出場が途切れ、その影でか打撃でもシーズンを通して不振に苦しんだ。2年連続のゴールデングラブ賞こそ確保したが、レギュラー定着後最悪の数字となる打率.246出塁率.299盗塁数は前年の約半分の34盗塁と成績は大きく落ち込んでしまい、チームの得点不足の原因のひとつとなってしまった。守備ではプロ入り後初めて遊撃手を1試合だけ守る。


2013年WBC日本代表に選出される。大会ではほぼ代走専門での起用となり、出場機会に恵まれなかった。その影で打席に立つ機会が少なかったためか、シーズンでは開幕戦で満塁本塁打ホームラン自体3年ぶり)を放ったが、その後は前年以上の不振に陥る。打率2割前後の低飛行が5月まで続き、一時は李杜軒などに二塁のスタメンを譲る。セ・パ交流戦から徐々に調子を上げたが、7月にはを痛めて登録抹消8月に復帰したあとは定位置の2番を今宮健太に譲って8番に回り、通算1000安打も達成した。最終的には規定打席に間に合わせて打率.283まで巻き返したが、盗塁数は前年よりさらに減って22盗塁に終わり、ゴールデングラブ賞藤田一也に奪われ逃した。


2014年5月17日オリックス・バファローズ戦で通算300犠打5月20日広島東洋カープ戦で通算300盗塁5月26日中日ドラゴンズ戦で通算1000試合出場を達成。8月2日北海道日本ハムファイターズ戦で左手死球を受けて、折で残りのシーズンを棒に振ったが、日本シリーズで復帰した。


2015年は開幕から不調で、4月12日日本ハム戦で右足首を捻挫し戦線離脱。7月に一軍復帰したが、離脱中に二塁は明石健志川島慶三高田知季がしのぎを削っており、8月以降調子を上げた明石川島にそのまま定位置を奪わ、日本シリーズまでに代走・守備要員となってしまった。61試合、打率.228、5盗塁レギュラー定着後最低の数字に終わる。


2016年二塁手レギュラーを取り戻して復活。3年ぶりに100試合に出場した。オフFA権を行使せず残留した。


2017年川崎宗則の復帰、不振、首痛の影もあり、62試合に留まった。


2018年は開幕一軍入りしたものの、5月下旬に抹消されて以降は二軍暮らしが続き、プロ入り後最少となる32試合の出場に留まる。2012年から悩まされ続けた首痛もあり、10月1日に現役引退を表明。引退試合となった10月6日西武戦には1番・二塁でフル出場し、三塁打二塁打を放って13年間のプロ生活に別れを告げた。


引退後


2019年から福岡ソフトバンクホークスの一軍内野守備走塁コーチを務める。背番号80


人物・その他


チーム随一の俊足を武器に盗塁を積み重ねるリードオフマン。しかしなぜか1番に入ると数字を残せない傾向があり、特に川崎の退団以降、首は足を活かすために1番打者で起用したがるが、結局は2番か8番あたりに落ち着くというパターンを繰り返した。

俊足を活かした広い守備範囲と強肩による二塁守備は一級品で、川崎宗則との二遊間(通称「ムネポン」)の守備は非常に高い。川崎の退団後は今宮健太とやはり鉄壁の二遊間を組んだ。年に2回ぐらいある、テキサス性の当たりを右翼手の守備範囲まで追いかけてのダイビングキャッチは見物。ゴールデングラブ賞日本ハム田中賢介が毎年高いとしてそびえていたが、2011年についに初受賞を果たした。

2008年頃まではスペ体質気味で、果敢なダイビングキャッチでファンを湧かせると同時に怪しないかとヒヤヒヤさせたが、2010年は全試合出場、2011年フルイニング出場を果たすなど徐々にタフになった。しかし、2012年に首を痛めてからは相次ぐ怪との戦いになり、成績も低迷。結局首痛は治せず、33歳の若さでの引退となってしまった。

通算342盗塁は歴代21位、通算243犠打は歴代22位(2018年現在)。

チーム内での称は「ポンちゃん」。大隣憲司とは生年日が全く一緒で、WBC代表にともに選ばれたときには「誤植?」との問い合わせが多数来たそうな。

東野圭吾小説『ある閉ざされたの山荘で』に「本多雄一」という登場人物がいるが、1992年に刊行された本なので、もちろん本多との関係は全くい。ただの偶然である。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
ソフトバンク 応援歌のピコカキコ一覧#121 8708

成績



年度別打撃成績



次へ»
最終更新日: 18/11/30 16:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ