ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜


ヨミ: ホンズキノゲコクジョウシショニナルタメニハシュダンヲエランデイラレマセン
掲示板をミル!
761カキコ!

本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜」とは香月による小説。及びそれを原作とした漫画/ドラマCD/アニメ作品。

本を入手困難なファンタジー世界の中で、必死に本を追いめる主人公を描いた「ビブリア・ファンタジー」。


概要


元々は小説投稿サイト小説家になろう」に投稿されていたweb小説で、その後加筆/修正された商業版の書籍が発行されている。

小説家になろうでは2013年9月から投稿され、2017年3月完結した。ただしその後も番外編などが投稿されている。2015年には書籍版として"本好きの下剋上 ~書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部「兵士I」"が発行され、2016年にはコミカライズが開始された(ただしコミカライズは順番が前後している。詳細は後述)。

2017年には沢城みゆき演でドラマCDが発売された。2019年には井口裕香演でテレビアニメが放映される。

小説家になろう」に投稿されている小説には「異世界もの」「転生もの」が多いが、この作品もそれらの内の一つ。「主人公貧乏に生まれた非力病弱な幼児」「転生前の曖昧な知識を使っても中々うまくいかない」など、他の異世界転生ものとべてややしい要素が多い状態から物語が始まっている。

しかし本や図書館を偏する主人公は、何度失敗しても本を手に入れるための試行錯誤の努を続け、協してくれる仲間も得て、少しずつ念願の本へと近づいていく。

そういった一歩一歩進むような地な描写も魅ながら、時にはタイトルにある「下上」の言葉通り主人公社会的立場が大きく変化するような大事件が起こるなど、ダイナミックな展開も織り交ぜられている。

主人公図書館好きなためか図書館業界(?)からも注され、少年写真新聞社の学校図書館向けニュース図書館教育ニュース」や図書館問題研究会の刊誌「みんなの図書館」でも紹介されたことがある。

また作中で主人公が本の生産・普及のために印刷技術を振しようとする縁からか、2017年12月から2018年1月にかけて「印刷博物館」にてコラボイベントが開催された。


ストーリー


主人公は活字中で、読書や本や図書館に対して度を越えた程のを注いでいる女子大生大学卒業後に図書館書として就職することも決まっており、前途は洋々であるかのように思われた。しかしある日、本に囲まれて読書をしていたときに地震が発生。倒れてきた大量の本に押しつぶされたところで、彼女の意識は暗転した――。

そして熱に浮かされるようにしてが覚めると、自分が病弱5歳少女になっていることに気付いた。その幼い少女マイン」の記憶が流れ込んできた彼女は、自分が貧しい兵士になっていることを理解する。そして魔法魔獣などが存在する「ここ」は、明らか歴史上の中世ヨーロッパなどですらなく、ファンタジー小説に出てくるような異世界だった。

そんな異常事態におかれても、書物を偏する彼女は本を読みたいという欲望を滾らせる。だが、この世界は識字率が低く、と言えば高価なしかなく、さらには印刷技術が存在しないために本も手で書き写す重な「写本」しかないようなところだった。当然、貧しい民の彼女には値のる本を購入することなど不可能である。

それでも読書を諦めきれない彼女は、自分でや本を作ることをしはじめる。幼く病弱すぎる体のせいで回りばかりだが、逆を乗り越えて再び本をその手にすることはできるのか?

「こうなったら、手段は選ばない。絶対に本を手に入れる!」


作者による注意書き


WEB連載版のページには、

※最初の主人公の性格が最悪です。ある程度成長するまで、気分悪くなる恐れがあります。

と注意書きが記されている。

最序盤の主人公マインは、生まれ変わった先の貧しい家族に対して「不潔で見苦しい」などと心中で罵りつつ、「本を読みたい」という自分の的のために振り回して迷惑をかけるなど、かなり性格に難点がある人物として描写されている(書籍版では少し描写が抑えられた部分もある)。

だがストーリーが進むにつれて、マインにとって家族はかけがえのない存在になっていく。最初が「最悪」だった主人公の心情が徐々に変化していく様子は、本作の見どころの一つとも言えるかもしれない。


書籍版


2015年1月から、ソフトカバー単行本レーベル「TOブックス」より書籍版が発売されている。書籍版の挿絵は椎名優ネット連載版から稿・加筆されており、さらに描き下ろし番外編なども収録されている。

TOブックスの大きな判(四六判。「講談社ノベルス」などの「新書版」よりさらにでかい)で、しかも結構厚い(特に3巻)のでちょっと重い。文庫本気分で鞄に入れて持ち歩くのはする質量。かなりの分量が書き溜められたウェブ連載版を、切り詰めずに出版することをした結果である。

書店ではライトノベル関連の棚に置かれていることが多いが、一般書籍の棚に置かれていることもある。これはTOブックスが小説専門レーベルではなく、グルメ本や動物本などさまざまなジャンルの本を出しているレーベルである関係かと思われる。

さらに、児童書コーナーに置かれている場合もあるとのこと。これは表イラストの印が関係しているかもしれない。イラスト担当の「椎名優」氏は児童書レーベル角川つばさ文庫」レーベルの児童書の表絵も複数担当しており、主人公が幼い少女という事もあって本作の表にも少し児童書っぽい雰囲気が出ている。なおその後、2019年7月には本当に「TOジュニア文庫」から児童書(ジュニア文庫)版も発売された。

「本好き」というところが共感を呼ぶのか書店員などからの評判がいいようで、TOブックス公式サイト内の本作特設ページ[外部]では様々な本屋の店員からの推薦コメント紹介されている。

■azB06XBYZ3NT
■azB06XBVN3Z8
■azB075DXPB4D
■azB07S1W3BLL
■azB07GDGWZ71
■azB07MYWJJB2
■azB07QKTBG73
■az4864728283
■azB0813B2CQJ
■azB084GP19N7
■az4866990015
■azB08C52JTWQ

短編集

■az4864728526


ジュニア文庫版


2019年7月に、TOブックスの児童向け文庫レーベル「TOジュニア文庫」の第1弾として『本好きの下剋上 第一部 兵士1』が発売された。以下続刊。

通常版からの変更点としては、小学生でも読めるように総ルビ仕様となっており、椎名優による挿絵も新規追加されている。

■az4864728259


コミカライズ



第一部~第二部


2015年10月30日からは、ニコニコ静画内の「ニコニコ漫画(公式)」において、コミカライズ版のウェブ連載が開始された。第1話・第2話および最新の2話が閲覧可

漫画の担当は「」。キャラクターデザインは、「椎名優」による書籍版でのデザインを踏襲している。

原作小説の「第一部 兵士」のコミカライズ「第一部  本がないなら作ればいい」として連載開始していた。

■mg147062(静画)
■mg147902(静画)

2018年3月には第二部も「」によるコミカライズ継続されることが告知され、2018年9月24日から実際に第二部のウェブ連載も開始された。

■mg346012(静画)
■mg353542(静画)

単行本第1巻は当初は電子書籍のみでの販売だったが、後に媒体での販売も始まった。

■az4864724954
■az4864724997
■az4864725330
■az4864725543
■az4864726027
■az4864726647
■az4864727201

■azB07NXY38TW
■az4864728534
■az4864729417
■az4866990562


第三部


」による「第一部&第二部」コミカライズと並走する形で、2018年4月30日から「波野」の作画による第三部のコミカライズが「ニコニコ漫画(公式)」で連載開始された。

■mg315291(静画)
■mg318064(静画)

こちらもコミックスが発売されている。

■azB07N77HVV7
■azB0814QQS3X
■az4866990031


公式コミックアンソロジー


2019年7月には様々な漫画家/イラストレーターによる公式コミックアンソロジーも発売された。2020年6月現在、既刊5巻。

■az4864728305
■az4866990023


ファンブック


2016年12月には「ふぁんぶっく」が[外部]2017年12月には「ふぁんぶっく2」が[外部]2018年11月には「ふぁんぶっく3」が[外部]2019年11月には「ふぁんぶっく4」が[外部]TOブックオンラインストアで発売された。

これらファンブック媒体(物理書籍)版は同オンラインストアの専売商品だが、数か遅れで電子書籍版もAmazonなどのオンライン書店で発売されている。

■azB01N6TWEFN
■azB078K3V6QN
■azB07LG18BJT
■azB082W2B42G


ドラマCD


2017年9月9日には、TOブックオンラインストアにてドラマCDが発売された。好評を得たようで、2018年6月9日にはドラマCD2が、2019年6月10日にはドラマCD3が発売されている。

役であるマインの演技はドラマCD1作および2作では声優沢城みゆき」が担当していたが、ドラマCD3からは声優井口裕香」に担当が交代した。他のキャラクター声優らも3から変更されており、アニメ版と同じ声優のようだ。アニメ版と声優を統一する的と思われる。

その他のキャラクターの担当声優など、詳細については下記「特設サイト」を参照。

■mg240354(静画)
■mg311504(静画)


オーディオブック


2019年4月には、Amazonオーディオブックラットフォーム「Audible」を利用するかたちで、TOブックVoice Bookレーベルよりオーディオブック版の1巻も配信開始された。以下続刊。

声優井口裕香」が書籍版1冊ずつを朗読したものである。第1作『第一部「兵士I」』は再生時間9時間50分、第2作『第一部「兵士2」』は再生時間10時40分と、各々がかなり長時間の作品となっている。

■azB07QMQHDZP


テレビアニメ


第1部は2019年10月より2020年1月までWOWOWTOKYO MXBSフジ他にて放映された、全14話。

2019年12月6日、第2部が2020年に放送されることが発表され、2020年4月より6月まで放送された。全12話。
ちなみに監督の2019年12月27日のツイートによると第2部の制作は完了済み[外部]とのこと。

アニメは第2部の途中で最終回を迎えた最中2020年7月12日第3期の制作決定ニコニコ生放送の特番にて告知された。

ツイートを読み込み中です
https://twitter.com/anime_booklove/status/1282271086294388741[外部]

スタッフ



次へ»
最終更新日: 20/10/01 12:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ