ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


本田美奈子


ヨミ: ホンダミナコ
掲示板をミル!
1カキコ!

本田美奈子.(1967年7月31日 - 2005年11月6日)は、日本で活動していた歌手女優である。故人。


概要


本名は工藤美奈子。活動期間は1985年から2005年。いわゆる80年代アイドルの1人として活躍した後、90年代以降はミュージカルで活動していた。

ミュージカルミス・サイゴン』でヒロインのキム役に選ばれて以降、当時のアイドル歌手としては異例のミュージカルでの活躍を見せ、歌唱・演技を高く評価された。1992年度第30ゴールデンアロー演劇新人賞を受賞。今日においては、邦楽分野でも折りの歌姫と呼称されるに至る。

2005年1月12日、急性髄性白血病と診断を受けて緊急入院、その翌日にはその事実表された。

帯血移植や抗剤治療を受けるが、肺への合併症から容体が急変し、同年11月6日午前4時38分、家族らの見守るなか、死去した。38歳だった。(wikipediaより引用


歌手活動の記録



デビュー前


歌が好きだったもあり、幼いころから歌うことに興味を抱いていた彼女だが、実際に歌手に向けて動き出したのは1981年にさかのぼる。

山口百恵ピンク・レディー中森明菜などを輩出したオーディション番組「スター誕生」に中学3年生で出場。この時彼女柏原芳恵の「ハロー・グッバイ」を歌唱。見事決勝大会まで勝ち進んだものの、残念ながら各プロダクションレコード会社からの名を受けることはなかった。


■sm16350633[ニコ動]

ちなみにこの時、徳永英明松本明子も同じ本選・決勝大会に出場し、松本明子のみが名を受けている。


スカウトからデビューへ(83~85年)


彼女が再び歌手へのを歩むことになったのが1983年高校生になった彼女が初めて原宿に出かけていたところ、松本代や里らが所属していた芸事務所ボンド企画」の担当者からスカウトを受ける。

1983年当時、ボンド企画では「少女隊」のメンバー探しを行っており、美奈子もその補としてをかけられたのだった。しかし、当時の事務所社長だった高杉敬二氏が、録音された彼女の歌を聞いて驚愕少女隊のメンバーとしておくには惜しい人材として、ソロアイドル歌手としてデビューさせることを決め、美奈子にその意向を持ちかけた。

ただ、美奈子自身はアイドルになるつもりはなく、演歌歌手でのデビュー希望。しかし、当時の事務所演歌歌手プロデュースした経験がなかったため、高杉氏がその事情を説明したところ、アイドル歌手としてのデビューをすんなりと受け入れた。

1984年歌手志望者の登竜門的な音楽賞である「長崎歌謡祭」に本名の工藤美奈子名義で出場し、グランプリを獲得。翌1985年4月に、「本田美奈子」という芸名で「殺意のバカンス」を発売、デビューを果たす。

■sm9559626[ニコ動]


「アーティスト・本田美奈子」としての模索(85~89年)


アイドル歌手としてデビューを果たした本田美奈子だが、彼女にとって、「アイドル」として扱われることに違和感を感じていた。そのため、デビュー当初からアイドルとは別の路線を確立しようと試行錯誤を重ねている。

デビュー曲である「殺意のバカンス」や、初めてのオリコントップ10にランクインした曲である「Temptation(誘惑)」が、およそ新人歌手らしからぬ大人っぽい雰囲気を醸し出した歌詞であったのも、その意向の表れといえる。

1985年12月には新人歌手ながら日本武道館でのコンサートを開催、成功を収める。その後、FNS歌謡祭の最優秀新人賞、日本レコード大賞の新人賞を獲得するなど、85デビュー組の中では々しい成功を収めた。

しかし、彼女にとっての悲願であった「ザ・ベストテン」へのランクイン日本レコード大賞の最優秀新人賞を手にすることができなかった。

どうすれば個性を出して多くのファンを獲得できるのか考え、導いた結論が「アーティスト路線」への更なるシフトだった。

1986年2月彼女の代表曲となる「1986年マリリン」をリリース

■sm25499621[ニコ動]

当時としては異例の「へそ出しルック」や「を振る振り付け」など、「アイドルではなくアーティスト」との姿勢を打ち出したこの曲で一気に人気を獲得。結果的にこの曲で初のオリコントップ3にランクインし、ザ・ベストテンでも最高2位を記録、夜のヒットスタジオにも出演を果たすなど、美奈子にとって大満足の結果となった。

その後も「HELP」や「Sosotte」など、ロックテイストやセクシーな路線の楽曲を次々と発表しつつ、ドラマ主題歌にもなった「Oneway Generation」ではアイドル的な路線も見せるなど、意欲的な活動を展開。

その際、ゲイリー・ムーアブライアン・メイから楽曲提供を受けたり、フレディ・マーキュリーマイケル・ジャクソンなど、海外の著名なアーティストらと交流を深めている。

1988年には、「MINAKO with WILDCATS」を結成し、本格的なバンド活動を展開。女性ロックバンドの先駆けであるSHOW-YA催する「NAONのYAON」に出演するなどしたものの、商業的な成功を収めることができず解散。再びソロ歌手に転向することとなる。


ミュージカルとの出会い(90~92年)


1989年ソロ歌手として活動を再開したものの、このころすでに流行歌手の傾向がJ-POP系に移行しつつあり、ヒット曲に恵まれない状況だった。そのため、90年頃には彼女デビュー前に希望していた演歌歌手への転向を、当時所属していた東芝EMIとは異なるレコード会社から持ち掛けられることもあったという。

同年社長高杉氏の誘いで招かれた食事の席で東宝酒井喜一郎プロデューサーと出会う。

ちょうどその頃東宝では、ミュージカルミス・サイゴン」の出演者募集を行っていたのだが、酒井彼女の姿や歌を聞いた際に主人公のキム役にぴったりだと確信。オーディションへの応募を持ち掛けた。

美奈子自身はセリフのある女優活動は苦手であまり乗り気ではなかったものの、酒井が「台詞をすべて歌で表現する作品である」ことを説明。また、高杉も挑戦する価値があると説得を行った結果、募集締め切りギリギリでオーディションを受けることになった。

女性では1万1千人以上が応募したといわれるこのオーディションで、彼女はブロードウェイミュージカルスタッフや、ミス・サイゴンを手掛けたプロデューサーらの前で歌を披露。

は6~7次にわたって行われたが、彼女は1回の選考段階ですべての審員から「主人公のキム役にふさわしい」と高い評価を受け、見事役の座を手に入れた。

キム役へ選出されたのを機に、美奈子は芸活動の休止を決断。ボイスレッスンや演劇練習など、1年以上に及ぶ訓練期間を経て、ついにミュージカルデビューを果たすこととなる。


ミュージカル女優としての成功と多ジャンル音楽への挑戦(92年~)


1992年ミュージカルミス・サイゴン」が初演を迎えた。多くの一般大衆から「アイドル歌手謀な挑戦」と見られていたものの、演を重ねるたびに高い評価を得るようになり、1年半のロングラン演を終了するころには「ミュージカル女優・本田美奈子」としての立場を獲得するに至った。

演期間中には舞台装置に足を轢かれて大けがをするなどのアクシデントにも見舞われたが、1かの療養を経て復帰。舞台を降してもおかしくないほどのアクシデントにも関わらず期復帰をしたのは、彼女の「ミス・サイゴン」に対する情熱の深さを物語っている。

ミス・サイゴン」での成功をきっかけに多くのミュージカル作品に出演。「屋根の上のヴァイオリン弾き」「王様と私」「レ・ミゼラブル」といった有名作品はもちろん、寺脇康文五朗が率いる地球ゴージャスの「クラウディア」といった前衛的な作品でもキャストの一員として名を連ね、話題を集めた。

1994年には、4年ぶりに歌手活動を再開。彼女の代表作となる「つばさ」をリリース

■sm10700106[ニコ動]

ミュージカルの挑戦を機に手に入れた強な背筋や呼吸法により、30近いロングトーンを披露。もともと歌唱の高さに定評のある美奈子にとっても、エポックメーキングな作品に仕上がった。

また、翌年に発売された「ら・ら・ば・い~優しく抱かせて」では、歌の後半にオペラ歌手のようなハイトーンボイスを披露したり、復帰後初のアルバム作品では演歌の楽曲や「の賛歌」のカバーなどを収録したりするなど、より歌手としてのスキルを高めようと様々なジャンルの作品に取り組むようになる。


クラシカル・クロスオーバーとの邂逅(90年代後半~04年)


1990年代後半から、コンサートクラシックの楽曲を歌う機会が増えるようになり、99年にはテレビ朝日音楽番組「題名のない音楽会」にも出演。

2000年には作曲編曲である服部克久からの推薦で日親善コンサートに出演し、サラブライトマンの「Time to say goodbye」などを披露するなど、オーケストラストリングスとの共演も増えていった。

2002年、「楽ではない分野で活躍する歌手クラシック作品」の構想を練っていた日本コロムビア岡野博行氏からラブコールを受ける。ちょうど同じ時期に彼女自身も「クラシカル・クロスオーバー」への挑戦を考えていたことから、すぐに参加を決断し、作品作りがスタートした。

作品作りには「君といつまでも」の作詞や「ミス・サイゴン」の日本語詞を手掛けた作詞岩谷時子と、松田聖子中森明菜寺尾聰などの楽曲を編曲したアレンジャー井上鑑が参加。翌2003年5月、初の本格的クラシカル・クロスオーバーアルバムAVE MARIA」をリリース

■sm14453051[ニコ動]

2004年には、彼女にとって最後のシングル作品となる「新世界」とクラシカル・クロスオーバーアルバム第2弾の「時」を発表。

伸びやかでりのある歌クラシック楽曲との調和が評判を呼び、コンサートテレビで収録曲を歌唱する機会も増えるなど、翌年のデビュー20周年に向け良いスタートを切り始めた。しかし……


白血病の発覚と闘病、そして…(2004~05年)


2004年の年末頃から微熱や高熱に襲われていた美奈子だが、その事実を隠したまま「地球ゴージャス」による武道館コンサートや「題名のない音楽会」の収録、デビュー20周年アルバム用のレコーディングを行っていた。

しかし、2005年に入っても高熱が続いたため、病院の診察を受けたところ「急性髄性白血病」であることが発覚。すべての予定をキャンセルして闘病生活を送ることとなった。

白血病抗がん剤治療や帯血移植移植によって、回復の余地が見込める病気である。しかし、美奈子が発症したのはは急性髄性白血病の中でも特に難治性が高く、患者200万人につき1人しか発症しないレベルの極めて厳しいタイプだったため、その治療は常に予断を許さず、困難を極めた。

抗がん剤副作用によって自慢のが抜けたり、口内中に炎症が広がるといった症状も出たが、それでも彼女は人前で弱音を吐かず、ひたむきに治療を続けた。しかし、1人になった時は常に明るい彼女も溢れ出る感情を抑えられないときがあったという。

移植のドナーがなかなか見つからない状況が続く中、今できる最善の方法として帯血移植を決断。移植手術後、見る見るうちに症状が好転し7月末には一時退院できるほどに回復。この時、ナースステーションでお礼として「アメイジング・グレイス」を披露した。その時の様子はICレコーダーに録音され、テレビCD等で音化されている。

一時退院後は、故郷である埼玉県朝霞市の自宅で療養を続けていたが、9月に再発したことが発覚。

抗がん剤治療によって再度一時退院できる状態まで回復したものの、10月末に再入院。懸命の治療が行われたが、2005年11月6日午前4時38分、肺への合併症などが原因で逝去。

わずか38歳という若さ、志半ばでの死だった。



次へ»
最終更新日: 19/10/25 21:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ