ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


李舜臣


ヨミ: リシュンシン
掲示板をミル!
81カキコ!

[画像を見る]

李舜臣(り しゅんしん)とは、李氏朝鮮将軍の一人である。

朝鮮読みは「イ・スンシン」

朝鮮半島においては、日本侵略から朝鮮危機を救った"救英雄"とされている。


概要


生年は1545年~1598年、漢陽現在ソウル特別市)の生まれといわれている。22歳の頃に兵士となるための科挙「武科」を受験し始めて32歳で合格、下士官として登用された。

豊臣秀吉によって行われた文・慶長の役においては軍の官に任命される。甲部分を覆って武装した船「甲船」を開発したとされ、戦・近接戦闘を得意とする日本軍を苦戦させた。また、日本軍の補給路を狙うなど、戦術揮は優れていたと考えられている。しかし、様々な要因から実際はそこまで戦況に影を及ぼしてはいなかったとされる(詳細は後述)。

慶長の役において、撤退する日本軍の追撃中に戦死したとされている。「流れ弾が当たった」「島津に狙われた」などとも言われているが、史実は不明のままである。朝鮮側の『乱中雑録』では、「アンブッシュ中だった日本兵の一斉射撃で倒された」とされており、日本側の『征録』では「日本軍の追撃に来た副将の(とうしりゅう)のピンチを救うためやって来たところを囲んでボコった」としているらしい。双方のが食い違っているので事実は不明。

後に日本からの侵略を防いだ功績をたたえて「李舜臣」像が建立された。その線は日本方角を向いて睨みをきかせているという。

また、2002年韓国で建造された駆逐艦には「忠武公李舜臣」の名前が与えられ、李舜臣級駆逐艦の1番艦として韓国軍に就役している。詳しくはこちらの記事を参照。 → 忠武公李舜臣級駆逐艦


人物像


一言で言えば不遇の武将と言える。

戦術的な面では才にも部下的にも恵まれていたが、若い頃より血気盛んで攻撃的な部分があり、日本軍との戦いでは、その積極的に打って出る姿勢が逆にマイナスとなることもあった(ただし戦闘においては相手の強さを分析し慎重に戦っていたともされる)。

特に政治的な部分の方でだいぶ苦しめられていた(敵は身内にあり)。上に恵まれず上になった者とは何度も争うことがあり、本人にも問題があったが上たちにも足を引っぱられていたせいで、まともに戦えているとは言いがたい状態だった。


戦闘


【攻撃的だが慎重】
日本軍上での戦闘において、多数の船による敵船への接舷、そこに乗り込んでの近接戦闘メインとしていた。スンシンは「あいつらに近づかれたらヤバい」ということを知っていたため、矢および敵船への放火による遠距離攻撃にしていた(スンシン自身が常に術を練習しており、部下にも「敵の頭をるより射殺する方が大事」と教えていた)。
理せず撤退】
当時の日本戦国時代であったため武士も多く実戦経験も豊富。逆に朝鮮は文官の時代で軍縮傾向にあった。そのためスンシンは全面的な正面からの戦闘は避けている。
の役のときには秀吉の軍勢によって朝鮮半島の南東にある慶尚軍は壊滅した。しかし、スンシンはその西側の区域にある全羅軍を温存しており、支配地域を作って停泊していた日本軍の船団を襲撃。その地域からの離脱中でも別の日本軍を撃破しながらの撤退を行っている。
1500人から成る脇坂安治軍に対しては、潮流のしい場所にオトリを使って誘いこみ撃破、サポートのため付いていた別武将の軍もさらに撃破した。
慶長の役においては、かつて揮していた全羅軍も掃討されつつあり、巨済戦で200隻近くあった朝鮮軍が10隻ほどにまで減っており、残存艦隊を率いる形となったが、潮流のしい鳴梁峡へ日本軍を誘導して攻撃し、自の10倍もある敵戦130隻のうち約30隻を撃破する。しかしスンシンにはそれが限界であり、日本軍のもっと大きい後続戦が来ることを把握していたため地域の占有に固執せずすぐ撤退している。
甲船の開発】
日本戦で乗り込もうとしてきた時の対応として上部の甲全体を鉄板で覆った「甲船」を開発。日本軍が乗り込んでも上が覆われているため入れず、鉄板の隙間からなどで攻撃して倒し、日本の接舷を阻止したという。しかしこ甲船、「Civilization」「Age of Empires」などのゲームでも登場しているが、実際には資料が少なく本当にあるのかが不明とされている。後世の創作である可性、実験船で少数配備だった可性なども考えられるが、事実は不明のままである。
兵站線の破壊】
日本軍兵站を担っていた軍や武将を倒しており、日本軍の継戦を削っている。
しかし、近年の研究によると、兵站を脅かすことができていたのは文の役の序盤のみであり、その後はさほど大きな影を与えられなかったようである。というのも、最初こそ護衛のない輸送船を沈めたり、軍を率いて兵站も担っていた来通総を撃破しているが、それを重く見た日本は護衛を増やし、戦を避けて陸・軍が離れず共同で防衛を固めるようになった。当時の朝鮮の船は底がらで転覆しやすく、沿からあまり離れることができなかったため、途端に攻撃が困難になったのである。さらに、その打開策として日本軍の兵站補給の重要拠点である釜山を狙い、理をおして総攻撃しているが、敗走し撤退している。よって、日本軍補給に困っていた要因は、朝鮮軍の弱さに内陸部に進出しすぎ、兵站線が伸び切った上、当時不作だった朝鮮では現地調達ができなかったためとされ、実際にその対策をした慶長の役では兵站線の不具合はほぼなかったという。 

関連動画


解説動画


■sm27394769[ニコ動]

■sm22679538[ニコ動]
■sm16015578[ニコ動]
■sm16505822[ニコ動]

ドラマ・映画

■sm1786376[ニコ動]
■sm24219898[ニコ動]
■sm21309017[ニコ動]
■sm15497053[ニコ動]
■sm16750283[ニコ動]
■sm24763456[ニコ動]
■sm25182761[ニコ動]
■sm7522350[ニコ動]


関連商品


商品の「乱中日記」はスンシン本人が残した日記を書籍化したものである。

■az4256186204
■az4416996004


関連項目



関連リンク



最終更新日: 19/08/24 17:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ