ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


東上線


ヨミ: トウジョウセン
掲示板をミル!
84カキコ!

東上線とは、東武鉄道運営・管理する鉄道路線の1つである。池袋駅寄居駅間の東上本線と坂戸駅越生駅間の越生線の総称の事であるが、特に前者のみをして東上線と呼ばれる事もある。


概要



東上本線


池袋駅東京都豊島区)から寄居駅埼玉県大里寄居町)までを結ぶ路線である。路線長は75.0km。
2005年まで全線通しで運転される列車が存在したが、現在小川町駅寄居駅間がワンマン化されて小川町駅で運行系統が全に分断されている。

元々、東上本線は「東上鉄道」という別会社だった。ただし創立時の取締役社長東武鉄道社長であったなど、創業当初から後に東武鉄道と合併するまでの間も東武鉄道との関係は存在していた。「東上」の「東」は、「上」は州(現在群馬県渋川)の頭文字からとったものであり、群馬県渋川まで結ぶ鉄道として計画されていたことを示している(最終的には新潟県に向かうつもりだったようだが、八高線が開業したことで、計画は頓挫している)。

同じ東武鉄道の路線である伊勢崎線系統とは駅名標時刻表フリーペーパーなどが全く別のものとなっている他、の看も「東武鉄道」ではなく、全て「東武東上線」となっているのが特徴的である。沿線住民や、駅員は「東武線」ではなく「東上線」と呼ぶ人が多い。Look for Natureとかいう宣伝文句もあったような気がするがそんなものはなかった。

和光市駅から、東京メトロ有楽町線副都心線と相互直通運転を行っている。東急東横線渋谷駅が地下化される2013年3月16日から東京メトロ副都心線経由で東急東横線へ直通運転する。
東横線中目黒駅東武伊勢崎線から来た車両日比谷線直通の列車)と東武東上線から来た車両副都心線直通の列車)が並ぶこととなる。
長らくの間は普通しか地下鉄との直通を行っておらず、直通区間も和光市駅森林公園駅としておきながら、大多数の列車川越市駅発着となっていた(森林公園駅発着だったのはのみで実質的に出入庫運用であった)。しかし、2016年3月26日正により、急行(一部「Fライナー」)・快速急行(土休日のみ)が設定されると、ほとんどの列車森林公園駅まで直通するようになった。また、2019年3月16日正より、土休日午前中の上りFライナー3本が小川町駅発となった。これにより東京メトロ東急電鉄所有小川町まで乗り入れるようになった。

ちなみに、各に停する列車の種別名が東上線では「普通」、東京メトロでは「各停」となっているために、有楽町線副都心線に直通する列車和光市駅で種別の変換を行っている。(なお、同じく有楽町線副都心線に乗り入れする西武池袋線は、副都心線開業の際に各に停する種別を「普通」から「各停」に変更した。)

かつて、秩父鉄道秩父本線に乗り入れていた時期があったが、現在伊勢崎線との間で車両のやり取りをする時以外、秩父鉄道線へ東武車両が乗り入れることはい。


越生線


東武東上本線坂戸駅JR八高線越生駅を結ぶ。

元は「越生鉄道」という別の会社だったが、買収を見越してか本社は東武鉄道の中にあった。昭和18年買収によって東武越生線となる。以前は東上本線との直通列車もあったが、現在は消滅した。路線距離10.9km。2008年に全線ワンマン化された。


列車種別


現在、東上線に列車種別は6種類存在する。


駅一覧



東上本線


普通列車は各に停まるため省略
背景は開業予定

=停、▼=下りのみ停|=通過


次へ»
最終更新日: 20/11/20 13:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ