ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


東京消防庁


ヨミ: トウキョウショウボウチョウ
掲示板をミル!
7カキコ!

東京消防庁とは、日本最大の消防本部である。


概要


東京都区部(東京23区)を管轄する消防本部であり、自治体の連合体としての東京都が区に代わり設置している。よって東京都機関ではあるが、区の市町村としての役割を代行しているため区のみを本来的な管轄としており、また都道府県としての役割ではない。

他の市町村消防本部と同じように、消防事務委託制度により本来の管轄地域外である多摩地域29市町村も請け負っている。


消防組織


設備面や人員などの規模からして、日本最強消防本部である。

1948年(昭和23年)にそれまでの内務省警視庁消防部』から独立する形で「東京消防本部」として創設され以後、拡充を重ね2016年(平成28年)4月時点で以下の容となっている。

参考までに他の政令指定都市消防本部の規模を表記すると

横浜市消防局

京都市消防

大阪市消防局

※いずれも公式HPから引用
(+1機)*は総務省消防庁からの貸与

東京消防庁が本来の管轄である東京都区部(東京23区)に加えて消防事務委託による+29市町村を管轄しているのに対し以下の3本部は複数の市町村ではなく1のみを管轄している違いがあるとはいえ、東京消防庁がずば抜けて居るのがわかる。
なお、あくまで東京都区部(東京23区)消防本部であるため、消防事務委託を受けていない稲城市東京都島嶼部は管轄していない(近隣応援協定はある)。委託のない稲城市東京都島嶼部が本来の消防制度の原則であるが東京都においては逆転している。


組織


首都東京の防災の要ゆえに独自性の高い専門部隊を多く擁している。その上方単位として管轄地域を10地区に分けている。今後も防災対策とオリンピック開催という大義名分の元に編、増強が行われるはず

方面 管轄地域・備考
第一方面[外部]

千代田区中央区港区
消防庁本部配置

第二方面[外部]

品川区大田区
HR配置

第三方面[外部]

目黒区世田谷区渋谷区
HR消防学校、研究所
整備工場配置

第四方面[外部]  新宿区世田谷区杉並区
第五方面[外部]  豊島区文京区北区
第六方面[外部]

台東区荒川区足立区
HR配置

第七方面[外部]

江東区墨田区葛飾区江戸川区
航空隊、AHR本隊配置

第八方面[外部]

立川市武蔵野市など多摩東部
HR航空隊、AHR分隊配置

第九方面[外部]

八王子市町田市など多摩西部
HR配置

第十方面[外部]

練馬区板橋区


指揮隊


災害現場において直接対応は行わないが現場の情報を集約・分析してより効果的な対応を消防隊、救助隊、救急隊へ示・統制する部隊。東京消防庁では災害規模に応じて3段構えの揮隊を編成している。

揮隊 いわゆる『所轄』の揮隊。
所轄規模では『大隊長』のもと活動を行う。
方面揮隊 複数の署大隊が出動する場合、各方面本部
毎に配置された揮隊が活動する。
統合揮隊 2019年に編成された本部直轄揮隊。
元々は『警防部揮隊』の名称で編成
されていた。
大規模災害(テロを含む)が発生した場合は従来
東京消防庁本部の総合室で揮を一本化
して対応していたが通常の災害対応が疎かに
なる懸念があったことに加え、2020年東京
オリンピックによるテロの懸念も増大したこと
から、揮権限を拡大し大規模災害対応に専念
する揮隊。
実際に対応する場合は本部隊とHRを中心に
『統合機動部隊』として活動する。

消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー、HR)


1996年(平成8年)に編成された特別高度救助隊パイオニア阪神淡路大震災の経験を元に従来から編成されていた特別救助隊の上級部隊となる震災対応部隊として編成されたが震災以外の災害にも出動する。2013年平成25年時点で以下の5隊が編成されている。

部隊略称(所在地)

任務

2HR[外部](大田区)

震災対応

3HR[外部](渋谷区)

NBC対応

6HR[外部](台東区)

震災+大規模対応
8HR[外部](立川市) 震災対応
9HR[外部](八王子市) 震災+NBC対応

そして以下の実働部隊が編成されており、災害に応じて一種の諸兵科連合を他部隊と構成して対処する。 

部隊名 特色
機動救助隊

基本的に救助2台(通常、震災対策)を装備し搭載機材で
人命救助を行う。
なお、8HRは4救助工作=2台1セットのため4台、
3HRは通常1台、6HRは救出救助を加えた3台、
9HRは震災対策+資機材搬送ペアで構成。

機動特科隊

パワーショベル、ブルドーザー、クレーン等の重機で
の排除を行うと共に大化学屈折
人放
排煙で火災消火も実施する。3HR以外の
全隊編成。

機動科学

特殊災害対策および除染を装備しNBC災害の軽減、
被災者の救助を実施する。3HRと9HRのみ編成。

機動救急救援隊

資機材搬送、大水槽、遠距離装備=スーパーポンパー、
特殊救急車で医療活動や後方支援を行う。


特別救助隊


1971年(昭和46年)に発足。元々は戦前警視庁消防部時代に編成され、戦時中の止を経て戦後に復活させた『専任救助隊』が原
ただし、この部隊は火災現場での救助が的だったため交通事故化学災害の対処は厳しかったため、より幅広い災害での人命救助部隊として編成された。
発足当初は1隊のみだったが2016年時点では24隊が編成されている。

なお、他部隊との兼任を含めて『難救助隊』が13隊、『山岳救助隊』が4隊編成されている。


特別消火中隊(A-one Fire Unit)


2004年(平成16年)に発足。通常の消防隊はベージュの防火銀色の防火帽を着用しているのに対し特別消火中隊は黒色色の防火帽を装備して消火活動にあたる。多様化する火災に対応するため編成された。

ポン2台(通常水槽付などの特殊ポン)で編成が基本。


化学機動中隊


放射性物質や有化学物質の漏洩、硫化水素もしくは練炭がらみの災害NBC災害に対応する部隊。地下鉄サリン事件のニュース映像に出てくる『オレンジ色の防護を着た一団』は彼らである。

彼らの上級部隊がHRの機動科学隊となる。


航空隊


1967年(昭和42年)に発足。2014年時点でヘリコプター8機を装備(内1機は総務省消防庁からの委託)。3隊編成で2隊は立川市立川広域防災基地、1隊が江東区東京リポートに配置されている。

発足当初からフランス製のヘリコプターを装備しており、ドーファンピューマ系列が半々の保有数だったが発足50周年となる2017年からドーファンの後継機としてイタリアAW139の配備が行われた。

航空消防救助機動部隊(エアハイパーレスキュー、AHR)

2016年に発足。それまでの航空隊には救助隊員の配置がなく、災害時にはHRを含む別部隊と連携して災害対応にあたっていたがより速な対応をして編成され、以下の新装備も配備された。

ヘリ消火装置 後述の高所消火装備の
が1門に削減された代わりに
式を採用したことで放範囲が
広がった。
大量救出用ゴンドラ 着陸しての救助が出来ない場合、
従来では要救助者を1人づつ釣り
上げていたが効率が悪かったため、
ゴンドラり下げて効率化を図った。
車両り下げ装置 AHR発足にあたって配備した専用
本隊に配置。ちなみにこの他に通常救助ポン救急車も配置されている(ヘリによる輸不可)(スズキ・ジムニー)をり下げ
輸送するパレット+スリングベルトセット
同時降下用装置 字の通り、ヘリコプターの両サイドから
救助隊員をロープ降下させる装備。

編成は東京ヘリポートに本隊、立川広域防災基地に多摩分隊が配置されている。


救急機動部隊


2016年に発足した本部直轄の救急隊で2019年に更なる増強が行われた。NBC災害や感染症、更に外国人旅行者への対応も想定して編成されている一方で、時間帯によって配置箇所を代えてしまうのが特徴
具体的に日中東京駅(第一方面)と渋谷区(第三方面)、間は新宿駅(第四方面)、港区(第一方面)の待機所に配置されている。


音楽隊


1949年(昭和24年)に発足。発足にあたっては軍楽隊経験者(帝国海軍19名、帝国陸軍2名)を採用した。

消防署新設などの関連イベントに留まらず、東京オリンピック(1964年)開会式など都内の大イベント演奏している。


消防車


前述のとおり、首都東京の防災の要である故に独自性の高い消防車を多く配備している。


次へ»
最終更新日: 20/03/13 21:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ