ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


東急6000系


ヨミ: トウキュウロクセンケイ
掲示板をミル!
4カキコ!

東急6000系とは、東急電鉄通勤電車である。

1台車1電動機方式が特徴の1960年登場の初代(18mのスキンステンレス)と2008年3月28日に営業開始した大井町線急行用の2代目がある。

ここでは2代目を解説する。


概要


東急2002年に登場した5000系ベース大井町線急行用として6両編成6本が登場した。

20m4オールステンレス体で内はオールロングシートである。

前面は5000系列とは打って変わり直線を多用したスピード感あふれるデザインとなっている。

体にはスピードの出ない大井町線スピード感を強調するために前面を横から見た形状と同じ形のオレンジ色のストライプが各に2か所ずつ入っている(先端に近づくにつれラインの幅が細くなっていくデザインになっている)。このストライプは前3両・後ろ3両で向きが変わっている。

6101F登場当初はこのラインだけだったものの、味気ないことに気付いたのか、6102F以降は体の上に帯、下にオレンジの細帯を入れてアクセントとしている。(後に6101Fも追加)

屋根の色は一般的な灰色ではなく、赤色に塗られている。ほぼ同時期の登場である7000系緑色で塗られていることからこの時期の東急の方針のようである。

大井町線各駅停車しか停まらないは5両編成にしか対応していないので、6両編成の6000系はこれまでもっぱら急行として使用されている。
ただし、各停の表示は可なようで(長津田検車区内での表示試験で表示経験あり)田園都市線内での運用中にダイヤが乱れた際に各停になったことがあるとの情報もある。

2011年10月頃から、6104Fの1号であるクハ6104でLED照明の試験が行われている。
LED照明に切り替えられた車両は順次増え、現在は同編成の6両全LED照明となっている。
なお、照明の種類は複数あるため、本格採用を前に較試験を行っているものと思われる。
その後、LED照明の本格採用(既存改造)には1号で試行されていた川崎重工製の色違いのものが採用された。
そのためか6104Fは一旦2~6号照明に戻されたものの、2015年2月から3月にかけ、全編成がLED照明に交換された。(6104Fの1号も他と同じものに再交換)


運用


もっぱら大井町線急行専用として用いられている。

間には入庫を兼ねて最大で田園都市線長津田まで行く運用があるほか、土休日には中央林間始発の運用もある。
2012年3月17日正で田園都市線に直通する運用が大幅に増やされ、平日長津田始発が1本組まれたほか、土休日日中30分に1本長津田に直通することになった。

ダイヤで土休日の運用は121運行~126運行の6本(ただし126運行は溝の口大井町間1往復のみ・平日は121124の4運用)あるため、検に入った際は予備が不足する事態(むしろ数が足りない)が発生する。

なお、予備不足や緊急時は5両編成の各停車両急行運用に入ることもある。(過去に数度実績あり)


関連動画



■sm11959735[ニコ動]


関連商品


■azB005WJA9LO


関連コミュニティ


■co370972


関連項目



最終更新日: 15/03/18 17:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ