ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


東方永夜抄


ヨミ: トウホウエイヤショウ
掲示板をミル!
440カキコ!
[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る]
[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る]
[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る]
[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る]
[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る]

東方永夜抄 ~ Imperishable Night.」(とうほうえいやしょう いんぺりしゃぶる ないと)とは、同人サークル上海アリス幻樂団制作弾幕STG東方Project」の第8作

概要


平和だった。
何事も起きていなかった。少なくとも人間にはそう見えていたのだ。

そんな人間のもとに妖怪が訪れる。
いつもなら妖怪退治は人間の役だ。だがこんな『異変』が起きている
と言うのに、人間は一向に動こうとしないのでれを切らした、と言う。
だが人間は、そのとき初めて『異変』に気が付いたのだ。

妖怪退治が役人間は、
 『この異変』を、が明ける前に解決出来るだろうか、と言った。

だが妖怪は言う、
 『こんな異変』は、を止めてでも今中に解決させる、と。

妖怪は、欠片めて幻想郷け出した。
後を追うように人間も飛び出す。

 魔を感じ、幻を打ち破る人間
 魔を遣い、幻を効化する妖怪

―― 二人は、を止める

上海アリス幻樂団HP[外部] 人妖弾幕 東方永夜抄 ~ Imperishable Night. より

ゲームのスナップショットと切り抜き画像については、原作者の示した条件[外部]に基づき使用しています。

「Imperishable Night」とは直訳すれば「永久」。
妹紅スペカにもある「Imperishable」とはIm-perish-able、「非業の死・滅びて消え去る」と言った意味のperishに否定のimと可性を表すableをつけたもの。すなわち「永遠に滅する事があり得ない」と言う状態を表す。

ゲーム内容は前作までと同様だが、当作では人間妖怪コンビを組み、ボタン操作により双方のキャラクターを上手く使い分けながら全6ステージクリアしていく。

何度でもスペカ練習できる「スペルラクティス」や、決死結界+ラストスペルと言った救済要素が充実しているのが特徴である。
しかし、個性化された自機性、大きく異なる性人間妖怪の使い分け、破壊に条件がある敵の使い魔など、システム面が複雑化しており、全に初心者向け、とは言い難い面もある。

今作でWindows98WindowsMEなどの9x系列では最後の作品となる。
対応OSWindows98WindowsMeWindows2000WindowsXP

あらすじ

がでっかくなっちゃった!
いつものような満月、しかしの様子が何かおかしい
それらに敏感な妖怪達は人間を引き連れて独自で調することにした。

霊夢アリス魔理沙幽々子妖夢レミリア咲夜
それぞれが各々の方法で時を止め、明けまでには解決しようと意気込む。
彼女たちは満月の異変を解決できるのか。

自機キャラクター

今作は、これ以降の作品を含めた他の作品とべて、自機キャラクター選択に関する仕様が大幅に異なるのが特徴。

人間妖怪の2人1組で1つの自機となっており、高速移動時は人間を、低速移動時は妖怪を操作する。
もちろんキャラクター自体が違うので、切り替えるとショットの性質も変わる。
その代わり武器タイプの選択がなくなっており、例えば霊夢は他作で言うホーミングアミュレット装備で固定。相方八雲紫がパスウェイジョンニードルに良く似たショットを使う(そのため、今までは選択しなかったほうの武器は全く使えなかったが、今回は性質の異なる武器タイプを同時に使えるとも言える)。

さらに、ある条件を満たすと各チームキャラクターを単独で使う事が出来るようになり、合計で12タイプもの自機が選択出来ることになる。
単独使用時は当然移動速度を切り替えてもキャラは変わらないため、ショットや敵の使い魔に干渉されるかどうか等の性質が切り替えられなくなり、基本的に融通が利かなくなる(「高速移動の妖怪」「低速移動の人間」を実現する事で新たなメリットが生まれるキャラもいるため一概には言えないが)。

単独使用時のストーリーチームで進めている時と全く同じであるが、クリアフラグなどにおいてはまったく別のキャラクターとして扱われるため、例えば霊夢チームExtraステージを出現させていても、それだけでは霊夢単体・単体でExtraステージを開始する事は出来ない。

キャラクター
人間妖怪
特技・特殊 特徴





博麗霊夢
八雲紫
使い魔との接触判定を持たない。(霊夢
当たり判定が小さい、決死結界の展開時間が長い。
霊夢がホーミング、がサーチショットを持つ初心者向けチーム
霊夢ボムが前作までと較すると威が高くなっているため、万に立ち回れる。
ボム「四重結界」は、遠距離にも至近距離にも攻撃いという扱いづらいボムだが、特定の射程距離にある結界の隙間に相手を落とし込むと威が格段に上がるというテクニックがある。





霧雨魔理沙
アリス・マーガトロイド
常時アイテム上部回収が可。(魔理沙
アイテムに対する当たり判定アイテム回収範囲が広い。
アイテム回収が楽でマスタースパークは相変わらずの威
魔理沙アリスを切り替えながらショットを撃つと、両者のショットが組み合わさって威が上がる「マリス砲」と言うテクニックで、ショット火力もさらに増大した火力重視のチーム。ただし精密動作がしづらく、マリス砲がそれに拍をかけている。
アリスボムが通常スペルラストスペル共にイマイチなのが欠点。逆に魔理沙ファイナルスパークは威が高すぎてオーバーキルを頻発するので、基本的にボムは全てマスパに注ぎ込む形になる。





十六夜咲夜
レミリア・スカーレット
アイテムの落下速度が遅い。(咲夜
ボムの「抱え落ち」をするとボムアイテムが1個出る。
咲夜ショット火力が低く、レミリアボムが使い難いというお互いが欠点を抱えたチーム
本作のボムは、敵のスペルカード中に放つと威が約3倍になる共通システムがあるのだが、レミリアのみそれがいという重大な欠点がある。
それに加えて咲夜ボムはサーチで、敵の使い魔に釣られて一部が変な方向に飛んで行ってしまうことがある。(ボス戦ではいが)局面によって人間妖怪の使い分けが大事。





魂魄妖夢
西行寺幽々子
人間ゲージ50%しかない。(妖夢
ステージクリア時にボムが2個以下だと、1個補充される。
扱いづらいが強ショットボムを備えた妖夢、使い易いが威が出ない幽々子。他の3組は人間側(=高速移動担当)が広範囲ショット妖怪側(=低速移動担当)が一点集中ショットになっているが、冥界組だけはショットの担当が逆というのも特徴。
ボム補充の特殊も強で、ボムの管理がきちんとできるならかなりの数のボムを撃つ事ができるため、独特な操作のコツを掴めばクリアラーにも向く。
ただし、その性質上Exでは全く意味のい特殊になっているのが難点。
基本は妖夢でばっさばっさと敵を切り捨てながら、手の届かないところは幽々子でフォローしていくことになる。幽々子ラストスペルが本作屈の威なのもポイント

※自機ペアの名称「◯◯の◯◯組」は通称で正式名は「◯◯の◯◯チーム」。

本作で導入されたシステム


ラストスペル(自機)、決死結界


以前から存在していた「食らいボム」の発展系として導入されたシステム。被弾すると「決死結界」と言うものが展開され、一だけ時間が停止する。時間停止中にボムボタンを押すと、2ボム消費して専用の強スペルカードを発動させる事が出来る。決死結界の持続時間は状況によって長くなったり短くなったりし、条件次第では2近く続くという食らいボムにあるまじき長さを誇る。

これらのラストスペルは通常のスペルカードの強化版という位置づけで、大抵は威が高くなっているが、基本的には1回のラストスペルより2回ボムったほうが良い為、狙って撃つのは推奨されない。あくまでミス救済要素のひとつと言える。
単独操作の場合は自分が持っているラストスペルを発動するが、人妖タッグの場合はパートナーが助けに入るという位置づけなので、操作していない相方ラストスペルが発動する(霊夢タッグ霊夢操作時にラストスペルを撃った場合、の「界「永四重結界」」が発動)。

なお、ラストスペルでない従来どおりの食らいボムも存在する。受付時間が決死結界が出る前のほんの数フレームとても短いので、狙って出せるような代物ではないが…。

なお、ボムトックが1個しかない場合は、1個消費で使用でき、コストパフォーマンスが上がる。さらに、咲夜レミリア組は「ボムをストックしたままミスした場合、ボムアイテム放出する」と言う特性があるため、圧倒的にこの1ボムラストスペルを狙いやすい。……まぁそれでも、普通ボムった方が安定するけど。


ラストスペル(敵)


一定の条件を満たす事で、そのステージボスが最後の手段として使用してくる。敵のラストスペル中はボム使用不能状態になり、ミスをしても、自動で「ディゾルブスペル」が発動し引き分けに終わり、デメリットい。また、ラストスペルを撃破してもボスパワーアップアイテム、点アイテム等を落とす事もない為、全にやりこみ要素の一つ。

条件は、5面までのボスは「ノーマル以上の難易度である事」「そのボスの最後のスペカ撃破の時点までに、そのステージの刻符のノルマを達成している事」の2つ。6A面ボス八意永琳は撃破すると自動的に使ってくる。6B面ボス蓬莱山輝夜は、撃破すると永夜返しという5つのラストスペルを使ってくる。ただしこれは被弾するたび、残り時間が半分以上なら1時間、半分以下なら30分時が進み、タイムリミットの5時になってしまうとその時点で残りのラストスペルは使わずに終了する(時の経過については後述)。


フルパワー未満の状態での画面上部でのアイテムの自動回収


永夜抄ではフルパワー未満の状態での画面上部でのアイテムの自動回収は詠唱組だけの特権だと思われがちだが、他の自機でも画面上部で低速に切り替えることによってアイテムの自動回収が可フルパワー未満での画面上部でのアイテムの自動回収は永夜抄以降の東方にも導入されることになる。


スペルカードプラクティス


本編ストーリーモードで登場した敵スペルカードを、個別に練習出来るモード。敵ラストスペルと同じ状態になり、ボム使用不能状態で純に避け方を練習する事が出来る。また、条件を満たす事で、本編とはべ物にならない高難易度スペルカードラストワード」が登場していく(BGM東方妖怪小町)。


妖率と逢魔が時


人間を操作する人間操術(高速モード)で動かしているとマイナスに、妖怪を操作する妖怪操術(低速モード)で動かしているとプラスに傾いていくゲージ。±100%まで存在し、±80%を突破すると「魔が時」と言う特殊状態になる。ショットを撃っていると徐々に操作しているキャラの側に傾いて行き、敵を撃破したり刻符を取得するとその分さらにゲージが移動する。敵の使い魔を破壊すると一定量ゲージが逆に0に近づく。スペルカードを使うと強制的に発動した側の100%になる。
-80%以上(人間側の魔が時)では「敵にショットを当てるたびに追加の刻符が発生する」と言う特典が得られる。80%以上(妖怪魔が時)だと「ボス戦時のみ、敵弾にかすると刻符が発生する」「ショットの攻撃が上がる」と言う特典が得られる。

基本的に-100%100%まで存在するが、冥界組のみ人間側が-50%しかなく、-30%魔が時になる(冥界人間担当の妖夢が「半人間」扱いのため)。単独操作の場合は、人間キャラだと-100%20%妖怪キャラだと-20%100%となり、反対側の魔が時にはなれなくなる。しかしここでもやはり妖夢だけは「半人間」であるため-50%50%となっており、両方の魔が時になる事が出来る。


次へ»
最終更新日: 16/10/14 23:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ