ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


東武ED101形


ヨミ: トウブイーディーヒャクイチガタ

東武ED101形とは、東武鉄道が保有していた電気機関車である。


概要



東武時代


1928年製造、1930年就役。イングリッシュエレクトリック社製。ED101一両のみの存在で、蒸気機関車ばかりであった当時の東武にとって一の電気機関車であった。貨物列車の牽引のほか、客を牽いて団体列車にも使用された。

外観は当時の鉄道電気機関車に近いが、若干屋根が深いあたりに東武らしさを感じることができる。

1944年の総武鉄道現在野田線)の合併により、一の電気機関車ではなくなったもののとして活躍し続け、1955年電気機関車一斉番によりED4000形ED4001となった。

しかし、貨物列車の減少により、老朽化が進行していた本形式は次第に暇を飽かすようになり、1972年された。


近江時代


その後、キリンビール専用線の輸送量増加のため電気機関車を欲していた近江鉄道に譲渡され、1973年就役。この際電装品が近江鉄道お得意の産品に交換されたが、元々ED14やED31の予備として割り切られていたようで、シールドビーム化等は未施工である。

多賀大社前駅から伸びていた大阪セメント専用線で使用されたが、1986年貨物列車により休となる。

その後、2004年に除籍されながらも長らく根工場で野外放置プレイ状態留置されていたが、2007年近江鉄道ミュージアム開館により他の電気機関車とともに再塗装等の整備のうえ展示された。


保存


ところが、2009年東武博物館リニュアルオープンに伴いED4001の里帰り&展示が決定し、同年1月東武博物館へ搬送、登場当時の姿に復元のうえED101形ED101として展示されている。


関連コミュニティ


■co113921
■co1627928


関連項目


近江鉄道車両引退車両斜体で表記)
車両: LE10形 - 1系・131系 - 100形 - 200系・203形 - 500系 - 220形 - 700系 - 800系・820系 - 900系
電気機関車:  - ED31ED4000形(今ここ) 

最終更新日: 13/06/22 15:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ