ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


松中信彦


ヨミ: マツナカノブヒコ
掲示板をミル!
96カキコ!

松中信彦(まつなか のぶひこ、1973年12月26日-)とは、熊本県出身の元プロ野球選手左翼手一塁手)である。


概要


OB
松中信彦
基本情報
日本
出身地 熊本県八代市
生年 1973年12月26日
身長
体重
183cm
95kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 外野手一塁手
プロ入り 1996年ドラフト2位
引退 2015年
経歴
際大会
代表チーム 日本日本
五輪 1996年2000年
WBC 2006年
プロ野球選手テンプレート

小学校から野球を始める。

1996年ドラフト2位(逆名)で福岡ダイエーホークスに入団。背番号26。この年のドラフトでは、ホークス1位井口資仁(現・千葉ロッテマリーンズ)、3位で柴原洋という玉選手をって獲得。「反則ドラフト」と言われた。


プロ入り後


入団当初こそ木製バットへの対応に苦しんだが、3年1999年一塁手レギュラーを獲得して23本塁打を放ち台頭。


2000年背番号3に変更し自己最高の成績を残してパ・リーグMVPを獲得。以降、不動の中軸打者として城島健司井口資仁らとともにダイエーの強打線の中核を担う。


2004年には1986年落合博満以来となる三冠王を達成(現在でも現役選手では一)。レギュラーに定着した1999年以降で打率3割以上7回、30本塁打以上5回、100打点以上5回を記録。2003年打点王、2004年三冠王2005年本塁打打点王、2006年首位打者と、4年間で打撃7タイトルを獲得するなどパ・リーグ最強打者として名を馳せる。

しかし2004年2005年プレーオフで大不振に陥り、結果としてホークスは2年続けてレギュラーシーズン1位通過しながら優勝を逃した。打撃不振の結果ベンチで呆然とする様は「秋の風物詩」と揶揄された。


2006年の第1回のWBCではとして活躍、13安打は大会最多記録で、1試合多い。第2回WBCでの最多記録12安打青木宣親ら)よりも多い。


2007年は故障の影もあってかシーズンを通して大不振に陥り(打率.266、15本塁打68打点レギュラー定着後最悪の数字)、年俸5億円の7年契約(の2年)だったこともあり「5億の置物」と揶揄される。トレードで獲得した多村仁FAで古巣に復帰した小久保裕紀との「TMK」が全く機しなかったことも、ファンの不満を高めた。


2008年も開幕当初は不振だったが、打順を4番から3番に移してから調子を上げ、しばらくは打率3割を維持、3年ぶりに20本塁打え復調したかと思われた。しかし、9月チーム大失速と一緒に成績も再び下降線を辿り、最終打率は.290。敗れれば最下位が決まる東北楽天ゴールデンイーグルスとの最終戦では、0-0の延長12回表に一死一塁二塁から初球併殺打に倒れ、王監督ラストシーズンの最後の打者になってしまった。試合はその裏サヨナラ負けで最下位が決定。秋の風物詩2008年も健在であった


2009年、第2回WBC日本代表補にも選ばれており、原辰徳監督は4番に置く構想を表明していたが、左足のアキレス腱を痛め最終メンバーからは落選してしまった。レギュラーシーズン軸として奮闘。通算1500安打1000打点を記録するなど節の年にもなった。マツダオールスターゲーム2009第2戦においては2打席連続ホームランを放ち、ホークスでは1994年秋山幸二以来14年ぶりのMVPを獲得。シーズン後半には、ヒザの故障が悪化し満足に走れない状態に陥るが、培った技術だけでヒットを積み重ね中軸として出場し続けた。しかしクライマックスシリーズ(以下、CS)は治療のため出場を断念。チーム楽天に敗れた。


2010年は先述の手術の影もあり、開幕を二軍で迎える。ヤフードーム開幕戦で一軍登録されるも、リハビリによる練習不足や故障などが災いし、79試合しか出場できなかった。チームは7年ぶりにリーグ優勝したが、CS敗退で日本シリーズに出場できなかった。


2011年チームの大補強でスタメンすら保されない厳しい立場に追い込まれるが、序盤は代打の切り札として存在感を発揮。内川聖一の戦線離脱時は代役の3番に入ると好調な打撃で見事にそのを埋め、小久保裕紀の離脱時は4番を務めた。全復活を感じさせる好成績で終盤まで軸として奮闘するが、9月死球で右膝を折して戦線離脱。最終的に88試合の出場に留まったものの、打率.308、12本塁打36打点OPS.887。見事な復活を印づけた。

9月埼玉西武ライオンズ戦の死球後、復帰をリハビリを続けるが、病院ファンから中は復帰しない方がいい、その方が勝てる」との言葉を浴びせられる。当初は首中のクライマックスシリーズ登録は見送る方針だったが、本人の直訴もあって代打要員としてベンチ入り。そして迎えたファイナルステージ第2戦、3-2とリードした8回裏ツーアウト満塁代打として登場、牧田和久の初球をライトスタンドポール際中段へ叩き込む代打満塁ホームラン。不振にあえぎ、秋の風物詩と揶揄された7年間の憤をらし、チームの呪縛を全に解き放った。第3戦では延長12回表が終了し、引き分け以上が確定しクライマックスシリーズ突破が決まった間、喜びのあまりまだ試合が終わっていないにも関わらずひとりだけベンチを飛び出すフライングファンの涙と笑いを誘い、試合後には秋山監督、孫オーナー小久保裕紀キャプテンに続いて胴上げされた。その後の日本シリーズに出場したチームは、8年ぶりの日本一いた。


2012年は開幕を4番で迎えたものの、7月16日オリックス・バファローズ戦で本塁打を放った際に左足を痛めて2ヶ以上戦線離脱するなど故障が続いたこともあって65試合の出場に留まった。


2013年秋山幸二監督の起用法に不満を抱き、セ・パ交流戦の優勝セレモニーを欠席。懲罰としてシーズン終了まで二軍で過ごす羽になった。


2014年は一軍と二軍を行き来し、チームが上位を行く中で打率.111、0本塁打、4打点と結果を残せなかった。


2015年工藤公康監督の方針で優勝決定まで一軍昇格の機会を与えられず、翌年の戦構想から外れていることを伝えられる。事実上の引退勧告だったが、本人はこれを蹴って他球団での現役続行をすことに。しかし一軍の消化試合では15打数1安打と結果を出せず、退団後は他球団に自ら売り込みをかけたが、結局オファーがあったのは独立リーグからだけだった。最終的に2016年3月1日ブログで現役引退を表明した。


プレースタイル


三冠王を初めとして数々の打撃タイトルを獲得し、ダイエーホークス黄金期を支えた大打者であることは疑いない。2011年CSでの満塁本塁打オーバーランは球団史上に残る名場面のひとつである。その一方、2004年2005年プレーオフでの大不振や2008年ストレート 140km/h 真中中央 ゴロ(二併打)など肝心のところで打てなかったイメージや、現役晩年のトラブルもあり、何かと毀誉褒貶がしい。

2009年1月29日に地元・熊本県八代市にある新八代駅前の物産館となりに松中信彦スポーツミュージアムが開館した。

打ちの名人と呼ばれ、普通は詰まるかファールになる厳しい内球をスタンドインさせ相手投手を恐れさせた。彼が打席に立つときは相手チームは、三塁線を広く開け、遊撃手が二塁後方、三塁手遊撃手の守備位置を守るという所謂「シフト」をしかれる。彼の打球が基本的に引り気味~センター返しが多数を占めるためではあるが、その間をゴロで抜いたりする。

ホームランバッターであると同時に選球眼にも非常に優れ、往年の破壊はなくなった現役晩年もその選球眼は健在で、然と四球を選んで一塁へ歩く様は「」と言われた。

守備では元々の本職は一塁手ゴールデンラブ賞を獲得したこともあるが、膝や肘の不安もあって2005年頃からは指名打者での出場が増えた。また2005年フリオ・ズレータとのポジションの兼ね合いで、苦の策として左翼手を守らせたところ難にこなしたため、それ以降は左翼を守る機会が増え、2009年からは外野手登録になっていた。2012年から出場機会をめて一塁の練習を再開し、2013年からは再び内野手登録となった。


人物


称は「ボブ」。ヤクルトに所属していたボブ・ホーナーに似ていたため。

王貞治監督から「(城島健司移籍後)君にばかり負担をかけて苦しい思いをさせ、申し訳なかった」と言葉をかけられ、涙した。


応援歌


球団 レス No プレイヤー
ソフトバンク 応援歌のピコカキコ一覧#59 8607

成績



年度別打撃成績



次へ»
最終更新日: 18/08/03 14:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ