ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


松井恵理子


ヨミ: マツイエリコ
掲示板をミル!
309カキコ!

松井恵理子(まつい えりこ)とは、日本女性声優である。アイアムエージェシー所属。


概要


愛知県出身。1989年3月8日生まれ。特技はトランペット趣味麻雀イラストとのこと。(公式プロフィールより。ただし麻雀に関しては、2017年末時点で久しく遊んでいないらしい)
身長160cm血液型B型、足のサイズ22.5cm

代々木アニメーション学院声優タレントコース卒業後、現在事務所の付属養成所に入り、声優活動をスタート
2010年ごろからゲームドラマCD吹き替えなどを始め、2012年ドラえもんアニメデビュー2014年未確認で進行形夜ノ森紅緒アイドルマスターシンデレラガールズ神谷奈緒で一気に知名度を上げる。
お姉さんキャラを中心に可愛い役から青年役まで幅広くこなすが、紅緒えとたまのモ~たんでへんたいに定評ができてしまった。

2016年10月徳間ジャパンからメジャーデビュー[外部]。同時期に音泉にて冠番組も始まり[外部]2017年1月にはオリジナルアルバム「にじようび。」にて、本人名義での歌手デビューを果たした。


人物


趣味イラストはかなりの腕前で、イラストテーマにしたラジオ「まイラぶストりーと」のパーソナリティーに抜されるほど。
その絵はブログツイッターで見る事ができる。

両親、特に父親アニメ好きで、子供の頃からアニメを見て育ち、小学校3,4年ごろの文集に声優になりたいと書いていた。4つ離れたがいる。家族全員オタク
名古屋で生まれたが、転勤族で引っ越しが多く、東京大阪浜松名古屋に住んだ事があり、一番長く住んだのは愛知県蒲郡市で、方言三河弁
ブログタイトルの「愛言葉じゃんだらりーん!!」は、三河弁語尾「~じゃん」「~だら」「~りん」からとっている。

安定した会進行ツッコミをほこり、どんな現場でも放り込んでおけばまとまる。
その様子は酔いにゃすぱるにゃすシグマセブンの爆弾ゆーきちを一度に相手にした未確認で進行形(→カッターは不憫)や、俳協の最終兵器りえしょんと共演したえとたまなどで確認できる。
ただし本人は、ちゃらんぽらんで人をまとめるのはそんなに得意ではないと言っている。

笑いが大きく、笑うとが細い恵須顔になる。
本人は笑いうるさい事を気にしていたが、今はチャームポイント笑顔をあげるなど、徐々に受け入れている様子。

好きなものはアニメそうめん少女漫画うさぎいちご和菓子
アニ雑団を筆頭に、フリートークでよくアニメの話をしている。アニメの話をするとすぐ人と仲良くなれる。好きなアニメは、天元突破グレンラガンヒカルの碁ママレード・ボーイテニスの王子様フルーツバスケット、などなど。
はおかずしで食べられる。他の女性声優からも「細すぎる」と心配されるほどの体だが、本人いわく「特に人より小食というわけではない」とのこと。そうめんばかり食べるが、「そうめんには思ったよりカロリーがあるんだよ!」と弁明している。

嫌いなものはお化け屋敷(ホラー)、ヘビ、寒さ。
お化け屋敷は驚かされるのが苦手で、怖い話を聞くのはわりと大丈夫との事。アニメ大丈夫
ヘビ子供の頃にの前で巨大なヘビに遭遇して以来のトラウマ写真なども苦手。なんで足もいのに動くのかわからない。


愛称


あだ名がとても多いのが彼女の特徴で、ラジオイベントのたびにあだ名がどんどん増えていく。もはやアダ名を増やすのが趣味になっている。定着はしたりしなかったりする。

名付けられたラジオイベント
エイリー まおゆう魔王勇者
カッター 未確認で進行形
まつえり シンデレラガールズ
こえり 俺の屍を越えてゆけ2
まっちゃん ログ・ホライズン
えり嬢 アニメマシテ/半熟少女
カッター 半熟少女
まっつん ガールフレンド(仮)
まつきゅん えとたま
エリオット 猫ブース鬼パーセント芋!!
カカオット 猫ブース鬼パーセント芋!!(3回~)
エリーマーフィン すずまお
えりこさん レーカン!
りこちゃん ミリオンドール
えーこ まイラぶストりーと
CINDERELLA PARTY!
まーじゃん CINDERELLA PARTY!
まっつー はがラジ
えりちゃん 松井恵理子・松嵜麗の声優アニ雑団
マツ先輩 ウマ娘
棒ちゃん ライブダムカンパニー
おっとっと 松井恵理子・松嵜麗の声優アニ雑団(51回)

カッター

彼女の代表的なあだ名のひとつ「カッター」。
・・・どこをどうとってカッターになったのかと言うと 恵理子→えり→えいりー→鋭利→カッター
名づけ人は「未確認で進行形」で共演した吉田有里
2013年10月ニコ生で行われた「未確認で進行形制作発表で、演3人(照井春佳、松井恵理子、吉田有里)の称を決めることになったときに、吉田が提案したのがきっかけ。
出演者三人の案+視聴者の案(コメントの中から出演者が選ぶ)一つの4つの選択肢の中から、投票で決める形式だったのだが、斜め上の発想とインパクトからか、「カッター」が過半数を獲得した。
さすがにどうかと思われたのかその後選択肢を6つに増やした上でアンケートしたが、今度は60を取った。

ほぼ悪ノリの産物みたいなものなので、今後定着するかどうかはわからないが、本人は当初渋りつつも、最終的に「もういいよカッターで」「なんか楽しくなっちゃった」と発言している。半ばヤケクソ気味に。

その後のニコ生では、「カッターでよカッター、松井恵理子です!」という挨拶を恒例にしている。
それでいいんですかカッターさん。


出演



テレビアニメ



OVA



映画



ゲーム



次へ»
最終更新日: 19/09/09 10:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ