ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


松本山雅FC


ヨミ: マツモトヤマガフットボールクラブ
掲示板をミル!
51カキコ!


松本山雅FC
とは、長野県松本市などをホームタウンとする、Jリーグ所属のサッカークラブである。

チーム称は「ターミガンズPtarmigans、さらに略して「ガンズ」)」で、長野県の県である「雷鳥」を意味する。
なお、今のところ称をチーム名称に入れる予定はい。


概要


日本プロサッカーリーグ
松本山雅FC
基本情報
創設 1965年
クラブカラー
本拠地 松本広域公園総合球技場(アルウィン)[長野県松本市]
ホームタウン 長野県松本市安曇野市山形村、塩尻市
前身クラブ SC
プロサッカークラブテンプレート

チーム初のJ1となる2015年で創立50周年を迎える歴史あるチームJリーグ標に掲げたのは最近で、そのきっかけの一つに、日韓W杯キャンプ松本を訪れたパラグアイ代表GKチラベルトの存在がある(後述)。

松本市アルウィン(Alwin)を本拠地としている。アルウィンの名はアルプス(alps)とウィンド(wind)を組み合わせたもの。空港が近いことからスタンド込式で屋根のカバー率は低い。でも試合が始まればそんなこと気にしない。

チームカラー緑色。発足当初もだが何度も変更を繰り返していた。1991年読売サッカークラブ(現:東京ヴェルディ1969)のような強いチームして固定された。緑一色に染まるスタンドアルプスの山々によく映える。


歴史



”山雅” ~発足から黎明期~


1965年に山サッカークラブとして創設。この「山」という名は、創設時のメンバーの行き着けだった喫茶店の名前から由来する。店が「山」と「優」を組み合わせて命名したもので、北アルプス登山趣味とする人が多く集まる店だったという。残念ながらこの喫茶店現存していない

北信越リーグ1975年に発足されて以来、一度も長野県リーグに落ちることなく35シーズンも在籍していた。ディビジョン制が敷かれて以降は2年間ほど2部に在籍していたが、その後は1部で優勝争いに常に加わるようになる。


”J”を目指す「アルウィンスポーツプロジェクト」


日韓W杯開催を控えた2002年松本市がパラグアイ代表を誘致した。アルウィンを拠点にキャンプをしていたところ、チラベルトが「素晴らしいスタジアムがあるのに、なぜプロクラブがないんだ?」とコメントした。これを契機に松本プロサッカークラブを作る機運が高まった。

2004年NPO法人アルウィンスポーツプロジェクト(ASP)を運営体とし、将来のJリーグ参入をクラブとなる。翌年にクラブ名を「松本山雅FC」へ変更し、新たなスタートを切った。

内のインターネット環境が整ってきた00年代後半、山は県内のライバルであるAC長野パルセイロとともに、一部のコアサッカーファンには知られる存在となっていた。その理由として…

の2つが挙げられ、且つ地味立っていた

そういうこともあり、山とツエーゲンがJFL昇格で抜ける前までの北信越リーグ1部は、世界一駄に熱いアマチュアリーグと称されたのだった。

天皇杯、レッズ戦で大金星

さて、そんなこんなで北信越リーグ1部でもがく山に対しわずかに差したが、2009年に行われた第89回の天皇杯である。この年のリーグ戦を4位で終えてしまった山は4度天皇杯出場となり、しかも1回戦と2回戦がホームグラウンドである松本広域公園総合球技場(通称「アルウィン」)で行われることになった。特に2回戦の対戦相手はシード浦和レッドダイヤモンズで、彼らと対戦するには初戦の相手である当時格上のFC刈谷に勝たねばならなかったが、1-0で難なく勝利した。

ついにいよいよお待ちかね浦和戦、当時は14494人もの観戦客が入り、大挙で押し寄せてきた浦和サポーターに負けず劣らず、山側のサポーターファンも多く訪れた。


■sm8491279[ニコ動]

肝心の試合はというと、本選手の前半12分のループシュート阿部選手の後半72分にきた相手のクリアミスをそのままシュートしてそれぞれ得点し、何と2-0の完封勝利してしまった。また、地域リーグ所属クラブJ1所属クラブ勝利したのは、天皇杯では初のことであった。ちなみに3回戦FC岐阜戦は1-4と敗した。

それでもJ1の名門クラブを破ったことは大きな自信となり、これをきっかけに地域リーグ決勝大会への出場の可性が残されていた全社会人サッカー選手権大会で優勝し、出場権を獲得。その後の地域リーグ決勝大会では決勝ラウンドまで進み優勝、JFLへの自動昇格を手にしたのだった。

■sm9020686[ニコ動]

なお、この決勝ラウンド、全試合アルウィンで行われ、入場者数が1万人を越えたという。まさに大会史上伝説となった回であると言えよう。


JFL時代(2010年~)


2010年シーズンJリーグ準加盟が承認された山は初めてのJFLを迎えた。これがクラブ歴史上、初の全リーグということもあり、苦戦の連続は免れぬことだろうと思われていた。しかし、蓋を開けてみれば、波のしさは一旦あったものの、後期になるとツボに入ったかのような快進撃をみせ、特に新JFLに初昇格したクラブとしては初めて、「Jへの門番」ことHonda FCからホームとアウェイの両方での勝利を収めた。結果、7位に終わったものの、最後まで上位争いに絡められた。また、天皇杯では2回戦にてヴァンフォーレ甲府に0-1と敗退し、3大会連続でのジャイアント・キリングは成し遂げられなかった。

この1年を通じて、課題も明確となり、J2昇格へ繋がることを予感させたシーズンであったと言えるだろう。

また、7月にはASPに代わり株式会社松本山雅が運営体となった。

2011年:J2昇格を決める

JFL優勝・J2昇格を標に掲げた2011年。山ロアッソ熊本から渡辺水戸ホーリーホックから3年ぶりの復帰となる片山人を補強。そして横浜F・マリノスから元日本代表の松田直樹というビッグネームが加入し、シーズン前から大いに盛り上がった。

しかしシーズン前半の成績は低迷、6月には監督解任という事態になってしまう。
監督解任後、チームは復調しさあこれからという矢先の8月チームを支えてきた松田直樹心筋梗塞で倒れそのまま亡くなるという暗いニュースチームに襲い掛かってしまう。

それでもチームは「山J2に連れて行きたいと言っていたマツのためにもJ2に行こう」で一致団結
11月JFL後期第14節でブラウブリッツ秋田に負け自昇格がなくなり昇格は絶望的と言われていたが、そこから5連勝し昇格圏まで上り詰め、ついに2011年12月4日J2昇格の基準を満たす4位以内を決めた。それまで上位にいたV・ファーレン長崎栃木ウーヴァとの連戦で引き分け、負けで失速したためである。

昇格のニュース長野県テレビ局すべてで夕方のトップニュースで扱われた。また、松本市では号外が配られた。

J2昇格へは成績のほかにホームスタジアムの規模や設備(椅子席1万以上など)、クラブ財政(債務過でないことなど)、観客動員数(1試合3000人以上)等々の基準を満たさないといけないが、山ホームアルウィンが定員約2万人の専スタ(J1規格)、財政面はおおむね良好で債務過なし、2011年度の均観客数はJFLでは破格の7461人(J2均が6244人なのでこの数字は驚異的)と諸問題をほぼすべてクリアしている。そしてJFL最終節翌日の2011年12月12日山雅のJ2昇格が正式に承認された。[外部]


J2参入(2012年~)


監督アルビレックス新潟湘南ベルマーレ、そして北京オリンピックサッカー日本代表監督の経験を持つ反町康治を招聘。この年からJ2は3位~6位が参加できるJ1昇格プレーオフスタートしたが、松本山雅はいきなりそれに絡む躍進を見せる。残り3試合で6位との勝ち点差が5というところまで追い上げたが最後に尽きて12位という結果に終わる。それでも、2000年水戸ホーリーホックJ2に参入してから初めて、昇格初年度で勝ち越すという偉業を成し遂げた。観客動員はさらに増えて1試合均は9500人をえ、リーグ3位の数字を叩き出した。

2013年も反町体制を継続。前半戦こそ調子が上がらなかったが、場から追い上げを開始。今度は最終節まで昇格プレーオフ進出の可性を残した。最後は得失点差で涙をんで7位という結果だったが、他会場でロスタイムゴールが決まるまでは6位だったというまさに一重で届かなかったプレーオフであった。観客動員はついに均1万人の大台に乗せた(11,041人)。J1経験のクラブとしては最高の数字である(というか、J1ジュビロ磐田湘南ベルマーレよりも高い数字)。

One soul ― 悲願のJ1昇格

反町体制3年2014年シーズンは、地元松本市出身の田中磨が加入。先輩である松田直樹のつけた背番号3と、彼が果たせなかったJ1昇格への想いを継承した。

シーズン開幕後は順調に勝ち点を重ね、前半戦を3位で折り返す。後半戦に入っても好調を維持し、場は12試合負けなしを記録した。走るサッカーを掲げる山はまさにシーズン終了までリーグを駆け抜けた。

11月1日の第39節、アビスパ福岡J1昇格を懸けた一戦。持ち前の運動量から2点を挙げた山が、福岡の反撃をPKによる1点に抑えて逃げ切った。この勝利で自動昇格圏の2位を確定させ、遠く松本から詰めかけた多くのサポーターの前で、悲願のJ1昇格を決めた。Jリーグして約10年のチームは、J2を史上最速の3年で通過し、トップリーグへと上り詰めた。

その後開かれたJリーグの理事会で、山雅のJ1昇格が満場一致で承認された[外部]


創設50周年、雷鳥は頂を目指す


2015年シーズンも引き続き反町体制が敷かれ、強相手にどんなサッカーが展開されるのか注が集まる。


その他



次へ»
最終更新日: 15/06/10 23:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ