ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


松永幹夫


ヨミ: マツナガミキオ
掲示板をミル!
3カキコ!

松永幹夫とは、日本中央競馬会(JRA)の調教師、元騎手である。

現役時代は甘いマスクと優しき心を持ち、「ミッキー」の称で親しまれた元祖イケメンジョッキーデビュー直後から多くの女性ファンがついた。調教師になってもその甘いマスクは変わらない。


騎手時代


JRA競馬学校の第2期生。同期横山典弘熊沢重文などが居る。1986年デビューし、引退まで山本厩舎に所属した。

初騎乗は1986年3月1日、初勝利は同年3月23日(いずれも阪神競馬場)。1988年函館3歳ステークス(現・函館2歳ステークス)でサザンビーナスに騎乗し重賞初勝利1991年優駿牝馬(オークス)で、「裸足シンデレラ」ことイソノルーブルとのコンビG1勝利を挙げた。

1996年調教中に落肝臓を摘出する事故を負ったが、後に復帰し翌1997年には自己最多の101勝を挙げるにまで回復した。

2005年にはヘヴンリーロマンスに騎乗し天皇賞(秋)を制覇。所属の山本厩舎のJRAG1勝利エアグルーヴ以来のでの優勝3連単の配当が100万円をえる、競馬での勝利など記録づくめとなった。

2006年調教師試験に合格、38歳でを置く事になった。同年の阪急杯、ブルーショットガンを15頭立て11番人気で制し、続く最終レースフィールドルージュ勝利、この勝利JRA通算1400勝、有終の美を飾った。


調教師時代 


恩師の山本の後を継ぎ、2007年3月1日松永厩舎を開業。初勝利は中競馬第7競走のアグネススピリッツで、ジョッキー同期横山典弘だった。2009年ダンスアジョイで小倉記念を制し共々重賞初勝利、同年の秋華賞レッドディザイアG1勝利を飾った。


競馬の神様に愛された男


上記の落事故からの復帰後、第1回の秋華賞ファビラスラフインとのコンビ勝利1997年にはキョウエイマーチ桜花賞制覇。後に二冠を達成するメジロドーベルを制しての勝利だった。2000年にはチアズグレイス桜花賞を、ファレノプシスエリザベス女王杯を制した。このように限定戦で活躍する事が多かった為「松永(ミキオミッキー)」と呼ばれた。

ヘヴンリーロマンスでの天皇賞(秋)制覇は、松永自身、限定戦以外のでのG1勝利である。初の競馬となった同レースだが、メインスタンドの来賓席で観戦していた天皇皇后陛下上からヘルメットを脱いで敬礼した。レース後、「天皇賞で勝ったのが自分らしい」とコメントした。

騎手時代は小倉競馬場以外で重賞を制覇している。騎手時代に勝利できなかった小倉競馬場での重賞を調教師になってからダンスアジョイで制した。エース格のレッドディザイアも、ライバルブエナビスタを前に、桜花賞オークスとあと一歩の所で勝てなかった。しかし、秋華賞ではブエナビスタに競り勝ちG1勝利騎手時代にファビラスラフインで制した同じレースであり、レッドディザイアとしても前戦のローズステークスではブロードストリートに負けて「ブエナビスタが居なくても2着」と言われていただけに嬉しい勝利となった。レッドディザイアはその後ドバイのマクトゥームチレンジラウンド3(G2)を日本として初めて制している。

とにかく競馬に関しては色々持っていると言えよう。マスコミファンは、上記のエピソード等から彼を「競馬神様された男」と呼ぶ。そしてそれが絵になるからミッキーはかっこいい。


その他



関連動画


ミッキーかっこいいよミッキー


■sm6463406[ニコ動]

■sm8553015[ニコ動]

■sm4993126[ニコ動]
■sm7824306[ニコ動]

■sm3812274[ニコ動]


関連商品


松永幹夫に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


松永幹夫に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 16/05/10 22:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ