ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


板尾創路


ヨミ: イタオイツジ
掲示板をミル!
49カキコ!

板尾創路とは、コメディアン俳優である。お笑いコンビ130Rボケ担当。


概要


1963年大阪府富田に生まれる。

芸人に憧れ、10代の頃にケーキを持って島田紳助にいきなり押しかけ、子入りを志願したことがある。当時すでに紳助には子がいたため断られるが、同時に吉本総合芸学院(NSC)への入学を勧められ、後に同校の4期生として入学した。

NSCでは「ホンコンマカオ」というコンビを経て、蔵野孝洋(現・ほんこん)と「蔵野・尾」→後の「130R」を結成。当時ダウンタウン会を務めていた「4時ですよ~だ」には、後期にレギュラー入りを果たす。その後、1991年より『ダウンタウンのごっつええ感じ』への出演を機に全区に名が知られるようになる。同番組内では「係長」に始まる「○○シリーズ」、「シンガー尾」などのコント人気を博す。

1994年18歳以上と歳を偽っていた当時14歳少女と淫らな行為を行っていたことが発覚し逮捕。一時騒動となるも松本人志らの働きかけにより年内での自粛で済む。その後も不倫DMでのナンパ騒動が取り沙汰されるなど性欲は強い模様。

シュールな発想が特徴で、『~ごっつええ感じ』内のシリーズ企画ごっつ車窓から」などでもその飛び抜けた発想を遺憾なく発揮する。また『ダウンタウンガキの使いやあらへんで』の恒例の罰ゲーム企画「笑ってはいけない○○シリーズで独特な世界観を持った笑いを提供している。

最近では俳優としても活動している。演技も高い評価を受けており、存在感のある怪演でドラマ映画内で重要な役柄を演じることが多い。共演したことのある原田芳雄からは「尾は良すぎる」と手放しの賞賛を述べられたほか、松尾スズキは自身の著書にて「(尾は)お笑い芸人のなかでは圧倒的に芝居が上手い」という記述を記している。また2010年1月16日開の『板尾創路の脱獄王』で長編映画監督デビューを果たした。

プライベートではド天然でありミステリアスであり、が多い人物であるのだそう。


関連動画



■sm2582625[ニコ動]

■sm35095650[ニコ動]


関連静画


■im4256716(静画)
■im10250814(静画)


関連商品


■azB0012QCVYE
■azB000QUUGM6


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 20/11/13 04:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ