ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


栃木県


ヨミ: トチギケン
掲示板をミル!
463カキコ!

栃木県とは、北関東に位置する日本都道府県の一つである。

ニコニコテレビ栃木 概要

県庁所在地宇都宮市である。たまに勘違いされるが栃木市ではない。

地域ブランド調査[外部]にて他の北関東の県とワースト3を争うことなどから、日本一影が薄いフジテレビほか)といわれることが多い。

[画像を見る]
地理

[画像]
関東平野の北に位置し、北西の日周辺には日光連山などの山々がそびえる。面積関東最大だが存在感群馬といい勝負(ソースはない)。

遠いように思うが、東京都からは割と近い。都心から宇都宮までおよそ130kmであり、だと2時間弱(ぶっ飛ばせばもっといけど…)新幹線だと1時間弱で来ることができる。


隣接する県


群馬県
東北自動車道ではちょびっとだけ通過する。北関東道が開通したことでお出かけすることがより容易になった。
福島県
群馬及び福島との県周辺は日光国立公園尾瀬国立公園定されている。ただし、日光那須福島ではない。
茨城県
なし県の栃木県民は割とお世話になっている。小学生の時にの近くの施設で宿泊合宿をしたりする。
埼玉県
東京方面へ出かけるときにお世話になってます。県民にとってあこがれの地であることが多い。 

南東北


栃木県はたまに南東北と呼ばれることがある。「栃木って関東だっけ?東北だっけ?」「田舎っぽいから東北じゃね?」「じゃあ南東北か」見たいなノリで生まれたものと考えられる。栃木県民48の自虐ネタの一つだが、通用しない人もいるようだ。

また、東京MXテレビとちぎテレビで放映されていた「テレバイダー」という番組では、栃木県を常に南東北と呼んでいた。そのため、同番組を見ていた人間は栃木県を南東北と呼ぶことがある。

じゃあ、鹿沼のあたりは「西南東北」になるから大喜和でダブル役満、なんてことはない。


交通


栃木県は鉄道網はJR東と東武である。他に鉄道事業者は三社もあるが、すべて国鉄から転換された第三セクターであり、路線はどれも周辺部にある。
県内には複数鉄道事業者乗り入れかつ3路線以上が一つもない。これは関東一。

そのため県民のな交通手段は乗用車であり、普通免許保有率、軽自動車保有率はやはり似たような遇の群馬県に次ぎ全で五本のに含まれる。

ただ、宇都宮市では東西基幹共交通(LRT)「宇都宮ライトレール」の導入計画が着々と進行しており、野放図な開発による内交通の不便さが解消されることが期待されている。また、宇都宮市の中心部を巡回する循環バス「きぶな」では、2015年4月23日から11月30日までの間、声優でもあり宇都宮餃子PR特命アンバサダーでもある、「橘田いずみ」がアナウンスを担当している。

高速は、南北を横断する東北自動車道軸で、東西には北関東自動車道2011年3月19日に全開通している。また、有料道路としては日光東照宮の辺りまで走っている日光宇都宮道路もある。

鉄道路線


名所



日光東照宮


言わずと知れた徳川家康られている場所。県民は遠足で訪れることが多い。最近ではパワースポットとしても有名。現在平成の大修理中で、陽明門がその対現在は幕でおおわれており、少し残念な気持ちになるかもしれないが、普段では見ることのできないもの(陽明門の壁画)が見れるようなのでがっかりすることはないと思う。


日光二荒山神社


正式名称は「二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)」であるが、紛らわしいので日光を付ける。ちなみに日光は「二荒」を「にこう」と読んだものが始まりである。「じゃあ日光二荒山神社は二荒二荒山神社じゃないか!」とか騒いだりはしない。ちなみにいろは坂華厳の滝日光連山は全て内の一部である。また、世界遺産にも定されており、重要文化財や宝がゴロゴロしている。


男体山


栃木県の西のはずれにある山。華厳滝日光二荒山神社宮がある。県内のかなり広い範囲から視することができ、県民の歌や県内100以上の学校校歌の中でも歌われている。


岩船山


日本三大霊山、三大地蔵として名を連ね、特撮のロケ地の定番でもある山。足尾山地の最南端に位置する。この地で数十年に渡ってヒーローと巨悪の決戦ナパームによる爆破演出が行われてきた。もちろんその観も圧巻で、聖地巡礼以外の観光にもお勧め。山頂付近にある高勝寺は江戸幕府三代将徳川家光の側室宝院が帰依していたため、徳将軍護された。江戸幕府四代将軍徳綱は「岩舟地蔵の申し子」の渾名がある。暴れん坊将軍として有名な江戸幕府八代将徳川吉宗も岩舟地蔵の普及にを入れており、関東高野山と称された。


戦場ヶ原


日光国立公園内にある湿原である。なんだか物騒な名前だが、ちょっと前に群馬上野)と栃木下野)の神様タイマン勝負した場所という伝説が由来で、その辺に人が埋まってるとかはない。毒舌系のツンデレさんもいない。


いろは坂



■sm97976[ニコ動]

日光地と日光を結ぶ道路。もともとはただのくねくねした坂だったが、カーブの数を理やり誤魔化していろは歌の音にあてはめた。タイヤの跡がいっぱいあるけど暴走行為は禁止です。自転車で攻めるのもお勧めできません。ちなみに地から日光へ登る 第二いろは坂 が「下り」で、降りる 第一いろは坂 が「上り」なので注意が必要。さらに、カーブごとにつけられた い・ろ・は・・・の文字も、あとに作られたはずの第二いろは坂が先(「い」~「ね」)、昔から存在する第一いろは坂の方が後(「な」~「ん」)という不思議。また、あまりにカーブが多いため、乗り物酔いをする人は特に注意が必要。には見事な紅葉が楽しむことができ、これを見るために人々が全から訪れる。そして大渋滞になる。

足尾銅山

■nm2863548[ニコ動]

かつて日本の年間生産量の1/4を産出した大鉱山であるが、日本で最初の公害といわれる「足尾山鉱事件」などの公害を引き起こしたことにより鉱。廃墟マニアには堪らない場所らしい。現在では、山への植活動が行われているほか、わたらせ渓谷が通っている。

那須高原

には避暑地の一つとして多くの観光客が訪れる。逆にに覆われるため、かなり行きづらくなってしまう。ここでは県民でさえもなかなか食べることのできない和料理の数々が楽しめるほか、様々な牧場多き展示施設等が点在している。また、絶叫マシンや、割とすごい展示をする(レゴとか実物大ザク整備工場とか)ことでも知られる「那須ハイランドパーク」がある。

足利学校

足利にあるかつて日本で最も有名だった教育機関室町時代に成立したものとみられている。明治5年校。


宇都宮二荒山神社


正式名称は「二荒山神社ふたあらやまじんじゃ)」であるが、紛らわしいので宇都宮を付ける。市民からは「二荒さん(二荒山ではなく二荒+敬称のさん)」と呼ばれ親しまれている。しかしバスの停留所は「二荒山前(ふたあらさんまえ)」となっており混乱していることがうかがえる。の中心部にあり周辺には商店やら何やらがあり賑わっている。しかし真夜中に石段を上ると、一歩ごとにの賑わいが消えてゆき、そのまま違う世界に行けそうな気分になれる。

なお、日光の社寺とは全く関係がない。神様全に別物である。

延喜式名帳と呼ばれる神社リストには、名神大(すごくえらい神様がいる神社)として「下野河内 二荒山神社」が記載されている。地名から考えて宇都宮二荒山神社のことと考えられ、宇都宮二荒山神社下野一宮(いちのみや、そので一番偉い神社)を名乗っていた。宇都宮はこの一宮という説もある。そして、いつの間にか日光二荒山神社名神大、一宮を名乗っている。でも世界遺産だからも突っ込めない。

宇都宮氏の初代藤原宗円(七日関白で有名な藤原道兼の曾孫)が前九年の役での戦功により宇都宮当職に任ぜられ、以降は歴代の宇都宮氏氏族が当社の社職として深く関わった。

かつては宇都宮明神と呼ばれていて、中世には20年ごとに式年造宮が営まれてた。宇都宮成綱の代に行われた式年造宮は宇都宮氏の栄や権威を内外へアピールするために巨額が投じられ、完成時の式典には遠方から多くの能楽師や狂言師を招き盛大な宴が行われたと伝えられている

藤原秀郷頼義、源頼朝豊臣秀吉徳川家康といった著名な武将が戦勝祈願をしたパワースポットとして知られている

ちなみに、後述する「ふるさと宮まつり」はこの神社に関連するお祭りである。


雷都 宇都宮


の栃木県や群馬県が非常に多い。特に宇都宮市駄に多く、「都(らいと)」と呼ばれる。「餃子」よりかにかっこいい名前だがあまり浸透していない。帰宅時間に注意報が発され、学校に閉じ込められることがまれにある(学校によってはく帰らせる学校もある)。があまりにも多いため、宇都宮人間に慣れて(むしろ飽きて)おり「きゃぁ!○○君、怖いよ~」などと抱きついてくる女子は存在しない。せいぜい「うるさいね~」とかである。一番を怖がっているのは、落による停電プレイ中のゲームが消える悪夢を何度も何度も見せられている小学生ヲタクたちである。

宇都宮市の中心部にある大通りを封鎖して、毎年8月の第1土曜日曜日に大規模に行われる「ふるさと宮まつり」は、都の名にふさわしく、ほとんどの確率になることが多く、それが最名物となっているため、一部のパレード等を除き基本的に中止をしない。決行である。その為、見物人は対策に追われるほか、周辺の大商業施設が避難場所的な役割に設定されている。逆にが降らない年はテレビ中継をしているアナウンサーリポーターがいもって「今年はしくが降らない宮まつりで...」などと言う。訓練されすぎている。

ちなみに、栃木県が発祥地の「株式会社コジマ」は電製品の保険にいちく「落保険」を取り入れている。


おもちゃのまち


東武鉄道が積極的におもちゃ工場を誘致したことによって誕生した住所表記は全て平仮名で「おもちゃのまち」。分かりやすい。おもちゃのまちは、1丁から5丁まである。同名の名も全て平仮名のあるになってほしいという願いを込めてるんだとか。


次へ»
最終更新日: 21/04/20 11:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ