ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


栄光のル・マン


ヨミ: エイコウノルマン

栄光のル・マン(原題:LE MANS)とは、1971年アメリカ開された、ル・マン24時間レースを描くカーレース映画である。同年に日本でも開されている。


概要


演のスティーブ・マックイーン自身が率いる制作会社、ソーラープロダクションによる制作600万ドルの映画である。その製作動機は、なによりもマックイーン自身のレースへの情熱に有り、人間ドラマよりもカーレースそのものの魅を描き出すというものであった。当初は、エンターテイメント性を重視する監督と対立し、彼を更迭する事態になったりした。結果として、素晴らしいレースの迫と情感を描き切った作品となったが、アメリカでは行的には成功しなかった。だが、日本においてはヒットし、ル・マン24時間レースの知名度アップ内からのメーカーチームの参加を促す切っ掛けとなった。

ストーリーとしては、1970年ル・マン24時間レースの史実を絡めながら、ポルシェワークスフェラーリワークスの対決を描く。その中でマックイーン演じるポルシェエースドライバーマイケルデラニーとその周辺での様々な人間模様も描かれていく。

上述の通り、この映画のキモは実在のレーシングカー特撮しで爆走する場面を満喫できることにある。
主人公側のポルシェ917K、そしてライバル側のフェラーリ512S、またその他のモブレーシングカーたち。全て実際にレースで使われたモノホンである。ただし、クラッシュするマシンだけは中古のレーシングカーレプリカボディを被せて人操縦で撮影された。1970年の実際のレースを撮り、これらと別撮り映像を巧みに組み合わせて見事な臨場感を出してみせた。
現代のような小車載カメラかった時代に、これだけの迫ある映像を実現させただけでも、この映画の価値はあったと言えるだろう。F1テーマの『グラン・プリ』とあわせて、レース映画歴史に残る作品なのは間違いない。
ただ、マックイーンは最初F1映画をやりたかったけど、その『グラン・プリ』があったのでル・マン舞台に変更したのは秘密である。


登場人物



関連動画



■sm14609155[ニコ動]

■sm28877770[ニコ動]


関連商品


■azB004QF0DDY
■azB003441MTM


関連項目



最終更新日: 18/01/10 17:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ