ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


桂久武


ヨミ: カツラヒサタケ
掲示板をミル!
1カキコ!

桂久武とは幕末薩摩家老および明治時代の政治家


概要


保元年(1830年)、薩摩家老島津の五男に生まれる。長薩摩家老島津久徴(ひさなる)、次はお由羅騒動で自害した負。別名右衛門など。

安政2年(1855年)、久徴の養子になり、相続

安政4年1857年)からに出仕し、造士館演武係方などを務める。

文久元年(1861年)、長久徴の家老辞任の煽りを受け、奄美大島に転じられる。この時西郷隆盛と知り合い、事を談じ合う同志になる。

元治元年(1864年)、大付に任じられ、西郷大久保利通小松帯刀らに協

慶応元年(1865年)、家老加判役に昇進。

同年12月に上し、慶応2年(1866年)1月長同盟締結に立ち会う。2月末、坂本龍馬西郷小松らと鹿児島に帰還し、論を倒幕路線にまとめるため尽。翌慶応3年(1867年)、西郷と協して四侯会議を実現させる。

10月討幕の密勅が下されると内の佐幕を抑え、西郷の出兵を支援した。

維新鹿児島参政、都県参事、豊県権を歴任したが病気により辞任。鹿児島に戻り鉱山開発などを行った。

明治10年(1877年)、西南戦争が勃発すると、西郷の際に別れを告げるために訪れたがそのまま参戦し、大小二荷駄隊長を務める。

9月24日西郷らと共に山まで敗走し、西郷以下数十名と最後の進撃中に戦死。享年48

の記した『桂久武日記』は幕末維新史の重要な史料の一つとして知られている。


関連項目



最終更新日: 10/08/04 13:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ