ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


桂枝雀


ヨミ: カツラシジャク
掲示板をミル!
4カキコ!

桂枝雀(かつらしじゃく)とは、上方落語の噺である。その天才的な笑いのセンスから、『浪速の爆笑王』とも言われ、お茶の間に広くされた。本名は前田達(まえだとおる)。厳密には桂枝雀とは噺の名跡であるが、一般には二代桂枝雀をす。子に三代目桂南光々などがいる。

を患い自殺未遂が原因で死去、享年59


概要


を一言で言うと「緊と緩和」である。とにかく饒舌で話しぶりにメリハリがあり、快なリアクションを振る舞いながらも、中身は非常に計算された緻密なものであった。また、普段は仏教学や心理学の書を読み漁るなど、博学多識であった。

高校時代は苦しい計を助けるため、アルバイトをしながらその片手間に勉強をして、神戸大学文学部入学するも、大学がどんな所かだいたい分かったと言ってわずか1年で中途退学桂米朝の門を叩き、噺となる。

そこから何度も自分の芸に悩んでは、新たな芸確立していき、桂枝雀襲名後(それまではという名であった)は独演会も常に満席となるなど、師匠に匹敵するほどの人気を博す。だが、それでも常に自分の笑いや落語める余り、時折に陥ってしまい、それを周囲に打ち明けても理解してくれる人もいなく、孤独感に嘖まれ、とうとう首をり、子(々)に発見されるも、意識が戻らぬままその1か後に59歳の生涯を閉じた。

そんな、あくまで知的で、笑いの者であった一面から、「自分の笑いの原点であり、心の師匠」と評する松本人志を初め、千原ジュニア月亭方正落語家に転身したきっかけが、桂枝雀の『高津の富』を観賞したこと)など高く評価している芸人も多い。


笑いの研究


桂枝雀の者らしき一面として、古典落語を、体系的にサゲ(落ちのこと)の種類を4種類に分類したことは有名。これは、ドンデン」「解き」「へん」「合わせ」と呼ばれるもので、「ドンデン」と「解き」、「へん」と「合わせ」は対になっている。理屈を考えれば、落語だけでなく、コメディ漫画などでもけっこう使われていたりする技法である。

ちなみに、この理論に対し、師匠桂米朝は「勝手に言わせとけ」と冷たい反応だったそうである(自身、枝のことを自分をえる逸材と評価していたが、理論的、体系的な分析には関心が薄かったようである)。


関連動画



■sm8320801[ニコ動]

■sm9449668[ニコ動]
■sm9200686[ニコ動]
■sm8118976[ニコ動]
■sm13537918[ニコ動]
■sm14443613[ニコ動]


関連商品



関連項目



最終更新日: 19/02/16 03:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ