ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


桃園ラブ


ヨミ: モモゾノラブ
掲示板をミル!
97カキコ!

桃園ラブとは、プリキュアシリーズ6作フレッシュプリキュア!」の主人公である。
CV:沖佳苗


概要



桃園ラブ


14歳身長159cm血液型AB型。口癖は「幸せゲットだよ!」の、共学の四つ葉中学2年生。
髪型はいわゆるピッグテールと呼ばれるものに似ている。
蒼乃美希山吹祈里とは幼馴染で、それぞれを美希たん(mktn)、ブッキーと呼ぶ。

自分のことよりまず他人の幸せゲットすることを考える性格。
その心がイース東せつな心させてキュアパッションめさせる原動になっている。
もっとも、ラブはそれ以上に彼女に対して特別強く惹かれているふしがある。
せつながまだイースのころに、彼女と待ち合わせているときはいつになくはしゃぐ姿が見られた。
しかもことあるごとに「せつなとデートなんだぁ(はぁと)」と発言していたりする。幼馴染二人の心配もよそに、である。
そういうところでは視聴者も緩むようなキャワイ乙女なところを魅せた。大輔ェ……。

勉強も運動も苦手だが、ダンスへの情熱は人一倍である。
それはあこがれのトップダンサー、ミユキと面識を持ってからよりいっそう強くなる。
その意欲はフレッシュプリキュアな4人(最初は3人)によるダンスユニットクローバー」を結成してしまうほど。

小さいころからの手伝いをしていた関係から料理が上手。得意料理ハンバーグ
それは気の中にある、暖かい性の表れにもつながっており、幼いころにもらった情のカタマリを
みんなに提供しているところがある。

ニンジンが嫌いという好き嫌い設定は、たまねぎが嫌いな美墨なぎさ以来である。
また、ニンジン嫌いはセーラームーン月野うさぎ東京ミュウミュウいちごと同様である。
その点をよくやせつなにつっこまれ、逆にラブはせつなの嫌いなピーマンのことで反撃に出たりする。

意地っりなところがあるからか、同じクラス知念大輔とは喧友達であるが、彼に少なからず想われている。
プリキュアにはしい同級生同士の恋愛は、視聴者と某ラビリンス幹部に「甘っぺぇ」という言葉を漏らさせた。
もっとも、最終回では彼からの告白を「言っわな~い」とはぐらかしてしまった。(多くのファンは大いにホッとしたとか)

的にかなりもろい面があるのも魅の一つである。

オールスターズDXシフォンを見失ったとき。
劇場版うさぴょんに対する罪悪感に苛まされたとき。
そしてせつながイースであると知ったときなどなど……。

一度心が折れるいつもの明るさが吹き飛んで塞ぎこんでしまい、何も出来なくなってしまうのが弱点。
が、そのたびにmktnを入れられており、その時だけラブmktnのことを「美希」と呼び捨てにするのも印深い。

なお、ラブという名前は本編開始前から何かと話題になっている。
これは祖が「世界に通じるように」という意図でつけたらしく、名付けのうえで最初は「」という補もあったようだ。
ただ、このネーミング日本人の名前どころか外人の名前としてもDQNネーム全開であることは間違いない。
親御さんたちが命名の参考にする可性がある下のプリキュアで、このネーミングは非常に危険である。
きっとおじいちゃんは24世紀の人だから大丈夫と思ったのかもしれないが、21世紀の々の感覚にはすぎる。
現実でこんな名前だったら、初見の名前と勘違いされてへこんだり扱いされてイジめを受けたりしないか……。

いろいろな意味で心配であるが、この名前を逆手に取り、ラブ気にちなんで当て字で「桃園羅武」と書く人もいる。
とってもカッコイイ字面だけど、ラブ女の子です!そこをお間違いのないように!


キュアピーチ


-ピンクハートある印-

もぎたてフレッシュ!

スイーツに伝わる伝説戦士妖精ピックルンのピルンのを借り、桃園ラブが変身するプリキュア

御子柴の解析ではパンチに優れているとのことで、確かに作中でもパンチするシーンはよく見られる。
シンボルマークは「ある印」、ピンクハート
変身すると髪の毛毛ピッグテールから、大増量の金髪ピッグテールに変化する。

変身元に反して非常に高い格闘センスを手に入れることが可である。
そしてもともと彼女の中にあったのか、何かがはじけて非常に男前な立ち姿になることが多い。
戦闘中の気合のも「うぉりゃあああああっ!!」といった、どう考えても女の子には似つかわしくないえ方をする。
中の人の熱い演技も咬み合って、キュアピーチになるととてつもない猛々しさを得るのである。

劇場版においてはさらに何かが覚めたのか、中国拳法の高等技術を発動させた。
その姿はまるでグラップラー刃牙の消シャオリー)のようだったと鑑賞者を驚かせた。

このことから、上記のように変身元が漢女羅武兄貴桃園羅武などと呼ばれることも。
そう、彼女美墨なぎさ夏木りん明堂院いつき北条響などとは別のタイプの、精イケメンプリキュアなのだ!

シリーズ開始決定時、その名前やデザインから「ウェディングピーチぴちぴちピッチ」などと揶揄された。
が、プリキュアシリーズ恒例にして伝統の新人洗礼であり、始まって終わってみればもはや過去の思い出になっている。

というかこんな男前な魔法少女なかなかいねぇよ。


必殺技


プリキュア5からの継承で単独変身・単独必殺技が可


キュアエンジェルピーチ


-ホワイトハートはみんなの心-

羽ばたけフレッシュ!

劇場版における強化形態。プリキュア5キュアドリーム同様の姿。
名称は正式には「キュアエンジェル」であるが、後にマニア向けのフィギュアが出た際はこの名前になった。
(それまでは「キュアエンジェルエンジェルピーチ」とされていた。

巨大な羽と淡い色のコスチュームが特徴。テレビ版の最終決戦でも逆輸入という形で登場。
ちなみに背中の羽は畳むときは小さくなることも出来るようだ。 
劇場版では敵を倒すためのプリキュアではなく、思いを伝えるためにプリキュアとして出現した。
この技と、にじみ出る性から、彼女のようであるとも例えられる。 

ちなみに、浄化技そのものはキュアエンジェルが最初ではない。
なんとか無印序盤には既に「プリキュアレインボーセラピー」という技があったのである。
かしこの技は何故か”なかったこと”にされているので実質エンジェル特許と言っても過言ではない、たぶん。


必殺技



関連動画



■sm9579475[ニコ動]

 ■sm11807361[ニコ動]

■sm9273216[ニコ動]
■sm8847530[ニコ動]


関連静画


■im1682620(静画)
■im1145085(静画)
■im2937010(静画)
■im2656972(静画)
■im2908365(静画)
■im1077907(静画)


ラブ兄貴


■im2972081(静画)
■im1443545(静画)
■im2090987(静画)
■im2890900(静画)


関連商品


■azB0036N9BSA
■azB0031Y7L0Y
■azB002IGTOVU
■azB001OGX4D4
■azB0031Z1X02


関連コミュニティ


■co395

関連項目



最終更新日: 18/10/09 09:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ