ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


桃太郎電鉄


ヨミ: モモタロウデンテツ
掲示板をミル!
647カキコ!

桃太郎電鉄』とはかつてハドソンが発売していた、鉄道会社運営モチーフにしたテレビゲームシリーズ
通称は「桃鉄」。


概要


日本地図ボード双六のようなゲームプレイ人数は1~4人。1人でコンピュータを相手にするもよし、皆でワイワイやるもよし。

2008年20周年を迎え、それを記念して2008年12月18日に「桃太郎電鉄20周年」を発売、2011年にはiOS向けに「桃太郎電鉄 JAPAN+」が発売された。

2013年にはハドソンコナミに吸収され、桃太郎電鉄はコナミタイトルとなった。しかし新作は出る事がないまま、その後2015年6月2日に生みの親である さくまあきら氏が「桃太郎電鉄は、正式に終了します。」とツイートし、シリーズ27年の歴史に幕が閉じられた。
もっとも、Wii専用ソフトとして発売予定であった「桃太郎電鉄2012(仮)」が震災の影発売中止になった後、タカラトミーアーツから発売されたボードゲームである「桃太郎電鉄ボードゲームどんでん返しの巻」をさくま「最後の桃鉄」と称して[外部]おり、その撤回がなされていなかった。なお、コナミは「今後も続けて参りたいと思っております。」と6月3日に発表したが、その後の音沙汰はかった。

しかし桃鉄は再び甦る。2016年9月1日ニンテンドーダイレクトニンテンドー3DS用向けに新作「桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!」が作られていることが発表され、同年12月に発売された。新たに任天堂が発売元になる。この一報にさくま「私も岩戸から出て行かないとならなくなりました。震災の時に何もできなかったのが心残りで、立ち上がれ日本という復支援を桃鉄でやりたかった」っている。

更に3年後の2019年9月5日ニンテンドーダイレクトではNintendo Switch向けの新作「桃太郎電鉄 昭和平成令和も定番!」が2020年に発売されることが発表。任天堂ハードからの発売だが販売元がコナミとなっており、同社から発売される初の桃鉄となる。


桃鉄の遊び方


プレイヤー鉄道会社の社長となり、サイコロを振って出たの数だけ進み日本からランダムで選ばれる的地をしつつ、全各地の物件を購入し資産を増やしていく。
1ヶが1ターンに相当し、4月から3月までの1年が12ターン過去作品では2月までの11ターン)。年度末には所有する物件に応じて収益が手に入る。かが的地に入るとゴールしたプレイヤーに賞が入り、再度また的地が選ばれる・・・を繰り返し、設定した年数が終了した時点で資産(持ち+所持物件の総額)が最も多かったプレイヤーが優勝となる。
十勝あずき」「出雲そば屋」「有田焼き物工房」などといった地方色溢れる物件の数々(「東京ネズミーランド」など実在する施設のパロディもある)や、発売時点での時事ネタが随所に見られるのも特徴のひとつ。

かが的地にゴールした時点で的地から最も遠い位置にいたプレイヤーには妨キャラクター貧乏神」がとりつき、毎ターン「所有している物件を勝手に半値で売る」「プレイヤーお金を使ってカードを相場の二倍の値段で買ってくる」等の悪さをしでかす。退治する方法はく、別のプレイヤーとすれ違ってなすりつけるか、かが次の的地に到着したときに他人に移るのを待つしかない。グズグズしていると貧乏神が「キングボンビー」や「ハリケーンボンビー」などに変身して更なる被害をもたらすため、情けは禁物である。
(「桃太郎電鉄の関連キャラクター」に詳細後述)。

友達皆で集まってワイワイやるパーティゲームの定番として知られるが、そのシステム上他のプレイヤーを妨したり蹴落としたりといった事態が頻繁に起こるため、熱しすぎると険悪なムードになる「友情破壊ゲーム」としても有名。
子供友達兄弟プレイするとリアルファイトに発展する事もしくない。


主なシステム


システムは第1作「桃太郎電鉄」のみやや異なり、以下示すシステムは第2作「スーパー桃太郎電鉄」から確立したものである。この名残で、第4作までは頭に「スーパー」がついていた。


製作スタッフ


監督さくまあきらイラスト土居孝幸。音楽関口和之(サザンオールスターズ)、宮路一昭や池毅らが担当している。発売はハドソンファミコンソフト桃太郎伝説」のスピンオフゲームとして誕生した。
ろくにソフト資産の残っていないハドソン重な屋台として、ボンバーマンともども同社を支えた。 

2005年から携帯電話アプリとしてハドソンから配信されており、現在8種類。
1日にバージョンアップが行われる。携帯電話版は日本の各地方にスポットを当てたものが多い。

14作までは「桃鉄双六ゲーム」だったが、15作から悪な効果を持つカードの「カード売り場」が登場したため「桃鉄カードゲーム」と呼ばれ、桃鉄20周年より登場した歴史ヒーローが反則並に強かった為「桃鉄武将ゲーム」と呼ばれる等ゲームシステムスーパーインフレした。
双六の面影もない事を反したのか、桃鉄WORLDではゲームバランスを整え少し大人しくなっている。

今作に関わったスタッフは、後に任天堂の「マリオパーティシリーズの開発を担当し大ヒットを記録、ボードゲーム製作において日本を代表するスタッフとなった。

3DSにて任天堂から発売された「たちあがれ日本!!」、及びNintendo Switchにてコナミから発売予定の「昭和平成令和も定番!」でもさくまが製作に関わっている。


余談



シリーズ作品リスト



次へ»
最終更新日: 19/09/06 21:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ