ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


桝田省治


ヨミ: マスダショウジ
掲示板をミル!
391カキコ!

桝田省治とは、日本ゲームデザイナー小説家である。


経歴


1960年生まれ。武蔵野美術大学卒業広告代理店に勤務しハドソンを担当していたが、『桃太郎伝説』の製作に苦慮していたさくまあきらに強引に手伝わさせられてしまい、これがゲームクリエイターになるきっかけとなった。

その後、CD-ROM2初の大作RPGとして大々的に売り出された『天外魔境ZIRIAの開発に参加する。元々「天外魔境」は広井王子氏率いるRED導で開発がスタートしていたのだが、諸々の事情で暗礁に乗り上げかけており、「桃太郎伝説」での実績のある桝田氏に白羽の矢が立ったのである。そんなこんなでさくま氏、広井氏との親交は深い。

ちなみにこのころの桝田氏は、ハドソンに出入りする広告代理店一社員でしかなかった。

さすがに会社に了承はとっていたのだが、仕事を終え会社に戻ってくると自分の席はなくなっていた。そして同業他社に勤務する婚約者が自分と同じクライアントを担当することになったため、会社を辞め独立することとなった。

天外魔境II 卍丸』ではメインディレクターに抜され、その仕事は高い評価を得るとともに、後の『天外魔境シリーズの大作志向を決定づけた(ただし、桝田省治のシリーズの参加はこれで最後となる)。

その後もPCEでは『エメラルドドラゴン』や『リンダキューブ』といった大作RPG製作に参加するが、PCE市場衰退後は開発を担当したアルファ・システムとともにPS市場に参入し、『リンダキューブアゲイン』『俺の屍を越えてゆけ』等のタイトルを発表する。この2つのタイトルゲームアーカイブスダウンロードランキングにもたびたび顔を出す、息の長い人タイトルとなった。最新作は携帯アプリゲーム勇者死す。[外部]』。

近年は『鬼切り夜鳥子シリーズや『ハルカ 天空邪馬台国』等、ライトノベル作家としても活動している。

パソコン通信(Nifty-serve)・インターネットBBSmixiTwitter等を利用し、ユーザとの積極的な交流を好む。「枡田」「田」は誤記なので、御本人と交流を持ちたい方は注意されたし。


作品の特徴


桝田省治が揮した作品の多くは、アクの強さから固定ファンが一定数ついている。特に、『リンダキューブアゲイン』『俺の屍を越えてゆけ』の両作品は、入手しやすさもあいまって今でも攻略法が模索され、ニコニコ動画にもプレイ動画が数多くアップロードされ続けている。
ファンが「桝田節」と呼ぶ桝田省治の作品の特徴を客観的に述べるのは難しいが、以下のような特徴が見られる。


下世話でシニカル・現実主義的な世界観とシナリオ


RPGにおいて、通行人のちょっとしたメッセージシナリオ関係なただの愚痴独白であったり、プレイヤーに対するボスキャラの心情が個人的な嫉妬や憎悪であったりする。
また、所持している生ものが腐る・走ることで体を消耗するといった、ゲームではお約束として描写を避けてきた部分に妙なリアリティを持たせることもある。


ゲームシステムとして、一つの目的に対して多様な攻略法を配置する


的を達成するための中的・小的が散りばめられ、「プレイヤー自由に選択する」感覚を残している。この点がもっとも顕著なのは、大的「動物集め」のためにさまざまな選択肢を用意している『リンダキューブ』であろう。


パラメータに対する意味づけがシビアであり、明示的に表記することを好む


俺の屍を越えてゆけ』において徴的なパラメータである「健康度」は、パラメータの増減がキャラクターの生死に繋がるという重い意味を持った。これは既存のRPGに存在しないパラメータであるからと、その増減表示はゲーム内でも非常に強調された。
ネクストキング』では、女性の好感度の増加が具体的に(サイコロとして)表示され、他の類似した作品にべて「プレイヤーのどのような行動によって好感度が上がるか」が非常に分かりやすい。


また高山みなみの演技を高く評価しており、『リンダキューブ』以降、いずれも役(に準ずる重要な役)に配役している。また小説でも「高山みなみを想像しながら読んで欲しい」と注意書きをする底ぶり。(有)MARS企業理念には『天才高山みなみの才を世間に知らしめる。』という項ある(参考リンク[外部]あった。現在は残念ながらそのページは消えているが、以前は確かに存在した。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」書籍化プロジェクト


2010年5月Twitter経由で知ったネット小説魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」』の面さに衝撃をうけ即座に作者コンタクト。その場で書籍化プロジェクトを立ち上げる。現在Twitterを中心に開でプロジェクトを進行しており注を集めている(参考リンク[外部])。


ログ・ホライズン書籍化 → アニメ化


作者が「小説家になろう」 連載中の「ログ・ホライズン」の書籍化にも積極的に関わっており、書籍化に関わる文章の監修や世界観設定の提案を行っている。また、同作のアニメ化の際には企画段階から積極的に制作に参加。原作からあまり違和感の感じないストーリー作りに貢献している。


余談


イメージエポック開発のゲームトキトワ』の企画シナリオ原案に参加していたが、しばらくして開発中断と聞かされ、開発から撤退。その後、お蔵入りになったと思われた当作品が突如ゲーム誌に発表され非常に驚いた事をTwitterにて呟いている[外部]
(実質、開発側から締め出された形と言える。盗作された疑惑もあるが、偽は不明)


主な作品



ゲーム



小説



その他



関連動画



■sm35165[ニコ動]

■sm260116[ニコ動]
■sm40318[ニコ動]
■sm751030[ニコ動]
■sm1999296[ニコ動]
■so27663721?ref=search_key_video[ニコ動]
■sm36968737[ニコ動]


関連商品


■azB00061Q872
■az4774141925
■az4150309876
■az4757728298
■az4757734123
■az4047269344
■az4047269956
■azB0113GI8FI
■azB00V9GPF5Y
■az4891993839
■azB01E4FODKY


関連項目



外部リンク



最終更新日: 20/06/04 16:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ