ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


梅田(大阪府)


ヨミ: ウメダ
掲示板をミル!
46カキコ!

梅田(大阪府)とは、大阪市の中心部にある歓楽オフィスである。


概要


大阪経済活動の中心を担う都心部であり俗にキタと呼ばれ、ミナミと呼ばれる難波周辺と並んで、大阪市の中でも特に名の知られた都心エリアである。

JR大阪駅阪急梅田駅阪神梅田駅を中心とする、大阪環状線内部の北端の辺りをすが、キタと呼んだ場合は、近年再開発が覚ましい中之福島中津なども含めることが多い。

歓楽・繁としての性格が強い難波心斎橋オフィスとしての性格が強い中之・船場のどちらもを合わせたような性格を持ち、多種多様な人々に溢れている。
また、日本国内では最大級の高層ビル密集地帯であり、100m以上の超高層ビルの数ならば新宿や大手町周辺を上回っている。 ただし、伊丹空港へ飛来する飛行機の航路上であるため、航空49条の制限を受ける。したがって、200mをえるような超高層ビルは存在しない。要なビルの高さが綺麗にっているのはその結果である(なお、以前は190mの超高層ビルも建てられなく、その代わりに開発を進めたのがOBPである。後に規制が緩和され、現在にみる姿となった。福岡市天神ビッグバン計画は、この梅田の事例を参考にしている)。

ナミべて新しく発展した(といっても、難波周辺も元々は半農半漁の地区。古くからの中心地は船場や北など)であり、現在梅田駅北ヤードを中心に活発な再開発が行われている。

なお、大阪キタとミナミの間には問屋ビジネスの本町、淀屋橋、北などのエリアが存在しているため、キタもミナミもつながった単一の巨大都心(その面積東京都心の2倍近くに上る)となっている(これを大阪市では都心六区という呼び名をしている)。

歴史

商業の中心地として長い歴史を持つミナミとは対照的に、梅田江戸時代までは湿地地帯を埋め立てただけの貧乏村落であり、『下の台所』の運を担っていたのは現在満の辺りであった。

明治に入って鉄道(場所は違うが現在大阪駅)が作られてようやく発達した。当時としては非常に勢な作りでたちまち人を呼び、次第に発達していった。これに乗ずる形で有馬電気(現阪急)のなども誕生し、後に大阪市の北の玄関口としての姿を持つ土台が出来ていった。
しかしそれでも難波べればまだまだ規模は小さく、現在梅田南部のむしろ中心部から外れた部分にある『北新地』も、「難波の北にある新発展地帯」という意味を持ってこの頃つけられたものだった。 

高度経済成長と共に、都市部への人口流入がしくなったことで、阪神阪急ターミナル駅として京都兵庫からはもちろん、西日本各地から大阪を訪れる人々の玄関口として急に発展する。
地下街は広がり、はそれぞれが巨大化し、さらには鉄道貨物のも発展し、大阪の流通の中心部となっていく。
南海鉄道を利用する和歌山大阪南部の住民にとっての『南の玄関口』として難波も発展したが、この頃になると梅田・中之高層ビルが建ち始め、次第に規模の面で並び始めていった。

現在は小売店総売上高で難波の1.5倍近い値を出しており、数字の上では大阪最大の歓楽である。

オフィス街

西日本最大のオフィスとしても機しており、毎日新聞大阪本社やJR西日本本社ビルなどが存在する。
オフィスビルそのものは中之の方が圧倒的に多いものの、大阪を代表する企業が多く本社を構えている。

ちなみに、出張などのアクセス性の上では圧倒的に便利なため、東京を含む他地域に本社を置く企業の支社や、ベンチャー企業などは、最近では新大阪駅周辺に集中している。テナント代も圧倒的に安い。

以下、梅田に本社を構える企業

映画館密集地帯

内屈映画館密集地帯である。
大阪内の映画館の約半数梅田にあり、後述の大阪ステーションシティ内にも新たに大シネコンが開業予定など、未だ増加傾向にある。
必然、競争も非常にしく、耐えられずに潰れた映画館を他の大映画館が買い取るという現が進み、現在では映画館の数自体は多いもののその経営元の数は統合により少なくなっている。 

ロードショーが行われる作品から、地方ロードショーを細々と行う作品まで、大抵の映画作品は梅田にいれば見ることが出来る。 当然ながら単館上映の作品や著作権満了するほどの旧作理だけども。


大阪駅・梅田駅


大阪駅梅田駅をそれぞれ参照。

JR大阪駅は西日本最多の乗降者数を持つメガステーションであり、阪急梅田駅阪神梅田駅御堂筋線梅田駅などのいずれもまた同路線中最大級の乗降者数を持つ。
大阪で他に乗降者数の大きいと言えば、南海難波駅や、JR京阪京橋駅などであり、いずれも繁の中心となっているだが、これら他の駕する量の人が行きかっている。

後述の地下街によってこれらは全て直結しているほか、さらに東梅田駅西梅田駅北新地駅などとも直結しており、一言で『梅田駅』と言われると、使い慣れた人以外には場所がわかりづらい。 

JR大阪駅は『大阪ステーションシティ』として新たにビルを建造・増築して清廉な姿に生まれ変わり、総面積名古屋駅える巨大になった。その中には三越伊勢丹ルクアイーレ・ルクア・大丸が入居し、商業施設としても日本2位の巨大施設になる。
これに加え、阪急梅田駅も老朽化に伴い高層ビルを伴う巨大ビルに建て替えられ、それぞれの巨大化している。
阪神梅田駅も、隣接する新阪急ビルと共に、高層ツインタワーへの立替を決定しており、ますます巨大化が進む予定。 

また、JR貨物梅田駅は物流の要であり、多くの荷扱いがある。当然ながら客は停しない(新大阪駅から直接大阪環状線に乗り入れるなどでのJR梅田駅通過列車はある)ので乗降者数は0人である。貨物の取扱量は150トン/年。現在JR梅田駅が地下化する(北梅田駅)計画があり、おおさか東線外環状線)・なにわ筋線として客扱いも行う予定である。

ちなみに、これらのがひしめいていたために新幹線用の新を作ることが難しく、現在新大阪駅が誕生した経緯がある。
バブル経済が続いていれば、大阪駅新大阪駅の一帯には高層ビルが軒を連ねていたとも言われるが、新大阪あたりは地盤が脆弱なため、高層建築は作れない。


地下街


梅田の地下には非常に複雑で巨大な地下街が広がっていることで有名である。
要なほぼ全ての道路の下に地下通路が敷設されており、それらが縦横尽に交わって、各百貨店ターミナル駅の地下フロアと直結している。更に、要なビルが半ば地下街の一部分として機している。
一説には、JR新宿駅と並んで日本の最難関ダンジョンとも言われる。
地上部分のの配置のややこしさが地下にも直結しており、三叉路や五叉路があったり、坂や階段の存在で高低差があったり(特にビルの地下部分に迷い込んだ場合に顕著)することも梅田地下街を難関ダンジョンにしている要因である。
具体例を挙げると、とらのあな地下街から細い路地に入り階段を上がる必要がある)、ゲーマーズ地下街から大阪駅前第3ビルに入る必要がある)に地元民のナビなしで初見でたどり着くのは非常に困難、と言った具合である。

単一の地下街として日本最大なのは、同じ大阪市内にあるクリスタ長堀であるが、梅田地下街は、大阪市第三セクターである『ホワイティうめだ』『堂地下センター』、阪神子会社が経営する『ディアモール梅田』、阪急梅田駅下施設である『阪急三番街』などの大地下街と、JR大阪駅/北新地駅阪神梅田駅、オオサカガーデンシティの地下施設・通路が連結して形成されているために非常に規模が大きくなっている。
梅田一帯で連結している全ての地下街を1つの地下街として見なすと、その総店舗数は約1,300に及ぶ。ちなみに、北新地駅は地上構造物が存在しないしいで、出入り口が直接地下街に繋がっている。

それぞれの事業者が独立的に修・拡を続けているため、1年中何処かが工事していて収拾がつかなくなっている。
90年代までは、事業者が違うために、地下街全体を記した地図が存在しないという状態さえ発生しており、全容を把握するのは至難の業だった。
あまりにも威勢よく拡されていったため、この地下街を題材としたSF小説も発表された(関連商品参照)。

地上が、鉄道各社のターミナル駅百貨店オフィスビルで形成されているのに対して、地下には、数多くのアパレルショップから飲食店が多種多様に展開している。
梅田で食事をしたくなったときには、地下街に入るのが定番である。 また、オフィスビルも地下階層には地下街からの接続を前提に飲食店が多く配置されているので、地下街から伸びている路地に入ってみるのもまた一である。


関連商品


■azB000J8118I


関連項目


大阪市内のな地名
梅田(大阪府)|中之新大阪京橋難波心斎橋天王寺
日本橋(大阪府)鶴橋新世界あいりん地区

最終更新日: 19/08/23 21:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ