ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: ナシ
掲示板をミル!
21カキコ!

梨とは、バラ科ナシ属の植物である。一般的には果物としての果実のことをす。

同名の歌い手に関しては「梨(歌い手)」の記事を参照。


概要


日本普通に「梨」と言えば和なしのことであり、その他洋梨などを表す場合にはその都度区別されることになる。この記事においても以降は和なしに関して記述する。

大きさや形はリンゴに似ており、たっぷり含んだみずみずしくて甘い果汁とシャリシャリとした食感が特徴。料理お菓子などの具材に使われることもあるが、な利用法はそのまま食することである。リンゴなどのフルーツべると汎用性は低いと言え、特産地を除くとナシ味の食品をにする機会は少ない(お菓子のフレーバーとしては、洋梨流となっている)。

の味覚と言われるが、今日流となっている幸7月頃から出回るため、事実上、~初の味覚となっている。

そこまで栄養価が高い果物ではないが、夏バテなどに効くとされるアスパラギン、解熱作用を持つソルトール、そして発汗作用を持つカリウムなどを含むので、場に食べるのに適している。また、煮込めば消化を助ける役割を持つので焼肉タレに混ぜることが多い。

沖縄県(厳密には大阪府も)を除く日本各地で広く栽培されている果物であり、収穫量上位の県でも青森リンゴのように「梨と言えばここ」と言えるほどのシェアがあるわけではない。とはいえ、宅地化が進むも、東京都を含む関東7都県全てで栽培が盛んであり(理由は後述)、首都圏在住者にとってもぎたてを供することができる、最も身近な果物の一つとなっている。江戸時代から八幡現在市川市八幡あたり)一帯は梨の産地として知られていたようで、江戸果物のことを菓子と呼んだのも、梨と関係があるともいわれている(マクワウリスイカなど諸説あり)。

一般に豊、幸、新高、あきづきなどの梨系と二十世紀、かおりなどの梨系に大別され、近年は梨の人気が高い。二十世紀が流だった頃は鳥取県が圧倒的首位だったが、二十世紀のシェア低下(裏を返せば豊、幸、新高の人気が上がった)により現在は5位。今日、梨の産地といえば千葉県とまで言われるほど千葉産が有名(例のあいつのおかげである)

尚、英語sand pearといい、海外、特に欧米からは独特のジャリジャリした食感が敬遠され、あまり人気がない。一方、東南アジア中国香港台湾などでは人気があり、二十世紀梨などが日本から輸入されている。尚、日本でも江戸時代までの梨はそんな感じの砂を噛むようなものだったらしいが、先人のたゆまぬ努と品種良の結果、今日では人気上位の果物となっている。


梨産地の特徴


な産地は千葉県茨城県に次いで栃木県福島県鳥取県が横並び、そして長野県新潟県埼玉県熊本県福岡県大分県…となっている。はけの良い関東ローム層などの火山性の土壌、または日本海側の砂丘や砂などの砂地、地などが梨作りに好適な産地となっている。また、きまって平野地などの坦部で作られ、東日本に産地が多く西日本に産地が少ない。これはいろんな要因があるが、梨の大敵がという理由もあり、梨栽培の歴史との闘いでもある。梨は果実の重が高く、他の果物べると落果に弱い。よってが吹き下ろす斜面や台風の通りになるような場所は適さず、しが転訛して梨になったという説もあるほど。西日本の産地は台風が直撃しない内陸部や山に阻まれの影が少ない場所が多く、立木栽培の場合は國鐵廣島の利器ガムテープを貼って蔓を補強する場合もある。また、和歌山県高知県のように台風襲来によって産地が壊滅し、大きく規模が縮小した例もある。一方の東日本日本海側は山に阻まれるので、台風の影較的マシである。それでも落果被害を回避できない場合もあるので、梨棚を作って落下しにくいように工夫を行っているが、高額な設備投資費用がかかるため、産地が大規模、高回転にならないとコスト回収が難しい(関東地方の一部の産地が大産地になった理由はこういう背景もある)。

また、関東平野で梨栽培が広まった理由として、度重なるで他の農作物がその度駄になってしまったのに対し、梨だけは梨棚で栽培していたことで事だったらしく、舟を出して収穫し、出荷したという。以来、梨に人一倍情を注ぐようになった地域(特に埼玉県久喜市蓮田市)も多い。梨棚は元々食対策に設けたものであったのだが、だけでなく、、そして生活(いい値段で売れたため、生活再建の資となった)も護ってくれたわけである。


梨の上位産地


千葉県日本一の梨産地で、江戸時代から連綿と続く由緒正しき産地である。二十世紀の衰退によって鳥取が首位の座を奪われたというより、二十世紀によって鳥取に首位を奪われたが、後に三(幸、豊あとひとつ)で首位を奪い返したといった方が適切ともいえる。とりわけ白井鎌ケ谷市船橋市市川市などが産地で、首都圏へ近い(というかベッドタウンに混在している)ため直売所や観光農園が多い。そのため、各自治体ともPRのためのマスコットが多い。豊、幸、新高、あきづきなどといった梨が。特に白井は県内一の梨の町として有名で、しろいのブランドとして名高い。戦時中でも、他の産地が軍需向けに他の作物転用を余儀なくされた中、軍へ供出するなどして産地を死守したというほど梨に対する情熱がうかがえる。なし坊というマスコットや富里スイカロードレースに対抗してか、白井マラソンなども行われているなど町おこしも盛ん。だけど、知名度はふなっしー縦横尽な活躍により、船橋市に奪われつつあるのが悩みの種。その船橋市では和解をいいことにふなっしーを使った梨の宣伝が盛んである(めて言うがふなっしーは地元特産の梨がモデルである)。マカで有名になった北海道日本ハムファイターズ二軍本拠地や大で知られる鎌ケ谷市も梨サイダーや梨ワインなどの加工品があり、かまたんという梨をする妖怪マスコットがいる。市川市松戸市をつなぐ大町地区には梨街道という、江戸時代から続く、梨直売所が並ぶ歴史的な通りがあり、そこには大町リコという萌えマスコットがいる。なお、後述する二十世紀も発祥は松戸であり、親戚宅のゴミ捨て場に生えていたのを植え替えたという話である(マジで)。ほかにも市原市八千代市柏市(旧沼南町)、香取、いすみ一宮町も生産量が多く、どこもかしこも、ひたすら梨産地だらけである。

茨城県西(旧関町)、かすみがうら(旧千代田町)、下妻などが産地で、千葉に次ぐ産地。豊の生産高は全一の年もある…のだが、農業が盛んな茨城県において、梨はツールの一つに過ぎず、千葉県自治体ほどマスコットがいたりするわけではない。これは千葉県が直売所や農園などの観光産地が多いのに対し、茨城県では市場出荷中心だからである。

鳥取県はかつて、日本一の梨産地だったが、二十世紀にこだわりすぎたために、ニーズの変化に対応できず首位陥落、そして地位低下…。しかし、それは梨に浮気せず梨一筋でやってきた結果であり、梨に限定すれば日本一は健在であり、現在も西日本一の梨産地の座は譲っておらず、近年は幸や豊も作っている。また、今日では逆に他県が斑病に対応できずにこんな面倒な梨育ててらんねーと見捨てた二十世紀を積極的に売り出しており、なつひめなどの有望な新品種も生まれている。また、梨は日持ちが良いため、輸出用作物としても優秀な点も見逃せない。産地は湯梨浜町(旧東郷町)が二十世紀の一大産地。ちなみに、山陰新幹線建設を祈願してネーミングされた「新甘」という梨のホープもある。

栃木県宇都宮市芳賀町を筆頭とする全3位の梨産地で、「にっこり」という品種が注を浴びている。栃木一の観光地、日光と梨の中国読み(リ)を合わせたもの。もっこりと言ったは後で屋上へ…と言いたいところだが、梨、もっこり検索するとなぜかにっこりがヒットする。

福島県福島市須賀いわき市相馬市とそれぞれの地方中心地に梨産地が点在するという特異な分布となっている。中でもフルーツライン沿いに産地が広がり、福島市萱場(かやば)梨は贈答品などにも選ばれた名のあるブランドで、単位では最も生産量が多い。今宵注を浴びているあきづき産地でもある…のだが、県民はどうもばっかりちやほやして、りんごと共に肩身が狭いような…。


他の梨産地


他の産地(よほど気温が極端でない限りは育つという高性なので、全に産地が見られるのが特色。で梨産地のリレーができるかも知れない)。


漢字として


Unicode
U+68A8
JIS X 0213
1-45-92
部首
木部
画数
11画
Unicode
U+68C3
JIS X 0213
2-14-90
部首
木部
画数
12画
Unicode
U+68B8
部首
木部
画数
12画

次へ»
最終更新日: 18/01/12 01:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ