ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


棋士


ヨミ: キシ
掲示板をミル!
14カキコ!

棋士とは、将棋囲碁などの盤上ゲーム職業としている人のことである。また、アマチュアと区別するために、「プロ棋士」という呼称が使われることもある。


将棋の棋士


日本将棋連盟に所属し、棋戦に参加する者のこと。また、女性の棋士は女流棋士と呼ばれ、こちらは通常の(男性)棋士とは全く別の制度になっている。


将棋棋士の対局


棋士の出場する大会は「棋戦」と呼ばれ(なお、アマチュア要大会も「棋戦」と呼ばれることがある)、一人の棋士が年間に10程度の棋戦に出場する。

このうち、タイトルマッチ形式(タイトル保持者以外の対局によりタイトル保持者に挑戦する棋士1名を決め、その棋士が勝てばタイトル奪取。ボクシングなどに似る)で競われる棋戦は特に重要視され、「タイトル戦」と呼ばれる。2018年以降は「竜王戦」「名人戦」「叡王戦」「王位戦」「王座戦」「棋王戦」「王将戦」「棋聖戦」の8つとなっている。

タイトルマッチ形式でない棋戦としては、優勝賞が8大タイトル並みの「朝日将棋オープン戦」、テレビ放送があって持ち時間の短い「NHK杯テレビ将棋トーナメント」などがある。

なお女流棋士は、通常はこれらとは独立に開催される棋戦に参加する。ただし一部の(男性棋戦には女流棋士が設けられており、「特定タイトルを保持する女流棋士」「女流タイトル保持者を選抜」などの方法で出場権が与えられる。たいていの場合1次予選からの出場となる(NHK杯女流棋士は本戦から出場)。女流棋士タイトル戦は7つとなる(2019年以降)。「清麗戦」「マイナビ女子オープン」「女流王座戦」「女流名人戦」「女流王位戦」「女流王将戦」「倉敷戦」がある。


将棋棋士になるまで


新進棋士奨励会」が棋士を選び出す場を担っている。入会にはアマチュア都道府県代表くらいの実が必要とされており、しかもその中でプロになれるのは2割程度と言われている。

入会時は6級から始まり、そこで所定の成績を収めて昇級・昇段し、三段まで昇段すると三段リーグ(三段の全員を対としたリーグ)に入る。ここを勝ち抜くと四段に昇段し、棋士になれる。

なお女流棋士は別の基準がある(奨励会2級以上に上がれば女流棋士になれるほか、その下部組織の研修会でも所定の成績により女流棋士になれる)。論、女性でも三段リーグを勝ち抜けば(「女流」の付かない)棋士になれる。然し、今のところ里見香奈西山佳が三段リーグに進出したのが最高であり、三段リーグを勝ち抜いて棋士になった女性はいない。

また、三段リーグを勝ち抜いて棋士になった外国人もまだいない。

なお1944年花村元司によるプロ入り以外では、長らく奨励会を下から上がっていく以外のプロ入りする方法は制定されていなかったものの、のちにアマチュア選手がアマチュア棋戦で所定の成績を挙げることで、これ以外の方法でもプロ棋士になるが制定された。


囲碁の棋士


日本では、日本棋院と関西棋院のどちらかで入段試験を突破した者だけがプロ初段の棋士となり、プロ棋戦への参加資格を得ることができる。将棋とは違って女流棋士という制度は存在せず、プロ試験を受けて棋士となった女性棋士もたくさん存在している。

近年女流棋士が導入され、藤沢里菜初段が史上最年少棋士の記録を更新した(11歳)。ちなみに一般棋士としての最年少は趙治勲が長らく記録を保持していたが、井山裕太2002年にこれを更新。更に、仲2019年に10歳0かプロ入り記録を更新した。

なお、日本プロ囲碁界には外国人プロ棋士も多く所属している。日本と同じく囲碁が盛んな韓国中国台湾の出身者が多いが、他にアメリカ合衆国ヨーロッパ出身の棋士もいる。

韓国中国台湾にも囲碁プロ組織が存在するが詳細は割愛する。


囲碁棋士の対局


日本国内の囲碁棋士の棋戦は、全棋士を対としたものが9つと、他に選抜された棋士で行う大会がある。上記の将棋同様、要なものはタイトルマッチ形式で争われ、「7大タイトル」と呼ばれる。「棋聖戦」「名人戦」「本因坊戦」「天元戦」「王座戦」「碁聖戦」「十段戦」の7つがある。

女流棋戦も存在するが、将棋とは位置づけが異なり、囲碁女流棋士は通常の棋戦に参加しつつ女流棋戦にも参加する。このため女流棋戦の数は3つのみとなっている(2013年現在)。

また上記の通り、日本国外にもプロがいることから、そちらの棋士と対戦する棋戦も多数設けられている。昭和中ごろまでは、はっきりと日本囲碁における世界一の地位を占めていた。然し、1980年代から韓国勢の実が急上昇し、世界タイトルを席捲。ついで2000年代から策として囲碁の棋上昇に取り組んだ中国がこれに追随し、更に台湾勢も台頭。現在では、日本の棋士は苦戦している。


その他


時には麻雀の選手も棋士と呼ばれることがある。チェスの場合は基本的にはプレイヤーと呼ばれ、棋士と呼ばれることは少ない。


関連動画



■sm6014122[ニコ動]


関連商品


■az4839918023
■azB002QPXEA0


関連項目



最終更新日: 19/06/06 09:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ