ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


森けい二


ヨミ: モリケイジ
掲示板をミル!
6カキコ!

森雞二(もり けいじ)とは、将棋棋士である。1946年4月6日生まれ。高知県出身。大友昇九段門下。棋士番号100

昭和後期に活躍した強棋士のひとり。タイトル戦登場8回、獲得2期(王位1期、棋聖1期)。竜王戦1組通算5期、順位戦A級通算10期。

子に井咲緒里、里見香奈里見咲紀

※「」という字はJIS第3規格のため、閲覧環境によっては表示できないことがある。そのため、“森けい二”と表記されることが多い。ちなみに「」とはの同字ではあるものの、間違って二と誤植されることがある。


棋歴


将棋を覚えたのが16歳とかなり遅く、四段昇段(プロデビュー)は21歳。1978年名人戦中原誠名人に挑戦するも、2勝4敗で敗退。1982年棋聖戦で、1988年には王位戦でそれぞれタイトルを獲得した。1988年度のし選手権も優勝

タイトル戦に最後に登場したのは1995年王座戦で、羽生善治に敗れた。2006年には59歳でB級1組復帰を果たしたこともあるなど、桐山清澄とともに60歳手前まで上位棋士と渡り合っていた。2009年に通算800勝を達成。2017年引退


棋風・人物


若い頃は甘いマスクで知られる二枚目棋士でもあった。だが、性格はかなりっており棋界きってのビッグマウスとしても知られた。中原誠との名人戦では「中原は強くない。の方が強い」と発言し、その第1局は剃髪して挑んだ。王位戦挑戦時には対局相手の谷川浩司に対し 「身体でしみついた将棋を教えてやる」と挑発し、有言実行タイトルを奪取している。

桐山清澄森安秀光らと並ぶ振り飛車党の第一人者でもあり、ひねり飛や三間飛、中飛などの中戦法を得意とした。また、終盤が滅法強く、序盤がぞんざいでも戦にねじ込み相手をねじ伏せていたことから、“終盤の魔術師”が二つ名として知られるようになり、当時は「終盤はけ」とまで言われたほどである。この称は本人も気に入っていたようで、スーツネクタイというさながら奇術師のような格好をしてNHK杯の解説に何度も顔を出している。

1995年王座戦羽生善治に敗れたとき、「終盤の魔術師が本物の魔術師に敗れた」と発言。これ以降、彼は羽生の才に惚れ込み、羽生に対する様々な著書を記すようになっている。

昭和最後の真剣師、小池重明と3番勝負を行ない、そして全敗したことでも知られる(そのうち一局は手である)。これは時の会長大山康晴逆鱗に触れ、多額の罰が課されたという。また、奨励会時代には、後の女流棋士パイオニア子に破れたこともあるなど、ポカもけっこう多かった。

対局で不利になると控室へ足を運び、モニター越しの対局相手に「間違えろ~、悪手をせ!」と念をかけることで知られている。それが成功すると満面の笑みを浮かべて控室から去っていくのだという。


関連動画



■sm6498047[ニコ動]

■sm13198129[ニコ動]


関連商品


■az4861370027
■az4861370035
■az4885744334
■az4885744342


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/07/18 18:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ