ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT


ヨミ: キドウセンシガンダムガンダムバーサスガンダムネクスト
掲示板をミル!
261カキコ!

機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXTとは、ガンダムVSシリーズの一つである。
前年度に稼動した『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム』の続編にあたる。


概要


前作と同じく、ガンダムシリーズの16作品(新機動戦記ガンダムW Endless Waltz機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER機動戦士ガンダム MS IGLOOシリーズの3作品、およびSDガンダムシリーズ以外)から要なモビルスーツを集め、シリーズによって異なる世界観を越し、集結したオールスタークロスオーバー)的作品。(wikipediaより引用


ゲームとして


CPU戦は、A・B・C・D・E・F・G・Hの8つのルートで楽しめる(2009/9/1現在)。

前作の不評を反してか、A・B・Eがレベル難易度、Dルートは非常に難易度が低いが6ステージで終了、好成績を出すことで発生するEXステージFINAL NEXTなど、CPUルートは好評だった前々作「連合vs.ZAFT」に似た形式となっている。なお、新要素として、A・B・C・Hルートでは「次ステージが2つ用意され、どちらか好きな方を選べる」という、「ストリートファイターⅢ 3rdStrike」に似た要素が追加された。

機体の少なさが摘されることのあった点も善されており、新規参戦機体が豊富である上、解禁機体も期から用意されている。また、各機体間のパワーバランスも調整されており、特に前作で大問題となったバランスブレイカー(7強)に対しては相応の弱体化措置が組まれたため、前作ほどの強さはない。

あらゆる行動(一部対外だが)をキャンセルしてブーストダッシュを発動する新要素「NEXTダッシュ」の登場により、ゲームスピードが一気に上がった。稼働初期はこのシステムを利用して弾幕れる万機が強いんじゃないか、とも騒がれたが実際そんなことはなくプレイヤーレベルが上がった現在では弾幕で勝てるほど甘くはないことが周知され、前作が「ステップゲー」と言えるならば今作はどちらかというと「着地取りゲー」と言えるゲームバランスになっている。

圧倒的に強いフリーダムとプルキュベコンビばかり(というかベスト8すべて)が上位に進出し、機体バランスの甘さが浮き彫りになった前作とは違い、今作は全ベスト8のコンビが全て違うコンビであった。シャッフル大会などでは一般的に弱いと言われる機体で優勝する猛者(そのぐらい性の差が少ない)もおり、倍近く機体が増えたのにもかかわらず、機体バランスは前作とべるとかなり良好。

前作同様にキャラゲーとしての魅は高いが、「NEXTダッシュ」による体感速度向上により、初心者には相応の慣れを要することとなった。ただし、前作以前の環境で必須となっていた小技やセオリーをあえて崩したことが幸いし、テクニック面ではむしろ敷居が低くなっている。

次回作は『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス』。2010年より稼働。

前作との大雑把な差異

等。
 

ネタ要素として

等々。詳しくはこちら[外部]を参照


諸解禁



登場機体


コスト欄に「※」とある機体は、CPU専用の機体で、現時点でプレイヤーが選択できない大MS・MA、または解禁待ち機体です。
アシストの横のキャラクター名や団体名は、その機体のパイロットを示します。


次へ»
最終更新日: 11/10/08 23:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ