ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


機動戦士ガンダム EXTREME VS.


ヨミ: キドウセンシガンダムエクストリームバーサス
掲示板をミル!
894カキコ!

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』とは、機動戦士ガンダムvs.シリーズの一つである。略称は『EXVS』『エクスト』『ガンエク』『エクバ』など多岐に渡るが、ここでは最も流であろう『EXVS』を用いる事にする。
ニュータイプキャンペーンセット導入店2010年9月28日から稼働している。

DXセット2010/10/13から順次稼働。一般セット12月より順次導入された。

2011年12月1日PS3移植版が発売された。

2012年より、マイナーチェンジバージョン連ジ・エウティタにおけるDX版)である「機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST」が稼動予定。


概要


機動戦士ガンダム ガンダムvs.ガンダムシリーズと同じく、様々なガンダムシリーズから機体が参戦するクロスオーバー作品となっている。今作より、今まで未参戦だったOVAの『MS IGLOO』、小説漫画展開がだった『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』『機動戦士クロスボーンガンダム』の計3作品が新規参戦した。

今作はアーケードの基盤にPS3互換のSYSTEM357基盤を使用しており、HD画質での映像になっている。それに伴い、これまでのようにグラフィック流用・リテイクなどを行わず、すべての機体・ステージを一からハイポゴンで作り直している。

またシリーズでは初めての要素が多数あり、ICカードによる戦績の保存や、モバイルサイトとの連動、ライブモニターでの店内や全の対戦リプレイの配信なども予定されている。

なお、本作から製作チームバンダイナムコゲームスに移籍している関係上、カプコンは一切関わっていない。


システム


エクストリームアクション

前作『NEXT』で存在したNEXTダッシュに加え、格闘攻撃をステップで、さらにステップをジャンプキャンセルする事ができるようになった。後者は共に『連ザ』から復活した要素であるが、ステップキャンセルに関しては当時のようにキレのある動きができるわけではないため、立ち回りにおける必須テクニックというわけではない。

エクストリームバースト

『連ザ』以前のシリーズではおなじみの覚醒システムが復活。今作では従来作品の仕様に加えて、一部機体で追加が発動する事もある。(Gガンダム勢の明鏡止水や、00ガンダム勢のトランザムなど)
『連ザ』のように50%覚醒100%覚醒を使い分ける事ができるが、今作では食らい覚醒100%覚醒限定となっている。また、一部機体には覚醒武装が設定されており、覚醒後に再度覚醒コマンドを入する事で発動できる。(ただし、覚醒・ブーストゲージ全消費+発動終了時まで覚醒状態扱いになるデメリットが存在する)

総じて、個人技で勝敗が決まりがちな前作と打って変わって『連ザ』以前の僚機との連携に重きを置いたシステムとなっている。


その他細かい変更点



アップデート


 


参戦機体


現在判明している参戦機体は以下の通り。
※1:コスト欄「MA」はボス専用の巨大モビルアーマー
※2:ノリス・パッカード大佐は担当声優市川治氏が2009年1月に亡くなっているためライブラリ出演となる。
※3:一部キャラは前作から衣装が変更されている場合有り。


次へ»
最終更新日: 13/04/24 23:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ