ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


機動戦士ガンダムオンライン


ヨミ: キドウセンシガンダムオンライン
掲示板をミル!
1578カキコ!

機動戦士ガンダムオンラインとは、ヘッドロック開発バンダイナムコ運営オンライン対戦TPSゲームである。

基本プレイ無料アイテム課金制。2012年12月25日より正式サービス開始。

WebMoney Award 2014」にてBEST GAMES賞を受賞した。


概要


宇宙世紀舞台に、連邦軍とジオン軍に分かれ、最大で5252の対戦が出来るWindows専用のオンライン対戦ゲーム

プレイヤーパイロットとして、もしくは指揮官として戦場に参戦する。

パイロットでは自らモビルスーツに搭乗し、敵機を撃破したり、敵本拠地を攻撃・破壊することなどによって自軍の勝利す。

指揮官では各味方モビルスーツ示を出し、指揮官が要請できる戦術支援を行って自軍が有利になるよう務めることになる。

2015年8月26日より「0096」アップデートが行われる。今後はラプラス戦争(第三次ネオジオン抗争)、即ち「機動戦士ガンダムUC」の時代へと突入していくこととなった。飛びすぎだろ。

って思ったらあとから「ΖProject」を開始している。どういうことなの……

2016年10月26日には大アップデートガンダムΖΖ)を開始……するはずだったのだが、何を思ったのか直前に11月9日への延期を決定。

すでに同発売の雑誌「ガンダムエース」には26日付でのアップデート情報が掲載される予定であり、修正は利かない状態であった。更には掲載していた仕様から一部変更が行われている。

あまりに急な延期の知らせにユーザーから不満のが挙がったのは言うまでもない。

2018年5月30日より「La+(UC.0096)」アップデートが行われ、めてラプラス戦争に突入することとなった。


参戦ルール


 2019年5月現在、基本的なルールは以下の3つ(詳細は後述)。

大規模戦

 このゲームにおけるメインの参戦ルール

 最大人52vs52パイロット51人+指揮官1人)による同時対戦を行う。

 3拠点分(マップによっては2拠点分)の戦ゲージが両軍に存在し、MSの撃墜で微量に、本拠点へのダメージで大きく変動するこのゲージ残量がより多い営の勝利となる。

局地戦

 6vs6による少人数の参戦ルール

 大規模戦と違い本拠点は存在せず、MSの撃墜によるゲージ減少が大きいためMS戦がメイン

トーナメント

 開催日時が公式サイト等で予め予告されている参戦ルール。基本は大規模戦と同様。

 参戦予約が確定した時点でチーム分けをされ、自分が所属しているチームメンバーと共に他のチームに勝って優勝をす。

 使用できる機体が限定されていたり、特定の機体コスト以下の機体だけ使用できるなど、トーナメントのみの特殊な参戦条件が設けられたりしていることも。


本拠点破壊戦


大規模戦の基本ルール

マップ上に配置された『拠点』を占領しながら前進し、敵軍の『本拠点』を全て破壊、もしくはより多くのダメージを与え、制限時間経過時に戦ゲージの残量が多い方が勝利となる。

基本的に両営とも、モビルスーツは破壊されても何度でも自軍拠点からのリスポーンが可(ただし微量ながら自軍の戦ゲージが減少する)。

ほとんどのマップ広大で複雑な地形を有しているため、単純なTPSというよりRTSとしての要素が濃厚で、いかに相手営の裏をかき、敵深く潜入し敵本拠点に攻撃するか、そして防衛側はいかにそれをさせないかが重要な争点となる。

本拠点の形状にもいくつか種類があり、

 (外観によりや裸など)

 戦艦潜水艦も含む。後述するが移動する本拠点としても登場する)

 MA型ジオン側のみだがシャンブロが相当)

に分かれる。どの本拠点を先に攻略するかの選択も必要となってくる。

また本拠点と併設してバトルエリア(BA)が設定されているマップも存在する。

BAはマップ上の黄色の円形でどこまでが範囲内なのかを区別でき、このBA内に存在する味方機が多いほど、時間経過で相手の戦ゲージを減らすことが可

なお、マップはその時配信されている複数の中からランダムに一つが決定されるため、プレイヤー自由に選択することはできない(一時期任意にマップを選べるような仕様になったことがあったが、特定マップばかり選ばれるようになったため止された)。

これらのマップは基本的にメンテナンス毎に更新される。同じマップ名でもサブタイトルによって地形や内容等の仕様が異なるため、戦闘前にしっかり確認することが必要。

過去には制圧戦や襲撃戦が存在していたが現在は本拠点破壊戦のみとなっている。


パイロットモード


プレイヤーは4機(部隊に所属している場合は部隊で配備されている鹵獲機体を使用できるため5機)のモビルスーツを選択し、デッキを組んで戦闘に参加する。

モビルスーツにはそれぞれ機体の兵科(タイプ)と機体コストミッションユニットコスト(後述)が存在し、デッキコスト上限内に収まるよう編成する必要がある。

な機体ほどコストが高くなり、被撃墜時の再出撃可な時間が長くなる。

このデッキコストプレイヤーランクアップに応じて、その上限が底上げされる(課金、もしくは特定のチケットを使用することにより回数制限有りだが上限を大きく増やす事が可)。

コストオーバーの場合は過している分の機体が出撃不可の扱いになるため注意が必要。

ミッションユニットコストとは、「ミッションユニット」と呼ばれるパーツを利用するためのコストで、高コスト機ばかりで編成するとまず恩恵を受けれない要素。

LV1~3まで存在し、特定の武器種の威を上昇させたり、機体の基礎に様々なボーナスを追加することが可過去には特定の機体の組み合わせでデッキボーナスが発生し、コストに関係く機体性特定の武器種の威が上昇していた)。


兵科(機体タイプ)


モビルスーツは5つの兵科(タイプ)に分けられる。

強襲

 多くの機体が標準でシールドを装備しており、耐久や機動に優れている兵科。
 その足回りを活かしてMS戦から敵本拠点襲撃まで幅広く立ち回る事が可
 他兵科とべて格闘武器の扱いも得意なので接近戦にも強い。
 連邦ジオンともに最もバリエーションに富んだカテゴリと言える。

 例:連邦軍「ジム」 ジオン軍ザクⅠ

重撃

 近~中距離における射撃戦用の兵科。
 特にチャージすることで性を強化する武装が多い。
 強襲とべて機動は劣ることから、防衛や迎撃運用がメイン

 例:連邦軍「デザートジム」 ジオン軍ザク・デザートタイプ

支援

 前線で戦う前衛達の支援を得意とする兵科。
 被弾した味方機への修理弾薬の補給はもちろん、レーダーポッドによる周辺の索敵、
 対による敵の撃への対処も可であり、前線維持や期警の重要な役割を担う。

 例:連邦軍「ジムトレーナー」 ジオン軍ザク・ワーカー

砲撃

 迫撃を装備し、後方から面制圧を行う後方支援用の兵科。
 迫撃はまず着弾地点を定して発射。その定地点に爆発を伴う弾を降らせ、前線の味方機を援護する。
 支援機が設置した対の前ではだが、一部機体はこの対効化する強化弾を持つ。
 足回りは壊滅的なので、位置取りや地形把握が重要な玄人向け。

 例:連邦軍「量産型ガンタンク」 ジオン軍ザクタンク

狙撃

 射程に優れたスナイパーライフル等を装備する遠距離戦用の兵科。
 敵機の射程距離外からの狙撃軸となり、エイムが特に重要。
 一部機体は地雷レーダーポッドを装備できるため、支援機としても運用可
 耐久・機動は低く、近距離戦用の武装も貧弱なため敵の接近を許すと命取りになる。

 例:連邦軍「ジム・スナイパー」 ジオン軍ザクⅠスナイパータイプ


指揮官モード


他のプレイヤー達の指揮官となり、様々な示を与える他、戦術ゲージを消費して戦術支援を行う。

戦術ゲージは味方が攻撃系の命を達成させたり、マップ上に散らばるコンテナを自軍の拠点に回収してもらうことで溜めることができる。

戦闘開始前の一定時間内に指揮官の立補がなかった場合は、揮のポイントを一定量持つ人が「代理指揮官」として、パイロットとして戦闘をしながら各種戦術支援を行う事ができる(先着5名まで)。

主な戦術支援

ここでは代表的な物を紹介する。

索敵

 定した範囲内の敵MSや設置物などを一時的に全味方プレイヤーレーダーに表示させる。

 一部MAPでは「機」を発進させ、特定ルート上を撃墜されるまで索敵させることが可

爆撃

 爆撃機を飛ばし、定した範囲を爆撃してもらう。

 拠点防衛から味方の擁護まで、使いは幅広い。また、設置された対による迎撃は受け付けない。

 バリエーションとして、一定のライン爆撃してくれる「絨毯爆撃」も存在する。

ミノフスキー粒子

 定した範囲内にミノフスキー粒子を撒き、範囲内の各プレイヤーレーダーや設置されているレーダーポッドによる索敵情報カメラガンを効化する。

 味方の進軍に合わせて発動することで敵に特定の地点を警させたり、後述の戦略兵器レーダーから隠す役を果たす事などが可

 なお、一部機体にはこの戦術支援によるレーダー効化できるモジュールが搭載されている。

補給艦

 リスポーン地点にもなる補給艦を降下させる(連邦なら「ミデア」や「コロンブス」、ジオンなら「ファット・アンクル(も含む)」や「パプア」)。

 設置場所はマップによって限られているが、隣接した味方機の修理・補給を自動で行ってくれる。

 また、設置可な場所によっては敵本拠点への突撃用リスポーン地点としても有用。

 設置場所が自由になった代わりに修理・補給が不可能な「補給艦ビーコン」も存在する。

戦艦要請

 時間経過で戦艦を出現させるビーコンを設置する。

 最大5名までが操縦席、左/右固定砲台、左/右メガ粒子砲台のどれか1席に搭乗できる(5名埋まるまでは自由に席替えが可)。

 操縦席が戦艦の移動、固定砲台メガ粒子砲台はある程度射を操作しての撃が可

 5名搭乗とは別に戦艦そのものがリスポーン地点としても利用可であり、敵本拠点の上まで強行→一斉降下の戦術はよく行われる。

 ちなみに戦艦同士がぶつかると双方とも即撃沈し、脱出せず搭乗していたプレイヤー全員撃墜扱いとなる。

 マップによっては特定の方向に直進する「強襲艦」として出現する場合もある。こちらはリスポーン地点としてしか利用できない(自動で敵へ攻撃する)。

 一部マップでは移動できる本拠点としても登場。使い方は戦術支援戦艦と同様だが、本拠点であるためダメージを受けると戦ゲージが著しく減る。

 当然戦艦同士の接触による即撃沈もあるため、相打ちを狙う場合は相応の覚悟と状況判断が必要。

 連邦軍は「グレイファントム」「サラミス」「クラップ」(後者二隻は宇宙での強襲艦としてのみ)、ジオンは「ザンジバル」「ムサイ」「ムサカ」(同)が登場。

エース要請

 アムロシャアなどのエースパイロットを出撃させる。

 指揮官示をすることで定地点・拠点への攻撃/防衛をしてもらえる。

 火力耐久プレイヤーのそれと較して非常に高く、状況次第では一騎当千の活躍をしてくれる。

 ・・・が、基本的にNPCAIがお粗末なので、示通りに動いてくれないことも(最近はある程度善されたが)。 特定マップでは地形にハマったまま動いてくれなくなる事も・・・。

 マップククルス・ドアンの島」ではククルス・ドアンが両軍に攻撃を仕掛ける特殊なエース機として登場する。原作さながらに投石をしてくるのだがこの投石、一撃でMSを大破させる恐ろしい威を誇る。怖い。

 また、一部マップではエース機にプレイヤー自らが乗り込んで操作することも可

 ただし、こちらは出撃から一定時間経過か被撃墜で消えてしまう。一定時間後に再度要請可

 さらには、エースを出撃させた地点から出撃して、敵本拠点への強襲をかけることができるマップも。

戦略兵器

 通称「核」。定範囲内に設置することで大爆発を起こし、周辺に存在する機体や設置物、施設を差別に破壊する。

 その威は敵本拠点を一撃で消し飛ばす程で、使い方によっては一発逆転も可

 これが存在するマップでは、当然ながら敵側も警してくるため、どのように運用するかで指揮官の腕前が問われる。

 一部のマップでは運搬者が自由に起動地点を決められ、同時に複数運用できる代わりに威が抑えられた「試作戦略兵器」も存在する。

 余談だが、南極条約により核兵器は使用禁止となっており、それゆえ厳密には核ではないと思われる。 GP02戦後だし使ったデラーズフリートは残党でではないですよ?


次へ»
最終更新日: 19/08/21 17:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ