ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY


ヨミ: キドウセンシガンダムシードエックスアストレイ
掲示板をミル!
2カキコ!

 

ボク導師様より、あるモノを地球に持ち帰るようにとの使命を受け、宇宙へと立ちました。
その後、あるモノを手に入れる事に成功したのですが
地球へ戻る途中、マークを付けたMSに襲撃されました。

ボクは何も出来ず、緊急通信を発信した直後に意識を失い、地球へ持ち帰るモノを奪われてしまいました。
その後、ボクは接触予定だったジャンク屋の方々に救助されました……。
ボクロウさん達に、ドレッドノートの秘密の全てを打ち明ける事にしました。

核で駆動し、ニュートロンジャマー化するニュートロンジャマー・キャンセラーを搭載している事。
そして、奪われたのが、そのニュートロンジャマー・キャンセラーである事を……。

その頃、ドレッドノートに関するザフト暗号を解読したユーラシア連邦は、
そのが物とする為、密かに行動を開始。MS実験部隊である「特務部隊X」に捜索命を下しました。

そしてザフトも、ドレッドノート所在を突き止め、このリ・ホームに奪還部隊を差し向けていました。

今まさに、ドレッドノートを巡る、運命の歯車が回り始めたのでした……。

ゲーム「GENERATION of C.E.」Astray7「勇敢なる人」より


概要


機動戦士ガンダムSEED外伝機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズの第2作
第1作の「小説版」や「ASTRAY R」とは同時期の作品である。一応、小説版には「X ASTRAY」を補する話も入っている。(風花とプレアショートストーリー

“運命の子”プレア・レヴェリーと“スーパーコーディネイター”の失敗作の烙印を押されたカナード・パルス焦点を当てた。ジャンク屋やサーペントテールも引き続き重要なポジションで登場。これは本作より後の作品全てに該当する。

物語の鍵を握るのはとある機体に搭載されたニュートロンジャマーキャンセラー。そして、不全なクローンキラ・ヤマトに固執する失敗作のコーディネイターの邂逅。その結末は手離しで喜べるハッピーエンドではない。
だが決して駄な出会いなどではなく、それを通したラストシーンこそが本作の全てと言える。

漫画全2巻構成。2013年に発売された「ASTRAYリマスター版」に収録済み。


登場人物


この項では、X ASTRAYからの要人物二人のみを記述する。

レア・レヴェリー
本作の重要人物。マルキオは彼を“運命の子”と呼ぶ。
正体は、「ガンバレル」などの特殊兵装を扱う為に、高い戦闘間認識)を欲した地球連合により生み出されたクローン。そのためMSの操縦可もでき、ドレッドノートの特殊武装「ドラグーン」が使える。

だが彼のクローニングは不全な物で永く生きる事が出来ず、その寿命も既に尽きかけていた。最後の出撃でカナードとっ向から対峙し、戦闘の末に自らの命の火を燃やしてカナード、ひいては彼の心をも救う。
搭乗機「ドレッドノート」は勇敢なる人の意。プレアの勇敢な生き様はカナードへ深く影を与えている。

カナード・パルス
本作の要人物。ユーラシア連邦に所属する「ハイペリオンガンダム」のパイロット
彼はスーパーコーディネイターの失敗作。一の成功体であるキラ・ヤマトを逆恨みしている。
失敗作といえど腕は確かで、2対1の戦闘においてプロ傭兵集団サーペントテールを寄せ付けず、同機「ハイリオンガンダム2号機」を殺する程。任務の中、憎悪の炎はキラだけでなく、プレアジャンク屋達に向く。

最後の戦闘でプレアの決死の行動に心動かされ、なおかつ機体の爆発からプレアによって救われる。
そしてオーブで不全なクローンとしての命が尽きかけていたプレアの最期を看取った。
その後、彼はキラ・ヤマトと出会うが、憎しみに任せた敵対行動を取らず、ただキラとすれ違うのであった。


登場メカ



関連動画



■sm270018[ニコ動]

■sm147324[ニコ動]

■sm1623465[ニコ動]
■sm511251[ニコ動]


関連商品


■az4047136255
■az4047136603


リマスター


■az4041207037
■az4041207916
■az4041207924


関連項目


ASTRAYシリーズ時系列順>(※一部被っている物あり)


外部リンク



最終更新日: 13/12/08 15:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ