ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


機動新世紀ガンダムX


ヨミ: キドウシンセイキガンダムエックス
掲示板をミル!
1073カキコ!

 

「月は出ているか?」

 

『機動新世紀ガンダムX』とは、サンライズ制作したロボットアニメである。

概要は出ているか?

監督 高松信司
シリーズ
構成
川崎ヒロユキ
キャラクター
デザイン
西村
メカニック
デザイン
大河原邦男
石垣純哉
音楽 樋口康雄
制作 サンライズ
製作 サンライズ
テレビ朝日
話数 39

ガンダムシリーズとしては、サンライズ制作テレビアニメとしての新機動戦記ガンダムWにつづく7番平成ガンダムシリーズとしては3作の作品にあたる。

作品としては「宇宙地球戦争」「コロニー落とし」そして「ニュータイプ」など従来までの宇宙世紀作品に多い要素を多く扱っているのが特徴で、それまでのインパクト重視の路線からは大分異なる作となっている。

1996年4月5日から同年12月27日まで(テレビ朝日12月28日まで)、テレビ朝日およびその系列局にて放送された。

当時のテレビ局の経営事情により何の予告もなく一部で放送日が変更され、全39話で終了した。これはテレビ局の編成上の都合による放送期間短縮であり、初代「機動戦士ガンダム」のような人気低迷による打ち切りとは厳密には異なる。また、制作体制が非常に逼迫していたこともあって、以降のガンダムシリーズでは数年毎に一作を放映するというペースに変化することになる。

2005年よりDVD化され、2010年にはOPフィルム切り出しやその他特典を詰め込んだ初回限定生産のDVD-BOXが発売された。

なお、本作より9年後のA.W.0024年の世界を描いた、『機動新世紀ガンダムX~UNDER THE MOONLIGHT~』という外伝が、角川書店より刊行されている(※本編キャラは基本的に登場しない)。

あなたに、ストーリーを…

A.W.15年(アフターウォー)第七次宇宙戦争後の荒した地球戦争孤児のガロードは、ジャンク屋を生業として逞しく生活していた。そこに、変な依頼が飛び込んでくる。放棄された軍需物資を売買を行うバルチャーたちに誘拐されたティファ・アディールという少女を取り戻して欲しいというが・・・。

私の愛馬は特徴的です

本作は「ガンダムを考えるガンダム」と呼ばれ、今までのガンダムられてきたニュータイプとは、世界とは、という課題がメタフィクション的に視聴者に投げかけられた作品である。それは、ニュータイプではない少年ガロードニュータイプと呼ばれる特殊を持つ少女ティファの二人を軸に、出会った人々との交流や別れ、そして戦いによって描かれている。

物語は4週で1エピソードという形式で作られ、1エピソードごとの起承転結がしっかりと作られているのが特徴。
また、各話のサブタイトルは登場するキャラクターの劇中のセリフがそのまま用いられており、次回予告の最後にそのセリフを言うシーンが挿入される。
ちなみにその次回予告はEDテーマセットで流れるのが特徴で、EDアニメーションそのものの映像はごくシンプル。ただしEDアニメ(約90)を丸ごと次回予告に割り振っていると言う事も出来るため、その意味では歴代最長の次回予告である。
台詞サブタイトルとなる点を含め、ガンダムXという作品の特徴の一つと言えるが、この次回予告は「エンディングは毎回同じだから視聴率が落ちる」とテレビ局の上層部から不満が出たため作ったものだとのこと。

なお、このED演出を他作品にて再現したMADも複数投稿されている。

第3話タイトル私の愛馬は凶暴です」はインパクトが強いためか、意外と知られている。

エピソードリストが見えた!

第01話 月は出ているか? ジャミル アルネイティヴ社編 21 死んだ女房の口癖だ トック ゾンダーエプタ編
第02話 あなたに、を・・・ ティファ 22 15年の亡霊 トック
第03話 私の愛馬は凶暴です シャギア 23 私の夢は現実です ティファ
第04話 作戦は一刻を争う! ジャミル 第24話 ダブルエックス起動! ガロード
第05話 (ひきがね)お前が引け ジャミル 25 君達は希望 リー将軍 エスタルド編
第06話 不愉快だわ… サラ サン・アンジェロ 第26話 何も喋るな※2 ウィッツ
第07話 ガンダム、売るよ! ガロード 第27話 さらばで御座います*3 リー将軍
第08話 あの子、許さない! エニル 28 撃つしかないのか! ガロード
第09話 巷にの降るごとく テクス 第29話 私を見て ティファ ニュータイプ研究所編
第10話 ニュータイプ リス フォートセバーン 30 もうえない気がして ティファ
第11話 何も考えずに走れ! ジャミル 31 飛べ、ガロード ジャミル クラウド9編
第12話 私の最高傑作です モア 32 あれはGファルコン ランスロー
第13話 愚かなを撃て リス 第33話 どうしてを知っている!? ガロード
第14話 が聞こえるか! ガロード 34 見えた! ガロード
第15話 天国なんてあるのかな ロアビィ 故郷編 35 希望は消さない リス D.O.M.E.
第16話 私も人間(ひと)だから ティファ ローレライ 第36話 らがめた戦争 オルバ
17 あなた自身が確かめ ティファ 37 フリーデン発進せよ ジャミル
第18話 Loreleiローレライ オルバ 第38話 私はD.O.M.E…
かつてニュータイプと呼ばれた者
D.O.M.E
第19話 まるで夢を見てるみたい ルチル※1 39 はいつもそこにある ナレーション
20 …またえたわね エニル セインアイランド編

※1台詞自体はティファの口から発せられたものだが、この時はルチルの精ティファに移っている。
※2台詞ではなく言のシーンが流れる。
※3:他のサブタイトルと同様に劇中のセリフなのだが、放送時間変更のタイミングと相まって誤解を招く要因のひとつとなった。

私は放送時間変更問題…かつて打ち切りと呼ばれた者

制作局であるテレビ朝日では、10月の番組再編時に事前の予告なしでいきなり放送時間が土曜6時に変更になり、それが分からなかった視聴者が多く、打ち切られたと勘違いしたファンもいた(一部系列局ではそのまま放送された)。

放送時間帯の変更の理由は、前作にあたるガンダムWの視聴率の低迷が問題視されつつある中で制作された経緯があり、当時の視聴者ロボットアニメ離れと相まってテレビ局の要望に応えられなかったこと、また、テレビ朝日自体が外資メディアによる買収攻勢の最中にあり、防衛策の一環として企業価値を高める(全体の視聴率の向上を図る)のが急務であったことが上げられる。

作品で訴えたメッセージに関しても、ニュータイプ幻想であると定義したが、視聴者の中には単純にニュータイプ全ての否定と誤解する人もおり、当時はネット環境も今ほど整備されておらず議論情報の場が十分でない環境も相まって既存のガンダムファンからは非難もあった。これは特別なを持つ事と人の革新未来を創る事は関係であるという意味合いであり、ニュータイプそのものの否定ではい。このニュータイプを特別視する考え方の否定は同時期の宇宙世紀作品であるクロスボーンガンダムでもられている。また、プラモデル販促アニメとしての側面から言っても、あまり芳しくはなかったと言われる。販促に難があったのは、平成ガンダムと呼ばれるV以降によく言われている話であるが、バンダイが俗に言うファースト世代の売り上げとべているためだというもある。

以上の事から放送後暫くはシリーズの中でも立たない存在だったが、スーパーロボット大戦シリーズへの出演を切っ掛けにゲーム関係の露出が増え、以降は再評価が進み、現在は一定の人気を得るに至っている。近年発売されたプラモデル等の関連商品売り上げも好調だった。また、その丁寧に作られた作には根強いファンも多い。

なお、全39話(3クール)で終了したのは番組開始後に編成上の理由から期間短縮が決まったためである(DVD-BOXインタビューより)。

ただし、内容的には当初予定していたエピソードは欠けることなく盛り込まれ、打ち切りにありがちなストーリーの破綻も事に話数に収まるようにエンディングまでを描ききっている。

ガロード・ランの名前は、『を行く』がであるといわれる((ガ)ロード)・行く(ラン))。

登場人物で御座います

[画像を見る][画像を見る]

機体一覧なんてあるのかな

僕らが求めた楽曲だ

ROmantic Modeによる二つのオープニング曲は人気があり、ニコニコ動画でもよくMADに使われている。


次へ»
最終更新日: 19/02/05 01:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ