ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


欧州車


ヨミ: オウシュウシャ
掲示板をミル!
19カキコ!

欧州車とは、ヨーロッパ大陸で製造される自動車の総称である。ヨーロッパ車と言われる事も多い。


欧州車の範囲


言葉の原義に照らし合わせれば、ヨーロッパ大陸で作られるになるが、日本においては正規輸入されているドイツフランスイタリアなどと言った具合にある程度範囲が限定されてしまう。

日本においてはイメージ戦略上、日系メーカーでありながら敢えて欧州製を強調して販売するケースがある(トヨタ・アベンシススズキ・スプラッシュなど)


欧州車の特徴


によって、大きくの性格が異なってきてしまうので一概にこうであるとは言えないのが特徴である。この項では日本国外の事情も織り交ぜて説明する。

一般的には固い足回りがあげられる。これはドイツアウトバーンの存在があり、長距離の運転においても安定して走行出来るようにする為である。ヨーロッパアウトバーン以外にも様々な高速道路があり、を跨いだものもしくない為である。その中でプジョーは例外的に足と言われるほどにしなやかなものとなっている。石畳の多いフランスでは固い足回りは不快以外の何物でもない為であり、同じようにシトロエンハイドニューマチックという非常に特殊な足回りを採用するなどである。

日本ではあまりピンと来ないかもしれないが、ディーゼル流である点も大きい。によってはシェアガソリントントン、もしくはそれ以上である程であり、日本でもラインナップにない種でもディーゼルが存在するほどである。これは排ガス規制においては日本アメリカNOxの量を重視してたのに対してヨーロッパではCO2の量を重視していた為である。その為、ガソリンべてCO2量の少ないディーゼルは優遇されていたが、経済性の高さや近年の高性化でガソリン駕するほどの性を得た事で非常に高い人気を誇る。

ディーゼルセットマニュアルトランスミッション率が高い事も特筆される。単純に経済性の面もあるがヨーロッパ車のエンジン格に対して排気量が低い場合があり、少ない排気量でパワーを最大限発揮させる必要のある場面ではパワーロスや運転者の意図とは異なる変速が行われる事のあるオートマを敬遠する場面が多い。また、オートマも独自の変化を遂げており、日本アメ車トルコン式がほぼすべてであるのに対して、マニュアルギアボックスをベースにした「セミオートマチック」が多い。

日本に導入される小1400cc1600ccといった中途半端に見える排気量があるが、これは当地の税制度に合わせたものであり、前者はともかく、後者の場合は日本ではたった100cc2000cc分の税となってしまう。


日本における欧州車


1980年代以降、現在に至るまで日本が影を受けるとして欧州車、特にドイツがあげられる。例としてドアミラーに取り付けられるウィンカーの走りはメルセデス・ベンツである。それまで、アメ車に倣った部分の多かった高級ベンツBMWのようなコンセプトを倣ったものが増え、足回りも引き締められた。

古くはフォルクワーゲン・ビートル(タイプ1)が知られた。この冷であり、まだ日本自動車明期であった1960年代における自動車は暖気運転が必須であった。その為、一刻一を争う医者、特に開業医にとって、いちく患者の元へ向かえるビートルはおあつらえ向きであり、「医者」というあだ名があったほどである。また、スーパーカーブームによって、フェラーリランボルギーニが広く紹介され、一大ムーブメントとなった。

とはいえ、1980年代ばぐらいまでは輸入と言えばアメ車な時代であり、ヨーロッパ車は好き者であったり、ちょっと変わった物に乗りたい人以外にとってはビートルなどの種を除けばまだまだ知名度は高くなかった。しかし、1980年代以降、それまでヤナセのようなインポーターからの輸入から、日本法人設立による直接的な輸入に切り替えるなど、欧州車メーカーが攻勢に転じてくると、徐々にブランドの知名度が浸透していった。時折りしもバブル経済、高級メルセデス・ベンツロールスロイスキャデラックなどのアメリカ製高級にとって代わって中を走るようになった。特に六本木ではBMW3シリーズ(当時)が六本木カローラメルセデス・ベンツ190Eが小ベンツと言われた具合に、若干化したイメージがありながらもその存在感は広く知られてきた。その後、バブルは弾けたがその後、小が導入されるとこれまた円高の影安価に手に入れられるようになった。

現在は一頃の熱気は落ち着いているが、近年は個性的な種やブランドから根強い需要が存在し、その中でも売り上げを伸ばしているケースが存在する。


欧州の商用車


商用日本と同じように、バンベースの小貨物から、車両総重量・20t又は車両連結総重量4044tの大まで幅広くある。どんな商用を作るかはメーカーによって違いはあるが、軽量なものは乗用車を製造するメーカー及びブランドが、重量が大きいものは専業メーカーブランドが製造する傾向にあるのも日本と似ている。

商用を製造する会社で最も大きいのはダイムラー(独)であり、同社は世界規模でも最大の商用メーカーになっている。それ故に下のメルセデス・ベンツは小貨物から大トラックバスに至るまで、欧州で最も多く見られる商用ブランドである。他にボルボグループ(瑞)に属するボルボトラックス及びバス(瑞)とルノートラックス()、パッカーグループ()のDAF()、フォルクスワーゲングループ(独)のMAN(独)とスカニア(瑞)、フィアット()のIVECO()、タトラ(捷)などのメーカーが鎬を削っている。


特徴


ヨーロッパの小・軽量の商用に特徴的な事は貨物バンに関してはフルネットと言われる形態が存在している事である。前半分は乗用車のものと同じであり、後半分は屋根の高いバンボディを採用している。また、駆動方式も小以上にあってもFR方式を採用する日本アメ車と違い、FF方式が多く採用されている。

で特徴的なのは、一つはスリーパーなど生活間としての装備が充実していること。理由は、長距離輸送にあっては一回の運送(航)が長期間に及ぶことが少なくないためである。それ故に、長距離輸送で多用されるセミトラクタを中心に、スリーパーの快適性や様々な小物を収納する収容の向上に、どのメーカーを入れている。大におけるもう一つの特徴は、セミトラクタのシャシーレイアウトが豊富なこと。日本でも見られる総二軸・駆動一軸の4x2、総三軸・駆動二軸の6x4はもちろんあるがそれだけではない。総三軸・駆動一軸の6x2、総三軸・駆動一軸・リフアクスル一軸の6x2/4などがある。これに加えてリジッドシャシー(単)も色々とあるので、シャシーバリエーションはかなりのものになる。

セミトラクタのシャシーが豊富に用意される背景は、ヨーロッパではEU域内でも規制バラバラであること、そして長距離輸送でセミトラクタ・セミトレーラが多用されることがあげられる。つまりえた輸送でセミトラクタ・トレーラは多用されているのだが、行く先々の規制バラバラということなのだ。EUという規制ガイドラインはあるものの、必ずしもEU加盟がこの通りの規制をかけているわけではない。

一例だが、規制がどうなっているかをご覧頂こう。

ドイツ フランス イギリス スウェーデン ノルウェー
(非EU)
フィンランド オランダ
全高
(m)
4.0 なし なし なし なし 4.2 4.0
全幅
(m)
2.55 2.55 2.55 2.55 2.55 2.6 2.55
単体全長
(m)
12 12 12 24 12 12 12
セミトレーラ
連結全長

(m)
16.5 16.5 16.5 24 17.5 16.5 16.5
ロードトレイン 
フルトレーラ
連結全長

(m)
18.75 18.75 18.75 25.25 19.5 25.25 18.75
2軸トラクター
車両総重量
(t)
18 19 18 18 19.5 18 21.5
3軸トラクター
車両総重量
(t)
26 26 26 26 26 / 29.5 26 33
非駆動軸重
(t)
10 13 / 12 10 10 10 10 10
駆動軸重
(t)
11.5 13 / 12 11.5 / 10.5 11.5 11.5 11.5 11.5
総5軸
連結総重量
(t)
40 44 40 48
(一般)

60
(ロードトレイン)
46
(一般)

56
(ロードトレイン)
スウェーデン
と同じ
50
総6軸
連結総重量
(t)
40 44 44 同上 47 48 50
コン
連結総重量
(t)
44 44 44 - - - -

という具合である。これがどういうことをもたらすか、フランスからイギリスに荷物を運ぶ場合で考えて見よう。


次へ»
最終更新日: 17/09/13 07:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ