ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


歌うPシリーズ


ヨミ: ウタウピーシリーズ
掲示板をミル!
90カキコ!

1. 歌うPシリーズとは、VOCALOIDの作り手(P)が歌ってみた時に付けられるタグである。

歌うPシリーズでタグ検索[動]

2. まさかのP音(自主規制音)が歌う曲。→【初音ミク】腐れ外道とチョコレゐト【オリジナル】

3. 歌詞が"P"しかない曲→【初音ミク】 P 【オリジナル】[動]

ここでは、1.について説明する。


概要


VOCALOIDの作り手については、かなり前から歌を披露している人はいたが、このタグが初めて付けられたのは遺作Pといわれている。
が、シグナルPの【初音ミクwithシグナルP】Can't be your No.1【コムロイド編01オリジナル】が初めであるという事が判明
投稿日時や住民から判断しても、これが元祖であるだろう。

VOCALOIDのPは音楽活動を元からやっていた者も多く、歌い手としても高いを示すものも多い。minato(流星P)トゥライ名義で投稿した「炉心融解」でミリオンを達成している。多くは優秀なDTM職人であるため、MIXや歌の加工等VOCALOIDで培った技術を効果的に歌ってみた動画にも転用可と推測されるが、しかし、それが大きく再生数に反映されるものでもないようだ。
今後も美声だったり楽しかったり楽しんでらっしゃったり、そんな歌うP、動画が増えることを期待したい。

なお、何故か自作の曲を歌うPは少ないが、セルフカバー動画には「全部俺」「自作自演」「実家」などのタグが付けられ楽しまれている。

また、逆に歌ってみたの人がVOCALOIDのPをやった際、これまでの歌ってみた動画に付けられたりもする。 また、アイドルマスタープロデューサーに付けられる場合もある。

シンPフルボッコ祭り』によって歌うPが大発生した。

ボカロクラシカでも歌うPは何人かおり、もと合唱団員であることが多く、音楽的にもレベルの高い作品が少なくない。

NHKのど自慢ボカロPが出場したケースもある。
2013年9月恋竹林マサコイ氏が出場。合格し、さらには「今週のチャンピオン」を獲得した。
さすがに楽曲はボカロ曲を歌ったわけではないが、地上波で"歌うP"が活躍した、しい例である。


関連動画



■nm3017413[ニコ動]

■sm1789306[ニコ動]
■sm2031376[ニコ動]
■sm3234219[ニコ動]
■nm7965707[ニコ動]
■nm9749170[ニコ動]
■sm4913569[ニコ動]
■sm5873866[ニコ動]

 

ボカロクラシカより、べにしだPと、今紅茶P作品

■sm5635238[ニコ動]
■sm3854022[ニコ動]


歌うP課題曲(シンPフルボッコ祭り ともいう)


遺作Pうろたんだーを歌い、お返しにシンPヴォーカロイダーを歌ったことにより発生。
シンPがお返しに歌ってくれるらしいぜ」 「じゃ、も歌うZE!」的なノリ祭りが起こった。
最終的には涼之介PがP(+いさじ僧侶)の合唱を作成するまでになった。
うろたんだーを歌ったPはシンPがお返しに歌を歌うのを楽しみにしているに違いない。

■sm2348109[ニコ動]

ちなみにデP卑怯すぎて名誉の除外だった。 さすがである。
デPく「要は勝てばいいんだろう?勝てば」

■sm2333470[ニコ動]

この歌を聴いた者はこうる。


「デットボールではなくボーク。」


関連項目



最終更新日: 17/10/14 11:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ