ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


武士


ヨミ: ブシ
掲示板をミル!
113カキコ!

武士とは、

  1. 武士(ぶし)・・・もともとは貴族の下で戦闘を生業としていた身分の人間、あるいは戦闘集団。時代が下ると貴族に代わって政治の中心勢となる。
  2. 武士(もののふ)・・・強い男を讃えて言う言葉。当然ながら相手に使われることが多い。
  3. 武士(たけし)・・・日本男性の名前。

である。
ここでは、1.と2.について説明する。


概要


Wikipediaでは10世紀から19世紀にかけて存在していた人々とされている。
学校で習う内容ならば荘園を武装して守っていた人々や、士農工商のように社会層において頂点に居た人々の事。
という呼び方は武士の別名とも、武士の中でも位の高い人の呼び名や階級と何だか色々な説があるが、別に難しく考えずに武士と同じ意味と考えれば良いだろう。

又、「武士は相身互い」や「武士に二言なし」の言葉があるように信義を重んじ、仲間は互いに思いやりをもって助け合うものであると考えていたようである。
反面非常にプライドの高い人々だったようで、「武士は相身互い」は同じ立場としか言っていないし、「武士は食わねど高楊枝」という言葉があるように、体面を重んじていたらしい。

なので若い時の宮本武蔵のように君の元で働かず、ブラブラと諸を放浪して武芸を磨いていたような武士にたいする世間の評判はあまりよくなかったかもしれない。


武士のアレコレ



武士の最後


初めて武を中心とした政権である平氏政権が立してから室町幕府江戸幕府と武士の世が続き、常に社会層の上位に居座り続けた武士だったが、船来航によって引き起こされた討幕運動によって、約700年続いた武政治は終わりを告げ、武士は近代国家へと進む為の礎として最後を迎える事となる。(詳しくは幕末の項を参照)
 四民等政策による武士階級の止、そしてを施行された武士階級のなかには、甘んじてリストラという事実を受け入れずに、新政府に反発して同志を募り、士族の反乱を起こすものも存在した。
その中には日本最後の内戦と呼ばれ、戊辰戦争において反攻する武士達に対して官軍として戦い、一度は新政府の役職に就きながらも官僚達と対立し下野し、最後に武士として西郷隆盛が戦った西南戦争も含まれている。

自分達と同じく不満を持つ武士達が反乱を起こしたのをの当たりにし、それに呼応した反乱は各地で発生した。
だが結局、武士達が起こした反乱はすぐさま政府軍(大日本帝国陸軍)によって、血みどろの戦いの末鎮圧される。
 また、板垣退助自由民権運動に参加した士族もいたようである。
現代日本では形としての武士は残っていないが、武士の志は日本人の精の中に今も生きつづけている。


関連動画



■sm4165607[ニコ動]

■sm4355319[ニコ動]


関連書籍


■az406149239X
■az4872579089
■az456966427X
■az4163558004
■az4061965018
■az4336040958
■az4883809102


関連項目



最終更新日: 18/04/27 20:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ