ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


武道


ヨミ: ブドウ
掲示板をミル!
52カキコ!

武道とは、現代武術である。


概要


呼んで字の如く「武の」を意味する。即ち戦いのであり、戦士武士)の心構えである。元々は今でいう「武士道」と同じような意味であり、剣道柔道などをすようになったのは明治も終わり頃のことである。


武道と武術


現在では、技術を強調したいときは「武術」、精性を強調したいときは「武道」と使い分けられることが多い。

これについてよく言われるのが、「武術は技術だけを追求していて精的な深みがない」「武道は精性に流されて技術が退化している」という批判である。これはに立ち返って考えると、どちらも的外れな批判だと言わざるを得ない。武術は所詮技術でしかなく、武道とは武士である。武術に思想が入り込む余地はなく、武道の中に武術は必修科として入ってはいても、それが全てではない。礼儀作法や切腹のやり方、各種学問に術など、武士として生きるために必要な知識や技術。更に責任感や勇気正義感など、武士らしい振る舞いをするための精性。全てひっくるめて武道である。棒振ってりゃいいってもんではないのである。

では何故この二つが混同されるようになったかというと、日露戦争が大きな転機となったようだ。

実は明治日本軍兵戦を軽視しており、「今時武術なんて‥‥‥」という考えの持ち政府の上層部にも大勢居たらしい。ひたすら文明開化に邁進した世代であり、時代遅れの日本武術はさっさと捨てるべき、とまで思っていたようだ。

ところが日露戦争では、日本側の予想を覆して兵戦が起こってしまった。大男いのロシア兵との間で、である。この時既に兵士民ばかりであり、端的にいえば抜けいだった。仮に根性が座っていたとしても、そもそも訓練で碌に格闘術を習っていないのだからどうしようもない。ロシア兵の銃剣突撃で日本兵逃走、という情けない事態が頻発したという。

この悪夢を元に、日本政府は武道の復活を決意した。民総武士化の決意である。その為の方策として、まず武術を必修科にした。「武道」という名前で。その背景には、「武術(戦い方)さえ知っていれば、最低武士として振舞えるだろう」という考え方があったと思われる。

この思想が軍義の中で曖昧化し、敗戦後平和義でうやむやになった結果、現在武術≒武道という理解が広まってしまったと思われる。


関連商品


■az4480090401
■az4061587358
■az4101050333
■az4901638297

関連コミュニティ


■co9735

関連項目



最終更新日: 17/04/25 17:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ