ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


歩兵


ヨミ: ホヘイ
掲示板をミル!
60カキコ!

歩兵(ほへい、ふひょう)とは、

  1. 歩兵(ほへい)-雑兵や陸軍(地上軍)における兵科の一つのこと。
  2. 歩兵(ふひょう)-将棋の駒の一つ。⇒歩兵(将棋)において解説。

本稿では1について解説する。

曖昧さ回避

概要


日本語としての歩兵は大きく分けて「日本古来の戦争における歩兵」と「近代戦闘における歩兵」に分ける事ができる。


日本古来の「歩兵」


昔の日本語として歩兵と言えば歩いて戦う兵士のこと。

などを使わない兵士大雑把に扱う時の言葉。またそこから「雑兵」の意味でも使われる。


近代戦闘における「歩兵」


近代戦闘における歩兵は英語では「infantry」、陸上自衛隊では「普通科」と呼称する。
そのほか、第二次世界大戦ドイツ陸軍や英国近衛歩兵には「擲弾兵(グレナディア、Grenadier)」と呼ばれる部隊が存在するが、擲弾手だけの集団と言うわけではなく、かつて精鋭兵士の役割であった擲弾兵にあやかって部隊名に冠しているだけで編成自体は通常の歩兵部隊と同様である
また、ロシア語ウクライナ語等のキリル圏で小銃手(大雑把に言うと「一般歩兵」)や射手を意味する「стрелок(ストレローク・Strelok)」は、日本語訳される際に慣例的に「狙撃兵」とされる事がある。例えばその手の文献やサイトで「狙撃兵連隊」等と表記されていた場合、本来の意味では「歩兵連隊」である。

歩兵の名の通り徒歩で戦場を機動し、近接戦闘による敵の撃破と拠点の確保を行う兵科であり、有史前から現在に至るまで地上での戦闘における基幹となる存在である。ステルス機が爆弾を降らせようと、戦車砲兵を降らせようと、戦争の究極的な帰結はブーツで地面を踏みしめる歩兵に委ねられるのである。現代では全な徒歩で行軍することはほとんどなく、トラック等の自動車IFVAPC等の装甲車両、ヘリコプターなどを用いた移動を行うことが多いが、戦場において徒歩で戦闘を行うことに変わりはない。

古代中世においても戦場における数的であり、扱う武器や装備によって、兵や兵などの分類がなされていた。歩兵に対してに乗り、騎乗して戦う兵の事を騎兵と呼ぶ。騎兵大砲を扱う砲兵、そして歩兵による「三兵戦術」はナポレオン戦争期に確立され、騎兵戦車(機甲科)に置き換えられた現代でも地上戦闘における基本的概念の一つとなっている。

現代の歩兵の基本装備は自動小銃/突撃銃アサルトライフル)であるが、そのほか機関銃対戦車兵器対空ミサイルなどの火器や通信機・暗視装置など様々な装備を持っており、歩兵に要される技(特技)は多岐にわたる。歩兵の装備は徒歩で戦闘を行う関係上一人~数人で運搬できるものに限られるが、各種機材の小化と、歩兵の自動車化が進んだ現代では歩兵の個人装備は日々発展(と各兵士の重量負担増大)を遂げている。

冷戦が終結し、かつて考えられたような大規模な機甲部隊の衝突の可性がほぼなくなった現代、対テロ作戦やPKO/PKFなどの治安維持任務、地での戦闘災害派遣などに幅広く対応できる歩兵は再評価されつつあり、各で装備や戦術の研究が進んでいる。


現代歩兵の主な分類


軽歩兵
現代歩兵に重装・軽装の区別はないため歩兵全般をしていうでもあるが、トラック装甲車など固有の移動手段を持たない歩兵部隊を区別するために使われることもある。
機械化歩兵
IFV歩兵戦闘車)、APC装甲兵員輸送車)等に乗して移動する歩兵である。機甲部隊に随伴して移動し、速やかに展開することが可。ただし高価な装甲車を装備する関係で高コストである。近年は道路上の移動速度が速く、較的低コストな装輪装甲車が装備されることも多い。
自動車化歩兵
トラックやいわゆる「ジープ」などの装甲化されていない車両を装備した歩兵。機械化歩兵よりは低コストだが不整地の移動や防御に劣る。
中機動歩兵
ヘリコプターによる移動を行う歩兵。高速で地形に影されないが、ヘリ装甲車以上に高コストであり、の影も受けやすい。
挺部隊
航空機からパラシュート降下し、長距離の展開を行う兵科。わざわざ歩兵と呼ばれることは少ないが、降下展開後は歩兵として戦闘を行う。

関連動画



■sm6935272[ニコ動]

■sm7089981[ニコ動]


関連商品


■az4890631984
■azB002B1CCIY
■azB000FPU4WE


関連項目



最終更新日: 16/03/24 21:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ