ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


死ななきゃ安い


ヨミ: シナナキャヤスイ
掲示板をミル!
135カキコ!

死ななきゃ安い」とは、自虐であり、同時に希望でもある。縮めて「死な安」とも。


概要


発祥は『ギルティギア』のチップ使いが言った、

「なんだこのコンボ7割しか減らないのか、安いな」

といった意味のチップ紙装甲喩が元である。
く「体ゲージなど飾り」、く「最も手なのは体ゲージ」とのこと)

作品を重ねる毎にどんどん増加していくゲーム全体の火力に対して、チップ防御率は全く変更される様子がなかった。(通常キャラ防御率が1.00のところ、チップ防御率1.30(=常時被ダメ1.3倍)である)

カウンタッから10割など当たり前、相手のぶっ放しカウンターヒットから追撃でシッショー余裕でした

そんな過酷な環境を耐えんできたチップ使い達から生まれた、「いつでも死が見えているのだから、生きているだけでけものとしよう」という意味の大変に謙虚な言葉である。

前述しているように、本来は「死ななきゃ安い(キリッ」「安くねーよw7割だぞw」言った突っ込み待ちの言葉だったのだが、

と言うゲームが登場・定着したことで言葉のニュアンスは変化を始めた。

が残り僅かであっても、1チャンスあれば勝てる可性が残っている訳で、

「まだ死んではいないのだから、生きている限りは逆転のチャンスがきっとある」

と言うポジティブな意味を持つ様になる。

現在では体ゲージがギリギリに追い込まれた状態から逆転勝利した際の賛美、逆転勝利された側の嘆きとして使われる事が多い。

ゲームに限らず、大打撃を受けて勝負を捨てかけた時は是非この言葉を思い出して欲しい。

ワンチャンス、ありますよね!」


関連動画


本来の意味                            ポジティブな意味

■sm887324[ニコ動]

■sm3972233[ニコ動]


関連商品


■azB0011NHNXC
■azB00104VJG4


関連項目



最終更新日: 15/10/07 22:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ