ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


毛利元就


ヨミ: モウリモトナリ
掲示板をミル!
113カキコ!

毛利元就もうり・もとなり 1497年4月16日 - 1571年7月6日)とは、日本戦国大名

人物概要は、概ね次の通り。

く、

や芸や慰め、何事も要らず。

武略、計略、調略こそが肝要にて

謀多きは勝ち、少なきは負ける。

・・・とのこと。

これは、頼りない一面も併せ持っていた嫡男・隆元に言い渡した訓の1つである。する息子へ向けたにしては厳しく過酷な言葉だが、これは彼の歩んできた人生そのもの。そしてそこから得た教訓でもあった。

 


生涯



雌伏の青少年期


安芸現在広島県西部)の人領の1つ、安芸毛利の当毛利弘元の次男として生まれる。
幼名は寿丸

先祖は天皇朝廷)や源頼朝鎌倉幕府)に仕えた文学者・政治官僚であり、軍学者でもあった大江広元大江氏は源氏平氏にも負けず劣らぬ名門なのだが、その一である安芸毛利室町時代には衰退して、安芸の小領という立場にまで落ちぶれていた。
しかも、元就の登場までは当折や急死が相次いでいたため、井上氏や坂氏、渡辺氏といった重臣達が強権を振るい、横領や恣意的政治が横行するなど中は腐敗していた。(元就の祖・豊元に始まって元、長元ら全員20代30代で折していた。この若死にの連鎖により、臣の中には毛利が呪われていると信じ込み、尼子から養子を迎えようと画策する者もいたという。恐らくは、某謀聖の差しだろうが・・・

ましてや元就は、その次男坊だった。しかも利発な性格だった(いわゆる「うつけ者」だったとも言われる)ため、本家を及ばさぬように遠ざけられた。

元の隠居所でもあった多治で、臣の井上元盛に後見されながら、元就は育つはずだった。
だが、その後見役だった元盛にナメられてと領地を横領されてしまい、下のあばら屋で過酷な生活を強いられた。
その貧窮ぶりは、領民達から「乞食殿」と貶されるほど悲惨なものだったとされる。(この恵まれ少年期を、経済面・精面の双方で支えてくれたのがの継室・の大方だった。彼女は、元就の人間形成に非常に大きなを与える)

だが元就は、その逆をバネにするかの如く、成人後は政軍両面で辣腕を振るった。元が急死し、その子である幸丸(幼児)が当になると、元就は叔父として後見人として、それまで有臣達に襲断されていた毛利本家政治体制を立て直し、正常化していく。

その後、元々病弱だった幸丸が折すると、元就と異・相合元綱との間に後継争いが生じる。この御家騒動黒幕は、元就によって既得権益を脅かされた毛利の重臣達、そして元就の才覚を危険視する出雲の王・尼子経久であった。
この事実を察知していた元就は、尼子との断交を決意し、元綱とこれを支持する有臣・坂広秀一を討伐。同時に嫡男・隆元大内へと人質に出し、同盟を締結して速に後背を固めた。以後は大内との同盟関係を軸に、様々な謀略・政略を展開。尼子との抗争を戦い抜いていく。(督相続の際にを殺した事は、元就の人生トラウマともなった。息子達に兄弟結束を訴えたのも、これと縁ではないだろう)

論、戦においても元就の武勇と知謀は存分に発揮された。初陣である有田中井手の戦い(当時20歳)やの戦い、吉田の戦いなどでは兵的不利や逆して勝利を重ねる。これらの勝利は、先述の謀略と相乗効果を発揮して、元就の武名と毛利の立場を更に高めていった。

だが、大内導で行われた出雲遠征では、元就自身は軍権を握れずに不利な戦いを強いられ、自身も死の危険にされるほどの手痛い敗北を喫してしまった。
それまでの人生で、数多くの苦渋をめ続けてきた元就も、この出来事にはさすがにを煮やしたらしく、以後の彼はまるで別人のように、強引かつ拙速に権勢拡大を図っていく。大大名の使いっ走りとして、辛苦を押し付けられないようにするためには、自らが強くなるしかない。それが戦国乱世の習いであり、彼なりの『悟り』だった。

 

万一心」

元就が、本吉田の増築工事の際に、人柱の代わりに埋めた石柱に刻んだ言葉。オリジナルの石柱は紛失しており、実際はどう書かれていたのか定かでない。
この言葉は、漢字を崩すと「一日一力一」とも読める。元就の人生のテーゼ的な言葉である。

 


覇業へと乗り出す


元就は、それまで積み重ねた政治工作と地盤固めを活かし、一気に覇業へと踏み切った。

手始めに、有族である吉川と、強軍を持つ小早川にそれぞれ次男・元と三男・を新当として強引にねじ込み、これを吸収した。
そして元就自身は名上「隠居」し、当職を嫡男・隆元に委譲。自身は後方で謀略活動に専念しながら、毛利吉川小早川の三を包括的に揮する体制を創った。
これが、後に名高い「毛利」として、毛利の存続に大きく寄与するのである。

これに続き、それまで内政面で強い発言権を持ち、横領や法度違反などの専横が立った井上一族(子女含めて30名以上)を粛清した。
この政治位を埋めたのが、隆元と共に立ち上げた五奉行(豊臣の同名制度とはまた別物)制度であり、これで毛利本家の内政は論、それまで有臣が個別に行っていた外交部門も一本化された。これにより安芸備後の両は、静かに、しかし着実に毛利の領と化していった。(この間に元就は、大内義隆に言い寄って「安芸毛利殿の裁定自由」というお付きを貰ったりした。転んでもただでは起きない!

しかし同時期、の退危機感を抱いていた大内臣・陶隆房と、徐々に関係を硬化させていった。
陶隆房九州大友宗麟から養子として大友晴英(後の大内義長)を迎え入れて傀儡化し、政治興味を失い奢侈に走っていた義すべくクーデターを起こす。これが西のみならず日本全体の政治経済に大きなを与えた大寧寺の変である。
西の支配者だった大内義隆陶隆房に討たれ、それまで大内導していた中国地方政治場に大きな変化が生じた。元就は表面上、この変事に陶方として参加し、安芸内の秩序維持に専念しているが、実際はそれ以上の関与をしていたとされる。(大寧寺の変の直前、元就は元を連れて、大内の本拠・山口を訪れている。その際、陶隆房のみならず、親義冷泉隆豊とも接触していた)

 


ターニングポイント・厳島の戦い


その後、隆元の意見も聞き入れた形で陶晴賢陶隆房から名)と断交。世に名高い厳島の戦いに発展する。だが毛利軍と陶軍(4千対2万とも)の戦差は歴然としており、元就の不利は明らかだった。これに対し、元就は間諜と虚言を用いた謀略戦を展開した。

元就は決戦に際し、以下のような謀略を展開した。

陶晴賢は、元就の論見通りに力部隊と共に厳島へ渡。そこに、暴風雨を突いて厳島に潜伏していた毛利軍が陶軍本隊を奇襲した。
大軍だった陶軍は、厳島の狭い戦場では思うように動けず、即座に混乱してしまった。陶晴賢は危険を感じ、厳島からの脱出を図るが、脱出用の船は沈むか、兵達に乗り逃げされてしまっていた。追い詰められた晴賢は自し、陶軍は瓦解する。元就は一世一代の大謀略戦に勝利し、中国地方全域を統べる戦国大名として、第一歩を踏み出した。当時、元就は59歳だった。

君であった大内を滅ぼして下克上を果たした、というにいわれることがよくあるが、正確には元就が下克上を果たしたわけではない。
先に大内であった大内義隆に反逆した陶晴賢大内義長こそが下克上の当事者であり、元就はその討ちをしただけである。(事実はどうあれ、元就は討ちと権継承を名として、中国地方の統一事業を進めた。元就の性格から推測するに、そういった体裁を取った方が難だと踏んだのであろう。)

厳島の戦いに勝利すると、元就は防長定を行う。これにより大内は滅ぼされ、毛利はその旧領と遺産の多くを引き継ぎ、中国地方を代表する大へと変貌した。

 


子孫へ遺したモノ


大内によって大へ成長した後も、元就は休むことはなかった。残る大敵である尼子にも、積極的に攻勢を仕掛けていったのである。

尼子晴久の急死によって動揺した尼子に対し、元就は足利義輝の調停活動を利用して、不等な和協定を締結。その動きを封じ、ドル箱となる石見銀山を入手する。
その後は、物量攻勢と謀略戦を巧妙に併用して尼子を追い詰めていき、遂には1566年(永9年)に月山富田城を兵糧攻めにして攻略中国地方毛利の支配下に置かれた。

元就が50年以上もの歳を掛けて築き上げた領財産は、後に元就自身すら「なんとか運味方して、危機をことごとくすり抜けてきた」と謙虚に述懐するほど巨大だった。

だが・・・元就が中国地方定を成し遂げた頃、中央では織田信長が上に成功し、下布武の準備を着々と進めつつあった。
1567年当時、元就は70歳。片や信長は33歳。元就は、この若き俊英と下を争うことの愚を悟り、その存命中は織田と対立することを極避けた。

元就は迫り来る寿命の恐怖にもめげず、1569年(当時73歳)の立花の戦いと多々良の戦いにも、自ら具足を身に付けて出し、実際に戦闘を行っている。(またあっちの方もお盛んだったようで、71歳の時に九男の秀包が生まれていたりする。孫よりも若い息子とか、どうなんだろうね・・・
最晩年に行われた大友との戦いでは、大友宗麟(正確には彼の軍師・吉岡長増)の策略に足下をすくわれ、領内に大内残党の侵攻を許すなど失態を演じた。これにより元就は九州進出計画を諦めることになるが、領内の鎮定に専念したことで大内復活阻止し、その後の出雲動乱(山中鹿介の侵攻)にも対応することができた。

2年6月14日1571年7月6日)、毛利元就は吉田で逝去した。享年75歳。名・洞殿日頼洞大居士。
まだまだ手のかかる息子や孫達を置いて、謀神と呼ばれた男は独り静かに立った。その最期は三男・小早川隆景が看取り、その知謀と志は彼に受け継がれる事になった。

 

智万人に勝れ、下の治乱盛衰に心を用いるものは、世にの友は一人も有るべからず。

千載の上、千載の下に、の友は有るべき也。

是人を同ふして生まれなば、彼をするか、彼にせられるるかの二つ也。

若し二人志を同ふして世を治めんには、万民安堵、四とす事、又何の難き事か之有るべき。

~ 「名将言行録」より

元就がしくに酔って、こぼした愚痴の一文とされる。意訳は次の通り。

みたいに頭が良くて、その才政治戦争具に使うようなには、友人なんて1人もいない。過去千年と未来千年の間にこそ、の友人というものはいるものだ。でも、もしその友人と同じ時代に生まれたら、結局この時代の群雄のように互いに争って殺し合うしかないんだ。それでも、その友人同士、群雄同士が心を1つにすることができれば、下の万民を安堵させ、四に太をもたらすことなど難しくもないのに。悲しいことだ。」

権謀術数によって多くの人命と人心を弄んできた、謀将には似つかわしくない言葉である。だが、血ももない謀略の数々の裏に、こういった人間的な一面を持っていたからこそ、元就は最期までを誤らなかったのだろう。

 


後世の評価


現在でも戦国時代随一の知将・謀将として名を馳せており、戦国時代最高の名将の一人とも評価されている。合戦よりも、政治的謀略に長けた政治家と見られがちだが、武勇や軍略面でも優れた功績を残す。

最近では「謀神」という異名で呼ばれるが、これは上杉謙信の「軍」同様、後世の人々が後付けしたもの。

その人生の大半は合戦や内紛、政争劇によってられているため陰湿なイメージが強いが、『三本の矢』に代表される人間味にあふれた逸話が多い人物でもある。有名な三本の矢の逸話は、元就が三人の息子へ向けてしたためた『三子教訓状』がモデルになっている。
現存している直筆の書状は、いずれも非常にくどい内容のものが多く、筆まめな上に心配性でもあったらしい。


次へ»
最終更新日: 16/08/29 09:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ