ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


気仙沼線


ヨミ: ケセンヌマセン
掲示板をミル!
18カキコ!

気仙沼線とは、宮城県石巻市の前宮城県気仙沼市の気仙沼を結ぶ鉄道路線である。


概要


と気仙沼を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の路線。地方交通線である。三陸縦貫線を構成する、最も南の路線。全線単線非電化で、後述するが前地〜津駅間の鉄道区間と、津駅〜気仙沼間のBRT区間に分かれている。
普通列車キハ40形・キハ48形、快速三陸キハ110系を使用していた。2013年平成25年3月16日ダイヤ正からは全ての普通列車キハ110系に置き換えられた。
鉄道区間は前から石巻線小牛田駅まで直通する小牛田駅津駅間の4往復、前地〜津駅間の列車が5往復存在する。
BRTは前地〜(ノンストップ)〜〜気仙沼間が10往復、〜気仙沼間が5往復、陸前戸倉〜気仙沼間が平日下り1本、志〜気仙沼間が4往復+下り2本、本吉〜気仙沼間が下り10〜12本、上り12本となっている。よって本吉〜気仙沼間は合計30往復程度となり、幹線級の本数となっている。

震災前までの列車は、小田〜前地〜気仙沼が6往復+下り1本、本吉~気仙沼が1往復+下り1本、快速三陸(仙台駅小牛田駅~前~気仙沼)が2往復、小牛田駅方面に直通しない列車は前~気仙沼が1本、気仙沼~前~女が1本、それぞれ存在した。

当路線は国鉄再建法が施行される直前に全線開通を果たした路線であり、滑り込みセーフと言う状態だった。なお、~本吉間は国鉄時代で最後に開通した地方交通線でもある。


東北地方太平洋沖地震


2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震により全線で壊滅的な大被害をうけた。


BRT


-気仙沼間(55.3キロ)については地域の人の交通の足の確保と、本復旧の際に高台移転の可性がある事から仮復旧として2012年8月20日よりBRT(専用を中心としたバスによる運行)が開始。

- 清水間に新停留所「ベイサイドアリーナ駅」が新設された。また、南気仙沼気仙沼市病院近くに移設し、停留所名を「南気仙沼(病院入口)」とした。また志鉄道跡地から離れた仮設商店に専用バスターミナルを設置した。

BRT区間の事業体は気仙沼BRT営業所が受け持つが、運行及びバス車両管理についてはJR本体ではなく、地元バス会社に委託する形態が採られた。気仙沼線の場合は宮城交通の地域子会社ミヤコーバス(気仙沼・・佐沼の各営業所)が担当。宮城交通名古屋鉄道グループ愛知県岐阜県におけるJR東海ライバル一社)であり、JRの路線をライバル名鉄グループの会社が運転するという異例の事態となった。

バスを基調とした体に、それぞれラッピングが施された。種は暫定開業時に京成バス東武バス等の首都圏バス事業者から移籍した中古を使用し、本開業時に日野自動車から新購入したハイブリッドノンステップバスに順次置き換えられ、現在20台が導入されている。

現在、営業する気仙沼線の―気仙沼間(55.3キロ)で、2013年内にバス専用を倍増させた。
3カ所の計10.1キロを新たに一般からバス専用に切り替えた。

2015年7月24日JR東日本鉄道による復旧を断念し、「仮復旧」としていたBRTの運行を継続する考えを表明。BRTによる復旧が恒久化する見通しとなった。

2015年8月03日、専用率を現在の約23キロ(41%)から約50キロ(90)に拡充する案がJRから提示された。これにより所要時間が鉄道運行時とほぼ同じ1時間30分に短縮される。

2016年3月18日宮城県気仙沼市長が鉄道での復旧を事実上断念し、BRT継続するJR東日本の提案の受け入れを表明した。

2016年12月02日、登市長から陸前戸倉の区間もBRTでの運行を受け入れる方針であることが報道された。

odeca

2013年8月3日からBRT専用のICカード乗車券odeca」が導入された。
2000円(内デポジット分が500円、チャージ1500円)、定期券タイプが定期代とデポジット500円となっている。
電子マネーとしての利用はできない。
これは推察になるが電子マネーとして必須である東京との通信帯域の確保を削った結果だと思われる。

利用開始日は2013(平成25)年8月3日から。大船渡線BRTでも使用可

気仙沼線にICカード乗車券が採用されるのは初となる。

BRTネット

BRTに関わる各種情報ディスプレイディスプレイ、及びスマートフォンiOSAndroidそれぞれにアプリ提供済み)等に情報配信されている。これはJR東日本としての復支援の一環と位置づけられている。
気仙沼線・大船渡線共有で配信内容は以下となっている。


使用車両



駅一覧


便宜上、仙台駅小牛田駅~前の区間も記載する。快速三陸仙台〜小田間ノンストップのため途中省略
:停 ○:1号通過 ◇:1・4号 4号 |:通過 ※:列車交換の可
背景BRTのみ運行の区間内(津駅~気仙沼)のである。
快速三陸は、運行休止中(事実止)。停は震災発生以前。全宮城県内。


次へ»
最終更新日: 17/10/09 13:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ