ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


永禄の変


ヨミ: エイロクノヘン
掲示板をミル!
4カキコ!

永禄の変 / 永禄の政変とは、永8年(1565年)5月19日に起きた室町幕府13代将足利義輝三好義継松永久通率いる三好軍に殺された事件である。


概要


室町時代の一転換点となる足利義輝の殺された政変。ニコニコ大百科でもセイバーのごとくをとって戦った彼の姿が有名だが、実は21世紀になるまでほとんど研究されておらず、松永久秀の関与度などのは多い。

というか、三好義継の軍勢が突然してきたと思われていたが、実は足利義輝に偏倚されて名前が変わったころ(なのでおそらく三好義継は変後ではなく変前からの名乗りではないかといわれるようにもなった)からずっと京都にいたことが2019年になってようやく分かったレベルであり、足利義輝政権も含めて基本的な事実関係の整理すら発展途上の段階にまだある。

※なお、以後のイエズス会文書は『十六・七世紀イエズス会日本報告集〈第3期‐第2巻〉』、『十六・七世紀イエズス会日本報告集〈第3期‐第3巻〉』の和訳の引用であり、原文はラウレスキリシタン文庫が開している"Iesus. Cartas que os Padres e Iros da Companhia de Jesus, que andão nos reynos de Japão escreverão aos da mesma Companhia da Índia, o Europa, des do anno de 1549. até o de 66. Nellas se conta o principio, socesso, e bondade da Christandade daquellas partes, e varios costumes, e idolatrias da gentilidade. Impressas por mandado do Illustrissimo e Reverendissimo Senhor dom João Soarez, Bispo de Coimbra, Conde de Arganil. &c. Forão vistas por sua Senhoria Reverendissima, e impressas com sua licença, e dos inquisidores, em Coimbra em casa de Antonio de Mariis. Anno de. 1570. [colophon:] Foy impressa a presente obra na muy nobre e sempre leal cidade de Coimbra em casa de Antonio de Maris Impressor e livreyro da Universidade. Acabouse o derradeyro dia do mes de Agosto, do anno do nacimento de nosso Senhor Iesu Christo, de mil e quinhentos, e setenta."、そこにないものはFicha Bibliográficaが開している"Cartas que os padres e iros da Companhia de Iesus escreuerão dos Reynos de Iapão & China aos da mesma Companhia da India, & Europa, desdo anno de 1549 atè o de 1580."を併記しただけなので、筆者が訳したわけではないことを注意(なお、言い訳をすると近世文書なので前者と後者ではアルファベットの表記などに微妙にブレがあり、本来は全部そろっている後者で統一したほうがいいのだが、前者のほうが読みやすかったのでこっちを使った…正直等位接続詞の表記法とかわかりやすいので逐一典拠は示さない感じで…)

※また『右記』は一人として翻刻していないため、筆者が勝手に活字に起こしただけなので合ってるかどうかは参考程度にしてほしい。


ここまでのあらすじ



三好長慶と足利義輝の戦い


明応の政変で二流に分かれた足利将軍、永正の錯乱で二流に分かれた細川、その他畠山尾州畠山総州六角氏や赤松氏、若狭武田氏、大内氏といった在京大名、に近い在大名を巻き込んだ畿内の泥沼の戦いは、三好長慶の台頭によって三好本宗細川晴元(とそれに巻き込まれた足利義晴)の戦いという構図に収束していった。

そんなさなか生まれたのが足利義輝である。文5年(1536年)に誕生した彼は、実である近衛氏出身の慶寿院に育てられ、六角定頼を管領代として文15年(1546年)に元する。しかし上述の三好本宗細川晴元の戦いによって文18年(1549年)に近江に動座。翌年足利義晴近江で没したため将軍位につく。六角定頼支援の下朽木に移り、21年(1552年)に和し、京都に戻ることとなった。

しかしまだ年若い足利義輝は親三好、反三好の近臣の対立を巻き起こし、上野信孝、杉原盛、細川広、直、細川某、の「六人衆」から三好長慶への人質を差し出す羽になってしまった。しかし反三好近臣に接近した足利義輝文22年(1553年)に細川晴元を赦免。和は破断し三好長慶との戦いに至る。しかし東山霊山での戦いに敗北し、朽木に動座。以後5年間にわたって三好本宗京都を単独支配する「三好政権」が生まれることとなった。

足利義輝臣はほとんどが京都に戻り、母親実家である近衛等一部の側近のみが彼を支えていった。そんな中足利義輝地方の大名と音信を取り、和調停などに積極的に乗り出す。しかし永元年(1558年)坂本に移った後、六角義賢の仲裁で再度三好長慶と和することとなったのだ。


足利ー三好体制と亀裂


後の足利義輝は武衛御所を築き、織田信長一色義龍長尾景虎といった上者も現れるなど安定した統治を行うことができた。しかしそのほころびとなるのが、永5年(1562年)三好長慶とそれに対抗する六角義賢畠山高政、そして伊勢貞孝子や一部の奉公衆が戦いに至った「幕府分裂抗争」である。足利義輝はこの戦いで八幡に避難。両者を仲介したものの、結果として三好氏による将軍の単独擁立がより強まってしまったのだ。

しかし足利義輝もこれに対抗する。先の戦いで伊勢貞孝が討ち死にし、摂津晴門を政所頭人に送り込んで足利義満以来の政所における伊勢氏の独占体制を終了させたのである。

しかし表では協調し、裏では冷戦状態にあった三好氏にも三好長慶の支配体制にほころびが出始めていった。十河一存三好実休安宅冬康といったたち、後継者だった三好義興が相次いで亡くなっていったのである。そして三好長慶も永7年(1564年)についに没することとなった。

そして跡を継いだのは養子の三好義継。そしてそれを支えたのが三好三人衆松永久秀松永久通子であった。

そしてついにD-デイが訪れる!


運命の日


ざっつぁつぁっつぁ~ざっつぁつぁっつぁ~ざっつぁつぁっつぁ~ざっつぁつぁっつぁ~~~!

じゅべべべべんっ!

卯、、八専、申刻降、天一東 三好人数松永衛門佐等、以一万計御所へ乱入取巻之、戦暫々、奉公衆数多討死々、大午初点御生々、不可説不可説、先代未聞儀也、州之武可有御上々、御殿放火春日殿焼、慶寿院殿殿々、御小袖之唐櫃、御、御護等櫃三、伊勢加賀守貞助為警護、禁中へ被預申々、
討死人数大鹿苑寺殿、慶寿院殿畠山九郎、十四才、大館岩石、予州子十才、上野兵部少、同予八郎摂津いと、十三才、細川宮内一色淡路守、同又八郎、予八郎也、雅楽頭、同孫八郎小林荒川治部少武田兵衛尉、小林、進士美作守、同頭、沼田上野介、杉原兵庫助、逃死、朝日新三郎結城正、有馬次郎、奉行治部三郎衛門、福弥、台廿四か手資、慶、御末田弥四郎、同二宮三郎足軽衆大弐、同谷口民部、慶寿院殿小林西面允、松井二郎高木右近、森田新左衛門尉、鹿内衆蔵首座、河端兵部木村小四郎、小川屋、十六才、高名、春日内衆飯田兵衛尉、松原小四郎、三郎五郎西川新左衛門尉、中井勘左衛門尉、畠山九郎内、十六才、杉原内村田彌介、八田十右衛門尉、進士内高橋ヽヽヽ、一河ヽヽヽ、小者、其外雑兵数多々、

朽木刑部少綱来、頼之由被申、にて一勤之、葉室へ予送之、今逗留了、同女房衆方に逗留也、

三好松永人数討死手負数十人有之

ーー『言継卿記』永八年五月十九日

 四時分ニ上意ヘ三好京大夫 右衛門佐取りかけ上意御をめし 同慶寿院殿自害

三度御対面にてやり伊勢加州上意ミおまほりよろい禁中へあつけ参ゝ又くれ〱に御はた又伊勢加州大和宮内りょうにんあつけ夕方夕立

ーー『右記』永八年五月十九日

ふるみよしふけをとりまきて。ふけもうちしににて。あとをやき。くろつちになし。ちかころ〱ことのはもなき事にて

ーー『お湯殿の上の日記』永八年五月十九日

当年(永五月十九日。三好京大夫。松永衛門佐。武衛御所以軍勢取巻。征夷大将軍(御歳三十)御生。同慶寿院殿。幷北山鹿殿(是ハ路次)御生(御供若衆一人。御川端一人)。御供衆上野兵部大輔畠山九郎。御部屋衆大館岩福丸(伊予息)細川宮内一色淡路守。上野八郎一色三郎。同三郎有馬次郎。摂津登丸。武田兵衛。御走衆荒川治部少。進士美作守。同息頭。部親子。杉原兵庫助。沼田上野結城允。治部三郎衛門同朋衆弥。弥。慶弥。台弥。輪弥。外打死霊数十人。幷小従御局東山智恩院生

ーー『東寺過去帳』

五月十九日午時大有事。御儀慶寿院殿。御舎鹿苑寺殿同時。討手三好京大夫義継。松永衛門佐久通以下也。

ーー『卿補任』

四月三好六郎松永衛門佐上シテ。五月朔日室町殿ヘ出仕申。孫六郎京大夫ヲ望申之間。則被成。同廿二日殿中御一献可申沙汰由申入。御油断処ニ。十九日着ニテ殿ヘカケ入。御ノ内外多人数ニテ取巻申。御近所ノ衆身命ヲ捨雖合戦。多勢ニ各討死。午刻ニ将軍(宰相中将。三十歳)御自害。同御慶寿院殿五十二歳)御自害将軍御舎鹿苑寺殿(十七歳)御生波衆平田和泉鹿苑寺殿ヲ討申。後御若衆ウシヨリ和泉守ヲ一ニ切落。其身打死。殿人打死。其外以下数ヲ不知。御自害以後御所ニ火ヲ懸焼失。

ーー『永以来年代記』


経過


8年(1565年)、三好義継に代替わりした三好本宗は、土地の安堵すら系統が一本化されず、有者それぞれに保める事態になっていた。そして4月30日三好義継三好長逸松永久通などを率いて上し、翌5月1日足利義輝に出仕した。その結果足利義輝は義継と久通を好待遇したのである。


次へ»
最終更新日: 21/01/24 16:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ