ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


汐見橋線


ヨミ: シオミバシセン
掲示板をミル!
5カキコ!

汐見橋線とは、南海電鉄高野線のうち、汐見橋駅里玉出間を称である。


概要


もともとこの区間は高野鉄道(→高野登山鉄道大阪高野鉄道)が大阪市内へ乗り入れる際に難波駅へのターミナル駅設置ができなかったために、仕方なく道頓堀現在汐見橋駅)にターミナル駅を設置するために建設し、1900年(明治33年)に開業したものである。しかし、大阪高野鉄道南海鉄道に買収され、1925年(大正14年)に高野線難波駅まで乗り入れるようになると、現在の汐見橋線の地位は低下していき、1929年(昭和4年)には汐見橋駅住吉東駅(一部は)間での折り返し運転となる。1945年昭和20年)には高野線列車汐見橋駅発着となるが、翌年に再び難波駅発着となり、1985年昭和60年)には全に分断され、現在に至る。

汐見橋線は全線が大阪市浪速区西成区)内にあるにも関わらず、ローカル線という状態で、全線複線(里玉出構内のみ単線)なのに1列車だけが往復するダイヤだったり(大阪市である)、途中の木の乗降人員が2012年度で86人しかいなかったり(繰り返すが大阪市である。ちなみに木より乗降人員が少ない南海電鉄高野線の山間部の。)、始発6時台・終電22時台と始発が遅く終電い(しつこいようだが大阪市である)。
そもそも、南海電鉄の他の路線の一の接続である里玉出普通各駅停車しか止まらない時点で、もはや汐見橋線は見放されてるに等しい状態なのだが。

なぜ、このような状態であるにも関わらず全線複線で残されているのかと言うと、一応なにわ筋線ルートの1つとして汐見橋駅活用する計画が存在していたためである。しかし、結局なにわ筋線JR難波駅南海難波駅ルートで建設・開業することになったため、今後は汐見橋線の存問題が注されることになる。


駅一覧


全線が大阪市である。

駅番号 乗降人員(人/日)
2012年度)
接続路線 所在
NK06-5 汐見橋駅 495 阪神なんば線桜川駅
大阪市営地下鉄千日前線桜川駅
浪速区
NK06-4 原町駅 181 JR西日本大阪環状線芦原橋駅
NK06-3 86 西成区
NK06-2 600
NK06-1 西天下茶屋 284
NK06 里玉出 6,224(※) 南海本線高野線

里玉出の乗降人員は、南海本線高野線との合算である。


関連動画



■sm10507833?ref=search_tag_video[ニコ動]

■sm1619495?ref=search_tag_video[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/03/17 20:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ