ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


江差線


ヨミ: エサシセン
掲示板をミル!
20カキコ!
江差線
基本情報
運行事業者 北海道旅客鉄道
総路線距離 37.8km
12
最高速 100km/h
軌間 1067mm
2016年3月26日
備考 2014年部分止(42.1km)

江差線(えさしせん)とは、JR北海道が保有・運営していた路線である。

北海道新幹線が開業した2016年3月26日JR北海道から道南いさりび鉄道に移管され、道南いさりび鉄道線となった。


概要


北海道函館市五稜郭駅から北海道上磯木古内町木古内駅へ至る地方交通線で、全線が電化されている。ただし、江差線の電車電気機関車特急列車貨物列車のみであり、普通列車は運用の都合上、気動車が使用されている。また、五稜郭駅を起点・終点とする列車く、全列車函館本線函館駅まで乗り入れる。

江差線は五稜郭駅函館本線木古内駅海峡線に接続していることから、連絡特急寝台列車、貨物などが行き交う区間であるが、普通列車に関しては途中の上磯駅で折り返すものもあり、上磯駅木古内駅間では普通列車が運転されない時間帯もある。

かつては路線名からわかる通り、木古内駅から先、北海道檜山江差町の江差駅までの非電化区間も存在していたが、2014年5月12日止し(最終営業は11日)、函館バス路線バスに転換された。JR北海道の路線の止は1995年止された深名線以来19年ぶりである。JR北海道などが止までに様々な企画を行っていた(後述)。
同区間は1988年止された松前線木古内駅松前)よりも輸送密度が低かったが、江差線全体では松前線より上回っていたため、存続となっていたものである。末期は優等列車の設定はなく、1日6往復の普通列車が運転されるのみであった。

北海道新幹線新函館北斗駅開業(2016年3月26日)時に道南いさりび鉄道に移管された。なお、木古内駅新幹線となる。

江差駅ホーム車両 江差線行先票 旧・江差線終着地点 木古内駅中の特急

江差線廃線企画


江差線廃線企画」を参照


駅一覧


道南いさりび鉄道移管区間については、「道南いさりび鉄道」を参照。


廃線区間


乗り換え路線 所在
木古内駅 JR北海道 江差線函館方面・海峡線 上磯
木古内町
渡島鶴岡駅
神明駅 檜山
上ノ
湯ノ岱駅
天ノ川駅 のような構造物」であり、本当のではない
宮越
須田
上ノ
江差駅 檜山
江差町

関連動画



■sm5293947[ニコ動]

■sm24685661[ニコ動]


関連商品


■azB000064C1R
■azB00BHYWUEC


関連項目



最終更新日: 16/03/27 21:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ