ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


池田輝政


ヨミ: イケダテルマサ
掲示板をミル!
9カキコ!

池田輝政(いけだてるまさ 1564年~1613年)とは、安土桃山~江戸時代前期にかけての武将・大名。


概要


7年12月29日1565年1月31日)、織田信長臣・池田恒興の次男として生まれる。幼名は古新。

と共に信長に仕え、信長の近習となる。正元年(1573年)に方の祖荒尾善久の養子になった。
正7年(1579年)、信長に対し謀反を起こした荒木村重を相手に有岡城の戦いに出、翌年のの戦いでは自ら数名の武士を討ち取る手柄を立て、信長から感状を授けられている。その後も織田軍武将としての出が続いた。
しかし正10年(1582年)、本能寺の変信長明智光秀に討たれると、らと共に羽柴秀吉に仕える事となった。同年に行われた信長の葬儀では、羽柴秀勝と共に(中身は沈香の像)を担いだ事が記録されている。

政にとって大きな転機となったのは、正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いだった。
この戦で・恒・元助が討死した為、池田督を相続。美濃大垣13万石を受け継ぐ事になったのである。不幸な出来事ではあったが、これが政と池田の栄達の始まりだった。

その後も九州征伐・小田原征伐など秀吉下取りの合戦の大半に参加し、その軍功をもって秀吉からも重用、加増を受けた。豊臣の一族に準じる待遇を受け、文3年(1594年)には秀吉の肝煎りにより、徳川家康を娶っている。
4年(1595年)のに起きた関白豊臣秀次の失脚(秀次事件)に際しては、秀次の妻子らの多くが殺されたが、政の若御前(秀次の正室)は助命されている。

秀吉の没後は家康に接近。
慶長4年(1599年)の前田利家の死去後、武断で鳴らした七人の武将、通称七将の一人として石田三成襲撃事件を起こした。翌慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に参加、前戦となった岐阜の戦いで福島正則と共に武功を立てた。一方で本戦では西軍の抑えをつとめるに留まっている。
戦後岐阜での戦功により播磨姫路52万石に大幅加増。初代姫路に任ぜられた。

政権下の持大名として、まず政が着手したのは、かつて秀吉建築した姫路城修だった。同時進行で加古流域の整備修も開始、河川都市の開発時事業も積極的に行う。
一方で幕府に対する忠義の明として、いわゆる「下普請」にも従事。慶長14年(1609年)の篠山普請では総普請奉行を務めるなど尽した。

慶長16年(1611年)、二条において家康豊臣秀頼が会見した際にも同席するなど、その地位・格式は非常に高かった。翌年姓を許され、正三位参議を賜り、これをもって「播磨宰相」「姫路宰相」と呼ばれる事になった。
息子達やら一族併せて92万石の大大名であり、また徳との縁組によっておおいに同は栄えた。

しかし慶長18年(1613年)に病を発し、姫路にて急死。
死因は中とも、好色が原因の病ともされている。享年50歳。


逸話


幼い時から闊達な性格で、文武両を絵にかいたような少年だった。
成長にともない剛毅さはいや増したが決して驕らず、下の者には寛容だったという。

口数は少なく寡黙であったとも伝えられる。また細かいことにこだわりを持たない性格だったとも。
関ヶ原の前戦である岐阜の戦いでは福島正則と共に勇戦したが、一番乗りの手柄を上げながら、功そのものは正則に譲っている。

長久手の戦いで・恒を討ったのは、家康に仕えていた永井直勝であった。
との婚儀の際、徳屋敷にて直勝を召し出した政はの最期を聞き出したが、その直勝の知行が5000石と知ると「の首はたった5000石か」と嘆息したという。
どうにも納得がいかない政は家康に直訴し、直勝の知行の加増を願い出た。これにより直勝の知行は1万石に倍増し大名となり、後に7万石を拝領する事になったという。よかったね。

正12年(1584年)正室の糸中川清秀)が嫡男・利出産。しかし産後に病を発して心を患い、遂に癒えないまま実家に帰ってしまった。後に利を引き取ろうと申し出たが、子の再会がう前に糸は亡くなってしまう。
政が督を継室として迎えた後も、池田中川家の交流は続いている。そのため、徳との閨閥を構築する為に離縁したのではないのは確かである。聞いているかそこの黒田長政
その督とは仲まじく、後に五男二女を授かっている。

格の高さもあり、池田には多くの名物が伝来した。
特に著名なのは、宝にして「現存する全ての日本刀中の最高傑作」とされる太刀大包(おおかねひら)」で、政はこれを「一に替え難い宝」とし、門外不出の掟を子孫に課した。正月のみ飾られたとされるこの太刀は、その後紆余曲折を経ての所有となり、現在東京国立博物館に所蔵されている。
その他にも「池田貞宗」「池田」「若狭正宗」などが知られている。

姫路城に伝わる「刑部姫伝説」にも、政は一枚かんでいる。悪い意味で
1609年(慶長14年)に姫路城了したが、そんな折に政宛に怪文書が届く。
政と夫人に天神天狗)が取りつき呪いをかけている。呪いを解きたければ門に第八天神」という内容だった。
かつて秀吉がこの地に姫路城を築いた際、刑部神社という神社があった。秀吉はこれをはずれに移築させており、人々はその刑部神社刑部大神の呪いではないかと噂した。
その為政は門の方角に八堂を立てて供養を行ったが、約3年後にぽっくりと死亡。更に事が続いた為、いよいよ祟りは本物であると恐れられた。池田内に刑部神社を建立して刑部大神を遷座した所、災いは去ったという。
この伝承に様々な逸話が習合し、その結果生まれたのが刑部姫であるとされる。姫路城守に隠れ住み、年に一度だけと謁見、その運命を告げていたという。極めて美しい人とされ、泉鏡花の戯曲「物語」ではと名をめ、にして会津苗代の妖と親しく遊ぶ姿が描かれた。


戦国大戦



■sm19113762[ニコ動]

戦国後期の武将な為Ver2.0から登場、所属武豊臣で他の家族とは違う。(は全て織田
コスト2.0で高めの武の8でありながら統率5とそこそこあり、特技の豊も持ってる軽騎と高スペック
計略の「日輪の構え」は、他の豊臣の武将も持ってる武が上がる汎用計略。
だが、高武の彼が使うと弱い状態でも普通の強化として使え、大爛時は超絶強化並みにを発揮する。
序盤から終盤まで活躍出来るので、どんな豊臣デッキとも相性が良く使用率は上々である。


関連商品


■azB00171SX9Q
■azB001RF9L4S


関連項目



最終更新日: 18/09/15 12:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ